オリジナルグッズ、いい作品を作るための写真の撮り方

ペット,写真,グッズ

ペットの写真で作るオリジナルグッズ

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

 

当店の作品は印刷ではなく編物で出来ています。

写真そのままのプリントではないため、作成に向いているお写真と、そうでないお写真に分かれます。

写真に向いていないお写真はこちらをご覧下さい

綺麗なお写真を送って頂ければほとんどの場合は作成可能です。

しかし、ペットは動き回りますので、いい写真はなかなか撮ることが出来ません。

 

そこでちょっとしたコツをご紹介しましょう。

まずは、連写すること。

もしカメラに連写機能があれば使ってみてください。

数打てばいい写真が撮れるという作戦です^^

次に、エサやおもちゃで釣ること。

やっぱり写真はカメラ目線欲しいですよね!

カメラの近くにエサやお気に入りのおもちゃをもってちらつかせてあげると目線を向けてくれますよ。

音の出るおもちゃもいいかもしれません。

 

もし一眼レフをお持ちなら、できる限り絞って撮影してください。

全身にピントが合っているほうが綺麗に作ることが出来ます。

目以外の部分が綺麗にボケている場合、写真としてはとても綺麗ですが作品作りには向いていません。

因みに上の写真はプロのカメラマンに撮っていただきました。

綺麗なお写真です、さすがですね^^

ペットの写真で作るオリジナルグッズはたくさんあるけれど、そのほとんどが転写プリントだと思います。

当店のような編物で作るケースはとても珍しく、サプライズプレゼントや、思い出の作品としてご利用頂いています。

皆さんに喜んで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願い致します☆

絶対喜ばれるプレゼント

誕生日プレゼント

ペットの飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

編物で作ったお写真そっくりのクッションです。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

当店は編物の技術を応用して、お写真そっくりの編み込み模様のクッションを作成しています。

お客さまへ商品をお届け後、「これは絶対喜ばれる」とよく言われます。

レビューはこちら。

この言葉は私達ももちろん嬉しいのですが、同時に良いものを作らなきゃと身の引き締まる瞬間でもあります。

お客さまが期待を込めて贈ったものが、何か不手際があったり残念な結果になってしまっては元も子もありませんからね。

 

先日の事、友達のご飯を食べに行ってきました。

話題は仕事の話になり、私がどんな仕事をしているか聞かれましたので、スマホを取り出しこのファンデルワンのページを皆に見てもらったのです。

すると、わんちゃん飼ってる人が喜んでくれて、これは飼い主さんにプレゼントしたら絶対喜ばれるでしょう、と言ってくれました。

嬉しかったです。

と、同時にやはり身の引き締まる思い。

絶対に失敗の許されない仕事です。

数をたくさん作れる商品ではないですし、一日にお受けできる数も限られ、お届けにも日数がかかります。

全員の期待に全てお応えするのは難しいですが、可能な限り対応させて頂きます。

 

ペット親バカさんへのプレゼント

ファンデルワンのブログへようこそ。

猫の親バカが作る親バカのためのプレゼントww

ファンデルワンの猫

ペットのお写真でオリジナルのひざ掛けを作成しています。

わんちゃん猫ちゃん、時に亀さんなど色々と・・・

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

今は猫2匹と暮らしています。

上の写真は親戚の猫。

ひざ掛け作ってみました^^

私の兄弟(兄と妹と私)はペット好きなのですが、両親はふたりともペット嫌い。

変わった家族です。

一番の親バカは兄。

犬を飼っていた時は尋常じゃなかった(笑)

私は、まぁ、ぼちぼち好きなくらい。

猫は犬のように甘えてこないからちょっと気が楽なので、猫飼ってます。

が、飼ってみたらめっちゃ甘える猫でしたww

甘える猫

甘える猫、キジトラのマロ。

抜け毛がたいへんですが、かわいいやつです。

私も立派な親バカですが、当店のお客さまのお写真を拝見していると皆さんの猫ちゃんのかわいさに惚れ惚れしてしまうこの頃(笑)

ひざ掛けのご利用用途はプレゼント用が多いですが、飼い主さんに喜んでもらえるよう、かわいい作品作り頑張ってます☆

 

 

ボーダーコリーのグッズをプレゼント

ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットのお写真で作ったオリジナルグッズ、プレゼントにいかが?

