クリスマスのプラネタリウム

ペットオリジナルグッズ

わんちゃん、猫ちゃんのお写真でオリジナルのひざ掛けやクッションを作っています。

飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いておりまして、クリスマス前の現在、注文に追われつつ作成に頑張っています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

編物で作ったペットのオリジナルクッション担当者といえば聞こえは良いですが、普通のおじさんです。

私がよく行く天文台で、オリジナルのプラネタリウムプログラムを作ることになりました。

私が趣味で撮った写真も使ってもらえるそうです。

今日はそんな話と交えまして、クリスマスプレゼントとしてのクッションのご利用シーンを物語り形式でご提案させて頂きます。

色々なシチュエーションで贈り物に使われるクッションですが、星の下で渡すというのもまた良いものかもしれませんね^^☆

物語

「プラネタリウムって行った事ある?」

「あ、あるよ。たまに行くよ。」

 

「え、そうなの?意外だな~」

「そう?だけど、やっぱり田舎の星の方が綺麗だよ。」

 

「いいなぁ。一度見てみたいな。」

「来る?今度、年末とか。。。」

 

彼の突然の一言。

それって何?ご両親へのご挨拶?

それともただ遊びに行くだけ?

 

つかみどころのない彼だけど、こういうところにひかれちゃうんだな。

 

彼が星好きだったなんて初めて知った。

東京でも星は見えるらしい。

みんな下ばっか見て歩いてるから気付かないだけなんだって。

 

「今度、プラネタリウム見に行こうよ。」

「ほんと?どこにあるの?」

 

「案外あちこちにあるんだよ。」

「でも、私、実は・・・」

 

「あん?」

 

私はプラネタリウム系はすごく眠くなるのだ。。。

この体質はなんなんだろう。

 

「あ、分かった。寝る人?」

「え”」

 

「あそこは寝ても良いんだぜ。」

「そ、そうなの?」

 

「すごくリラックスする空間だからね。
明かりも、音楽も、そして、星が投影された瞬間、気持ちが夢の中に飛んじゃうから。」

「そうなの?」

 

「癒されやすい人はすぐに寝るよ。僕もたまに寝るし。」

「え”w 意外。」

 

やはりつかみどころがない。

クリスマスイブの日、私たちはプラネタリウムに行った。

やっぱりすごいカップルの数。

そういう私たちもカップルではあるが距離感が他の人たちと微妙に違う。。。

 

「え?」

彼が突然手を繋いできた。

何?こんなの初めて。

 

「迷子になるなよ。」

と、彼。

 

私は彼の手を握り返す。

 

上映中もずっと手を繋いでいてくれた。

彼の育った町ではどんな星が見えるのだろう。

 

本当につれてってくれるのかな?

 

「今日はありがとう。何かびっくりしたけど嬉しかったよ。」

今夜はクリスマスイブ。

私の部屋で彼と料理を作る。

 

料理も出来て、さて食べようと思ったら、彼が突然車に忘れ物したと・・・。

 

ん~。なかなか帰ってこないなぁ。何やってんだ?

多少の心配とイライラが募りかけた頃、ドアが開いた。

「は?」

彼は小奇麗な服装に着替えてる。

手には紙袋が2つ。

大きいのと、小さいの。

 

私は大きな方を渡された。

クリスマスプレゼントだそうだ。

 

開けてみると、去年亡くなった愛犬エルのクッション。

その顔を見て、涙が一気にあふれてきた。

玄関で泣いてる私を抱きしめて、彼は言った。

 

「結婚しよう。」

 

そして小さい方の紙袋から小さな箱を取り出して、ふたを開け、私に差し出した。

指輪だった。

 

泣きながら頷く私の指に、彼は指輪をはめてくれた。

 

来週、親に紹介するよ。

僕の田舎に一緒に行こう。

満天の星空、見せてあげるよ。。。☆

 

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細

 

彼女が喜ぶクリスマスプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットの写真で作るオリジナルクッション♪

商品の詳細

 

こんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

クリスマスのシーズンが近づいてきましたね。

年々注文が増えていますので今年の作成も頑張っています。

 

 

さて、今日も恒例で好評の物語形式で当店のご利用シーンをご紹介していきましょう。

クリスマスプレゼント物語、始まり始まり。。。

 

物語

 