ボーダーコリー,グッズ

こちらはお客様の作品です。編物で出来た不思議なひざ掛け♪

商品の詳細

改めましてこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

糸を編み、編み込み模様でオリジナルのグッズを作成しています。

編物の作品

なぜかボーダーコリーのお写真でオリジナルグッズの注文が増えたこの頃。

どこかのサークルで話題になったのかもしれませんね^^

ボーダーコリーは作成依頼の多い犬種のひとつ。

その注文背景にはさまざまな物語が存在しています。

本日はその一場面を覗いてみましょう。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

最初ボーダーって聞いた時は服の模様かと思ってた。

犬を飼ったことの無いぼくはそれくらい犬事情には疎い。

そんなわけで、ワンコ大好きな彼女と付き合うようになり、プレゼントには何が良いのかさっぱり分からない(笑)

 

フリスビーの大会があるって言うからてっきり何かスポーツの話だと思ってた。

すると、それも犬の大会らしい。

あ、いや、スポーツには変わりないが・・・。

一度練習についていったことがある。

広い公園で思いっきり犬を走らせ、フリスビーをしゅっと投げる彼女。

いつも見ている色白で小柄な彼女が別人のようだった。

投げる前に犬をその気にさせ、息が合った瞬間に犬が走り出す。

投げる距離とタイミング、犬が力いっぱい走ってやっと届くところにフリスビーが飛んでいく。

かっこいいな~。

大会では表彰台に上るのが目標らしい。

どうせなら、優勝狙いなよ。

と言っても、そんな簡単な世界じゃないんだろうな。。

 

デートで彼女が歩き疲れた時は、ぼくは犬の話をする。

すると彼女は急に元気になる。

さて、この手はいつまで通用するのかな(笑)

 

そんな彼女だから、プレゼントは犬の物が喜ばれる。

アクセサリーもあまり付けないタイプだが、去年贈った犬モチーフのネックレスはつけてくれている。

今年は、そうだな、とりあえず「ボーダーコリー、グッズ」と検索してみる。

ページをいくつかめくってやっと見つけたこのサイト。

ファンデルワンのひざ掛けにしよう☆

 

 

昇格祝い/友達や彼女へ

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルクッションを作成しています。

犬好きさんへの昇格祝い

編み込み模様で出来たクッションです♪

商品の詳細

改めましてこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

当店のクッションは色々な目的でご利用頂いていますが、その多くは飼い主さまへのプレゼント。

例えば彼女さんの誕生日にペットのお写真で作ったり、お母さんの誕生日には家族の愛犬で作ったり・・・等など。

皆さんはどのようにご利用されますか?

 

春になると増えるのが、お祝いごとです。

ご入学や就職のお祝いにペットのお写真で作ったクッションを贈るという方も増えてきました。

「入学祝にクッション!?」

そう思われるでしょうが、依頼は結構多いです^^

そして意外と多いのが昇格祝いです。

昇格試験に合格し、新しい役職についたり、または新たな資格を取得してお給料に手当てがつくようになったり、頑張ったご褒美に彼女さんやお友達に贈られているようです。

私も経験がありますが、彼女が試験勉強で頑張っていると何かしてあげたくなりますよね。

でも何も出来ない、というか、デートに誘ったり話しかけたりとかせず、遠くから静かに応援するくらいいしか出来ません。

そしてたまに気晴らしに出かける程度でしょうか。

そして試験に頑張って見事昇格し、新しいポストについたらお祝いしてあげましょう。

友達や職場のメンバーから贈られるというケースもあります。

この場合はメンバー数名から贈ることができるので金額も割り勘すれば一人当たりの負担も少なくなるでしょう。

さて、ではなぜペットのクッションが昇格祝いになるかというと・・・

愛犬や飼っている猫ちゃんのオリジナルグッズというのは、実は昇格祝いであっても無くてもそういうことに関係なく嬉しいのです^^

そして自分では案外買わないのです。

でも、お祝いなどのきっかけがあると贈る側も贈りやすくなるし、受け取った方も無条件に喜ばれるようです。

時には既に亡くなっているペットのお写真でご依頼される場合もあります。

そういう場合はご家族からのご依頼が多いのですが、天国の愛犬が見守ってくれている、応援してくれている、だからこれからも頑張ってねというメッセージが、そのお祝いのクッションにはこめられているのです。

 

私達も中途半端なものを作ることは出来ません。

心をこめて作品作りに励んでいます☆

 

ペットの写真でグッズを作ろう

ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

ペット 写真 グッズ

編み込み模様で作った作品です♪

商品の詳細

改めましてこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

編物一筋40年の会社ですが、編み込みの技術を応用してペットのお写真を基にしたオリジナルのグッズを作成しています。

愛犬や猫ちゃんをはじめ、フクロウやインコ、中には爬虫類や熱帯魚なども作成させて頂いております。

 

ご利用は、元々は飼い主さまがご注文くださっていたのですが、今ではその周りの人がご注文されて、飼い主さまへのプレゼントとしてご利用頂くケースが多くなってきました。

または、亡くなったペット達へのメモリアルグッズ(思い出の写真で作った作品)です。

プレゼント用の方も、メモリアル作成の方も、皆さんが困るのがなかなかいい写真が手元に無いということ。

ご自信が飼い主で、いつでも写真を撮れるという人は撮り直しができるから良いのですが、お友達が飼っているペットの場合は写真の入手が難しい場合があります。

そういう場合ブログやSNSで写真を使わせてもらうケースが多いようですね。

本来は本人さんの許可が必要なのですが、プレゼントするものなので問題になることは無いようです。

亡くなったペットの写真で作る場合、よく言われるのが、ファンデルワンをもっと早く知っていればもっとたくさん写真を撮っていたのに、というお言葉。

ペットが亡くなった時は色々な後悔が生まれます。

もっと遊んであげていれば・・・。もっとたくさん写真を撮っていれば・・・等など。

時間を戻すことは出来ませんが、その愛情はペット達に届いていると思います♪

写真を基にしたオリジナルグッズといえば、今やネット上にたくさんのグッズが揃っています。

カレンダーや名刺等の印刷物のほか、バッグやマグカップに転写プリントしたもの、3Dのフィギュアや、ペットそっくりのぬいぐるみだって作れる時代。

これは手作りで一点ずつ作成するらしいですね。

 

当店の作品は編物の作品。

皆さんが自分のお店の個性を出して素敵なグッズを作成されています。

良い作品に出会えると良いですね☆

 

人より短命なペット達

ペットメモリアルグッズ

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

ペットのお写真でオリジナルの作品を作成しています。

ご利用は主にプレゼント、又は亡くなった子達の思い出のグッズです。

 

思い出のグッズを作成される方の中には、あまり写真を撮っていない方もいらっしゃいます。

ペットの中は写真が嫌いな子もいますし、突然亡くなってしまいあまり写真を撮っていないことに気付くことがあるようです。

私も今から8年前、愛犬を亡くしました。

たくさん写真を撮っていましたし、どれも思い出深い写真です。

でも、作品に適した写真は案外少ないです。

 

今は猫を飼っています。

作品にした時、作りやすい写真という意味で綺麗に撮ってあげることも出来ます。

 