あの子、どんなものがすきなんだろう。

付き合い始めて間もない僕ら。

付き合ってすぐにやってくる今年のクリスマス。

話も合うし、会えばずっと喋ってる。

すぐに仲良くなって付き合うことになったけど、プレゼントなんて急に言われてもピンこない。

贈りたいものはたくさんある。

世界中のプレゼントを贈りたい。

だけど、コレ!というたった一つの贈り物にをまだ見つけられずにいる。

 

きっとどこかにあるはずだ。

彼女にぴったりのクリスマスプレゼントが・・・。

 

今度、一緒に買い物に行ってみよう。

デパートにでも行ってみようか。

そうすれば、何がすきなのか少し分かるかもしれない。

 

すると彼女のケータイに電話がかかってきた。

彼女はスマホを操作して何か文字を打っている。

 

そういえば、彼女のケータイを一度見せてもらったことがある。

設定が分からないから見て欲しいと・・・。

結局僕も分からなかったのだが、その待ち受け画面は犬の写真だった。

 

そうか、この犬が、言ってたダックスなんだな。

スマホを彼女に返し、聞いてみた。

「その写真、ルイ?」

「あ、うん。まだ消せなくてね・・・」

 

2年前に亡くなった愛犬ダックスのルイ。

話は何度か聞いたことがある。

亡くなった頃は悲しくて悲しくて、なかなか立ち直れなかったこと。

やっと元気になったけど、今でも時々泣いてしまうこと。

 

ふとそんな事を思い出す。

その時気がついた。

クリスマスのプレゼントはルイの写真でクッションを作ろう。

ファンデルワンで。

 

さて、どうやって写真をもらうかな。

僕のケータイに送ってもらおうかな。

怪しまれるかも。。。

それでもいいや。

 

彼女を泣かせるプレゼントを僕は見つけたんだ。

 

誕生日プレゼント愛犬グッズ

ファンデルワンではペットのお写真でオリジナルクッションを作っています。

商品の詳細

 

意外性を見せるクリスマスプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作成しています。

飼い主さんへのプレゼントに。。。☆

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

クリスマスが近づいてきましたね。

当店が一年で一番忙しくなる時期です。

 

さて、皆さんプレゼントはもうお決まりですか?

クリスマス用にご利用の方はお早めにご注文ください。

 

さて、今日は意外性を見せるプレゼントと題してお話をしています。

プレゼントって、贈る人の人柄が出ると思うんです。

私が今までもらったプレゼントって、なんとなく「あの人らしいな」って言うものが多くて・・・^^

そして、その人が自分の事をどう思っているのかも、なんとなく分かる時ってありませんか?

ムーミンに出てくるスナフキンのマグカップをもらったとき、

「これ、あなたのイメージにぴったりの物見つけたから、誕生日のプレゼントです。」

と言って、渡されたことがあります。

なんだか、嬉しかったな^^

その人(既婚者ですが)のことが好きだったって事もありますし。。。

 

スナフキンの言葉は素敵だし深いっていうことは時々耳にしていたのですが、私はあまり良く知らず、これを機に調べてみると、本当に良い言葉だったんです。

これを知って、更に嬉しさが広がりました。

 

プレゼントで相手の気を引く方法のひとつに、私は意外性のあるものを贈るというのが良いと思うのです。

というのも私自身が異性に惹かれる瞬間のひとつ、それがギャップです。

「へ~、こういう趣味してるんだ」

「こういうものが好きなんだ」

「意外と頑張り屋さんなんだね!」

そういう時にグッと惹かれてしまいます^^

 

なので、自分が贈るときも、意外性のあるもので相手が喜ぶものを贈るというのはどうでしょうか。

 

例えば、以前話していてふとした一言を覚えていて、それにまつわるものを贈るとか。

好きな洋服のブランドを覚えていたり、好きな香水やアロマを覚えていたり・・・。

又はこんなキッチンツールが欲しいって話してたのを覚えていたり・・・。

一度しか話していない事でも覚えていてくれるとグッと来ますよね^^

 

又は、以前飼っていたペットの話し。

亡くなってしまってもうあまり話題には出ないけれど、心の中ではまだ引きずってる・・・

そういう方への贈り物として、クッションやひざ掛けをご注文される方が多いです。

 

お届け後、やはり亡くなったペットの場合は泣いて喜ばれることが多いようです。

 

皆さんも素敵な贈り物が出来ると良いですね☆

楽しいクリスマスになりますように。。。☆

私たちもそのお手伝いが出来るよう、頑張ってクッション作ります!