しかし、お客さまは近い将来ペット達は自分の元を離れるなんて思いもせずペット達と暮らしています。

そして、皆さんがこうおっしゃるのです。

「もっと早くファンデルワンを知っていれば、もっとたくさん写真を撮っていたのに。」

 

ペットとの死別はいつも後悔を招きます。

もっと遊んであげれば・・・、もっと美味しいものを食べさせてあげていれば・・・

もっと早く病気に気付いてあげていれば・・・。

その後悔は恐らく皆さんが持たれるのでしょう。

 

自分自身の愛犬を亡くした経験と、今飼っている猫たち、そしてお客さまから日々寄せられるペットへの想い、それらが今の私の心に響き、毎日猫たちと遊んでいます。

ペットは人より命が短いですので、どうしても人より先に旅立つことの方が多いです。

生きているうちに、この短い時間の中で、彼らに幸せを与えてあげましょう。

そして亡くなったなら、私達の元から旅たったなら、痛みも苦しみも無い世界、美味しいものをたくさん食べて楽しく遊びまわれる天国という世界で幸せに暮らしていると信じましょう。

彼らを置いて、私達が先立つことの方が、何倍も彼らを苦しめます。

自分の生きているうちに見取ることが出来たなら、彼らも幸せだったかもしれません。

 

今夜も、帰ったら猫たちと遊んでやろう。

それが私にできる、彼らへの感謝です。

猫マロ

飼い猫のマロ

ペットの誕生日のお祝い

誕生日プレゼント

ペットの写真で作るオリジナルクッション☆

編物で出来た作品です。

商品の詳細

 

~~~誕生日のお祝い、

主役は天国の愛犬~~~

 

愛犬が無くなって一ヶ月が経ったある日、動物病院から予防接種のお知らせが届いた。

そういえば、まだ先生に言っていなかったな。。。

伝えたほうが良いのかな。わざわざ言うことでもないのかな。

もう少ししたらあの子の誕生日。

バースデーカードも毎年贈ってくれるから、今度ご挨拶に行こう。

友達にはなんて伝えようか。

わざわざ亡くなったなんて伝えるのも変かな。。。

 

そうこうしているうちに、エルの誕生日はあっという間に来た。

明日・・・、か。早いね。

 

何も伝えていなかったので知人からエルにお祝いが届いた。

言わなきゃ。でも、自分自身がまだ受け止めきれていない。

電話したら、その場で泣き崩れてしまいそう。

 

「もしもし、久しぶり、私。元気にしてる?」

「あ、うん、久しぶりだね。」

「明日エルちゃん誕生日だなって思って。」

「あ、あの、カードありがとう。」

「うぅん。えっと。どうしたかな?元気ない?」

「うん・・・、あの、今から会えないかなぁ?」

 

電話口で泣いてしまいそうで、友達を呼び出してしまった。

いつも急に誘っても会ってくれる、昔からの親友。

 

夜の遅い喫茶店でエルが亡くなった事を打ち明けた。

驚く彼女。

私は少しだけ泣いた。

「そっか。話してくれてありがとう。カード、ごめんね。」

「ううん、こっちこそ、言い出せなくて、ごめん。」

 

少し時間を置き、気がつけば私達はエルの思い出話をしていた。

一緒にキャンプに行った事、川で遊んだこと、去年の誕生日のお祝いの事、たくさん話した。

 

彼女がお祝いしようと言い出した。

「ね、お祝いしようよ。明日誕生日なんだから。」

お店でケーキセットを注文して、ロウソクを立ててもらった。

「こんな時間にケーキ食べると太っちゃうよ。」

「今日は特別だから大丈夫。」

私もすっかり元気を取り戻し、日付が変わる弊店間際の危険な時間(笑)に私達はケーキをぺろりと平らげた。

12時。

お店を出て、星空を見上げた。

「誕生日、おめでとう。エル。」

私は星空に向かって、そうつぶやいた。

星空とペット

天国のペットからのメッセージ

ムックのお墓の近く。

ここを通るといつもお墓に立ち寄ります。

紫陽花がきれいでした。

写真を撮ってくれば良かったな。

いつも写真を撮り忘れます。

ムックとのお話が楽しくて。。。

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

お店の看板犬ムックと別れて8年半が経ちました。

今でもこうして天国の愛犬とお話ができるのも、ファンデルワンのお仕事をさせてもらえているからかなとかんじます。

お客さまから亡くなった子の作品の依頼を受けるたび、天国のペット達とお客さまとの架け橋を作れているかなと考えながら作品作りしているためでしょうか、いつもムックがそばにいてくれるようで・・・。

ペットメモリアルグッズ

昨日は雨でした。

遠くには喪服姿のご家族。

そしてムックの慰霊碑には煙の出ているお線香。

ついさっきまで、誰か来ていたんですね。

ここはいつ来てもお花は新鮮で、お線香から煙が出ています。

ムックのお墓にくると、私に何かメッセージをくれます。

それは言葉ではなく、何かの答えでもなく、

でも私が迷っている時にお墓に来ると迷いがなくなり、

不安なときや悩んでいるときも、ムックに会うと心がすっきりするのです。

不思議ですね。ムックの顔を思い描くと色々なことが解決するのです。

彼は何を伝えようとしているのかな?

言葉にはならない、何か心の会話ができるのかもしれません。

(言葉になったところで、ワンワンというだけですけどね^^)

きっとそれで良いのでしょう。

頭で理解するのではなく、心で理解する。

天国からのメッセージというのはそんなものなのでしょう。

今日もたくさんのご依頼を受けています。

天国のペットと、皆様の心の架け橋に慣れるべく。

ファンデルワンはそうあり続けたい。

天国のペットからの贈り物

メモリアルコーナー

 

ペットの写真でお祝いのグッズを作ろう

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

誕生日プレゼント

編物で出来た面白い作品♪

プレゼントやお祝いにご利用頂いています。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

ペットのお写真を基にしてオリジナルのクッションやひざ掛けなどを作成しています。

ご家族やお友達の誕生日プレゼントや、お祝い事などにご利用頂いていますが、そのご利用目的はお客さまによって様々です。

お友達のご結婚やご出産祝いにご利用される方もありますし、わんちゃん自信のお誕生日に家族でご注文される方もいらっしゃいます。

または、ペットを飼っている方への新築祝いにはとても良いかもしれません。

クッションやひざ掛けはソファーにおいておけば良いインテリアになりますし、お客さまも驚かれることでしょう。

 

そういえば知人が家を建てることになりまして、近所なものですから時々通勤途中にその様子を見ています。

家を建てている様子は見ていてとても面白いですね。

重機で基礎を作ったり、クレーンで木材を吊り上げたり、高度な技術が必要なんだろうなぁと関心しながら見ています。

新築される場合のとても良いプレゼントをご存知でしょうか。

それは、家が建っていく日々の様子を写真に撮り、完成後にアルバムにしてプレゼントすると良いそうです。

言われてみれば、その写真はもう二度と撮ることは出来ませんし、自分の家が建っていく様子は持ち主にとってたいへん嬉しいことです。

案外自分では写真は撮らないもので、設計士さんなどが撮った写真を差し上げるととても喜ばれるそうです。

 

写真一枚、価格にすると安価なものですが、喜びの大きさは計り知れませんね。

 

クッションがお祝い事に使われるといえば、わんちゃんの誕生日とご自信の結婚式でのご利用というシーンがとても多いです。

結婚披露宴で親御さんに渡されるという方、わん友さんのわんちゃんのお誕生日パーティーでプレゼントとして作成される方、皆さんが色々な思いをこめてご依頼くださいます。

その期待にお応えできるよう、今日もクッションつくりに励んでいます。

皆様の人生にたくさんのお祝い事が起きますように。。。☆