 

 

クリスマスまでには付き合いたい

ペットオリジナルプレゼント

ペットのお写真でオリジナルのひざ掛けを作っています♪

クリスマスプレゼントにただ今大忙し^^

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

クリスマスが近づくとやっぱり彼女が欲しくなるこの季節(笑)

私もそろそろ新しい恋をしたいなぁと思うようになってきました♪

 

また、片想い中の男性女性の皆さんはクリスマスまでには付き合いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

この季節は当店でも一年で一番注文が混み合う時期です。

そして、想いを寄せる相手(まだ友達)へのプレゼントにと、クッションやひざ掛けを注文される方もいらっしゃいます。

そんな大事なご注文を受けちゃったら、私たちも頑張らずにはいられません☆

恋が実るよう、良い物作ります。

でも、こういう凝った物を贈る人って、恐らくもう結果は見えてるんでしょうね^^

相当中が良い関係だと思うのです。

そして、もう何度か小さなプレゼントは贈り合っていて、ここで決めるぞ!っていう時に相手の心を掴むほどの特別なプレゼントを贈る。

そういう時に使われるのではないかなと感じます。

 

そんな私も、ただ今ちょっと気になる女性がいます。

初めて会った時は特別な感情は持たず、「あぁ、良い子だなぁ。」と思った程度です。

しかし、その後私の様子を見ていて、私が頑張っている姿を見てくれていると分かり、少し気になるようになって来ました。

クリスマスが近い今の時期、私の気持ちも盛り上がりやすいのでタイミングとしては悪くないという気持ちもありますが、相手の置かれた状況(彼氏さんがいるかいないかなど)は良く分からないので、まぁしばらくは友達として付き合ってみます^^

恐らく異性の友達にクッションを贈るというお客様も、今の私と同じ状況なのかもしれません。

皆さんの恋が上手くいきますように。

サンタさんにお願いしておきます^^☆

 

ポメラニアンの好きな人

ポメラニアングッズ

レンちゃん

ペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

飼い主さまへのプレゼントにいかがでしょう☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットの飼い主さんへのプレゼントとしてオリジナルクッションを作成しています。

 

今日の主役はポメラニアン。

なぜか最近多いので^^

 

私はポメラニアンにはある思い出があります。

 

それは、私がまだ学生だった頃のお話し。

片想いの女性は社会人。

9歳年上でした。

 

趣味で知り合った仲間達の中の一人で、時々2人で会うようになりました。

あるとき2人で歩いていると、ゴールデンレトリーバーを散歩している人に会い、彼女は突然飼い主さんに話しかけたのです。

「撫でさせてもらっても良いですか?」

とても優しいわんちゃんで快く撫で撫で^^

私も犬が好きですから一緒に撫で撫で^^

「犬、好きなんですね?」

と彼女と話も盛り上がり、それがきっかけでその後はよく犬の話もしていました。

彼女は以前ポメラニアンを飼っていた事。

しかし天国へ逝ってしまい、その寂しさからその後は犬を飼うことが出来なくなったことなどを話してくれた。

彼女は少し声を詰まらせながら・・・。

 

我が家ではその半年後にムック(ニューファンドランド犬)を飼い始めました。

ですから、その当時は我が家にはまだ犬はいなかったので、寂しい気持ちは分かるものの、それほど深く考えはしなかったんですよね。。。

 

その時、あの人の気持ちをもう少し分かってあげることができたなら・・・。

 

そんな事を、ポメラニアンのお写真を受け取るたびに思い出すのです。

 

もし、あの時このファンデルワンのクッションがこの世のどこかにあれば、私はプレゼントできたかな?

だけど、余計に寂しい思いをさせただけかもしれないね。。。

学生でお金がなかった私に、彼女は時々おごってくれた。

なんだか惨めな感じもあったけれど、「やっぱりお姉さんだなぁ」と甘えやすい空気を持っていたなぁ。。。

 

当店の作品は彼女さんへ贈るという男性のお客様も多いです。

そういう気持ち、嬉しいな。

アクセサリーとか洋服とかも良いプレゼントになると思いますが、自分の方に向いて欲しいという気持ちより、彼女さんが大切にしている存在を大事にしてあげる、この気持ちが女性の心を掴むのかもしれませんね^^

 

今日も良いクッション作ります。

お仕事、頑張ります☆

 

 

試験合格祝い、ちょっとしたプレゼント

誕生日プレゼント愛犬グッズ

わんちゃんや猫ちゃんのお写真でオリジナルのクッションを作ってます。

飼い主さんへのプレゼントやお祝いの贈り物にご利用頂いています☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

上のオリジナルクッションは色々なご利用目的で毎日たくさんの方からご注文やお問い合わせを頂いております。

お誕生日のプレゼント用が一番多いですが、それに次いでクリスマスや母の日、そして試験の合格のお祝いで贈るという方も。

特に春は合格祝いなどで実家から離れて暮らしているお子様やご親戚へのプレゼントとしてご注文が増えます。

 

さて、なぜ合格祝いの話をしているかというと、実は私の友達も近々試験を受けるというのです。

受験するのは、簿記2級の検定試験。

これは、そんなに簡単ではないと聞きます。

私は簿記3級までしか受けたことが無いので2級がどの程度のレベルなのかは分かりませんが、確か3級が高校生レベルって聞いたので、2級は大学生くらいのレベルになるのかな?

友達が2級の試験に向けて頑張っているので、合格したらお祝いに何かちょっとしたものをプレゼントしてあげようかなと思いまして、マンタのキーホルダーをプレゼントしてあげる約束をしました^^

海で知り合った友達なので、それでマンタです。

嬉しそうにしてくれたからきっと試験も頑張ってくれると思います。

私もドキドキしながら良い知らせを待っているところです。

 

当店のお客様も、こうやって試験前はドキドキしながら過ごされたのでしょうね。

そして合格の喜びと同時にお祝いのクッションをご注文される。

私たちも責任持って良い物を作らなきゃいけないと感じました。

今日もたくさんメールが入っているので頑張ります☆

 

 

相手を振り向かせたい

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作っています。

飼い主さんへのプレゼントに・・・☆

商品の詳細

 

ファンデルワンのブログへお越し頂きありがとうございます。

編み込み模様を使って、お写真そっくりのオリジナルグッズを作っています。

彼女さんやお友達など、ペットの飼い主さんへのプレゼントにご利用いただいていますが、皆さんはプレゼントで相手の気持ちを自分に振り向かせたいなんて思ったことはありますか?

 

プレゼントを贈るときの気持ちというのは相手の人に喜んで欲しいという、素直なお祝いの気持ちが大きいと思いますが、その裏には自分の事を気に入って欲しい、こっちに振り向いて欲しいという気持ちもあるように感じます。

私なんか、これを贈ったら自分の事を好きになってくれるかな?とか、自分の趣味の物を贈ったときに自分のセンスをどう判断してくれるかな?なんて思う(期待する)こともあります。

 

実はこんな私、ある人からの贈り物で急にその人が気になり始めたという経験があります。

それは、私の言葉や仕草を普段から見ていて、この曲を贈りたいというメールを頂きました。

私のイメージにピッタリだと。

早速聴いてみるととてもかっこ良い曲でとても元気が出て、自分が一番好きな自分(頑張る自分)を見ていてくれてたんだなぁと思ってちょっとその子を気になり始めた、という経験があります。

 

いかがでしょうか、もし気になる相手がいるなら、又は既にお付き合いをしていてもっと自分に振り向いて欲しい時、プレゼントや贈り物で相手の気を引くことが出来るなら、そしてそんな贈り物に出会えたなら嬉しいと思いませんか^^

それにはやっぱり、相手の事を見ておかなきゃいけないのでしょうね。

相手の心にちゃんと届くもの。

相手の心を揺さぶるもの。

そういうものを贈ることが出来れば、相手の人は新しい自分に気付き、そういう自分を見ていてくれてる人に心が惹かれるのかもしれません。

 

皆さんが素敵なプレゼントに出会えますように。

そして当店のお客様がお贈り先様に喜んで頂けますように。

今日も私たちは頑張ります☆

 

 

 

嫁さんと過ごすクリスマス

ペットオリジナルグッズ

わんちゃんや猫ちゃん等ペットのお写真でご家族へのオリジナルのプレゼント、作ってみませんか?

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

暖かい日が続くとクリスマスって気分にもなりませんが、当店へはクリスマス用のご依頼が入り始め、皆さんはちゃんと準備しているのだなぁと感じているこの頃です。

 

以前は11月になればもうクリスマスムード満載でしたが、ここ数年はハロウィンや流星群、また先日はスーパームーンなんかのイベントごとが多く、やはりクリスマスは12月に入ってからのイベントなんだなぁと感じます。

 

さて、今年は奥様への贈り物にしたいという方がなぜか多い。

以前は彼女さんへとか、お友達へ(特に、数名の仲間から一人の友人へ)という贈り方が多かったのですが、ここ数年はご家族への贈り物が多いです。

特に奥さんへ贈られるという方のお話をうかがうと私もなんだか幸せに包まれた気持ちになります^^

「写真に写っている嫁さんも一緒にデザインして欲しいのですが・・・」

「嫁がかわいがっている愛犬です」

「妻に感謝の気持ちを込めて・・・」

などなど、色々お話しくださるとこちらもデザインの時にかわいく、綺麗になんて思いながら作っちゃいます。

 

奥様とどんなクリスマスを過ごされるのかな。

そこにはわんちゃんや猫ちゃんもいて、お子さんやお父さまお母さまがいらっしゃる家もあったりして、家族団欒の時間を過ごされるのかな。

奥様も何かプレゼントを用意してくれているのかな。

嫁さんのいない私はそんな妄想をしながらクッション作ってます^^

 

今では作成もスムーズに進めることが出来るようになり、あまり遅い時間まで工房に残って仕事をすることは減りましたが、以前は夜遅くまで残ってやっていた頃もありました。

特にクリスマス前は忙しく、夜中にスタッフと一緒に小さなケーキを食べたこともありました^^

頑張ってくれたねぎらいになったかな。

もう10年位前、ファンデルワンを始めた頃の話しです。

現在は人も増え、生産体制もだいぶ整い、一日の生産可能数も増えました。

お客様からのご依頼にお応えすべく、今年のクリスマス用のご依頼も頑張ります!

 

クリスマスプレゼントにご利用の方は、できれば11月中にご依頼ください。

毎年クリスマスの2週間前には注文を打ち切っていますが、年々注文数が増えており、作成が間に合わなくなってしまっては申し訳ないのでお早目のご注文をお願いします。

 

皆様にサンタさんからの素敵なプレゼントが届きますように。

ファンデルワンも頑張っています☆

 

ファンデルワンの猫

心に響く贈り物

ひざ掛け使用例

ペットのお写真でオリジナルのひざ掛けを通販で作成しています。

飼い主さんへのプレゼントにいかが?

商品の詳細

 

さて皆さんは今までもらったり贈ったりしたプレゼントの中で、一番心に響いた物はどんなものがありますか?

プレゼントは時にメッセージ性を持っていますので、それが相手の心に届いたり自分の心に響いたりするとその次の瞬間から互いの関係性が少し変わったりするものです。

今日はそんなテーマで物語り形式でひざ掛けのご利用シーンをご紹介させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

僕が何気なく発した言葉を彼女はずっと覚えてる。

それを感じたのは今年の誕生日だった。

「誕生日おめでとう。はい、これプレゼント。」

そう言って渡されたのは僕の好きなブランドのポロシャツだった。

え、どうして僕がこれ好きなの知ってるの?

学生の頃友達に紹介されて知ったフレッドペリー。

普段はファストファッションで十分だと思う僕だが、時々こういうおしゃれなものに憧れる。

でも、自分の今の給料ではそうそう何枚も買える価格ではないので、まぁ憧れで終わってるという感じだ。

 

「いつか言ってたじゃない。あと、デパート行くと絶対お店寄ってるし♪」

 

そうだったっけ。。。

無意識ってすごいな。

そして、そういうところ、ちゃんと見られてるんだ。

プレゼントより、その事が僕の心に響いた。

 

嬉しいような、でも、ちゃんとしなきゃとも思う。

 

こんな彼女だ。

彼女の誕生日にはやっぱり心から喜ばせてあげたいな。

 

どんなものが良いんだろう。

 

趣味は茶道。

あぁダメだ。僕と無縁の世界。彼女の心を振るわせるプレゼントなんて思いつかない。

 

好きなものは甘い物か。

ん~。ケーキは買うとして、プレゼントだよな。。。

 

そういえば、いつか犬を飼ってたって言ってたな。

今はもう話さないけれど、僕らが付き合う少し前に亡くなったって。。。

涙こらえながら一度だけ話してくれた。

 

確か、ケータイの待ちうけもトイプードルだった。

 

部屋にも何枚かトイプードルの写真が飾ってある。

いつか言ってた、もう一度会いたいって。

あって・・・、謝りたいって。

もしかしたら、ひとつ願いが叶うなら、愛犬に会いたいと言うかも。。。

 

もちろん実際に会うことは出来ないけれど、この写真で何か作ってあげることが出来たなら・・・。

 

泣かせちゃうかもしれないけれど、悲しさを思い出させちゃうかもしれないけれど、もし泣くことが出来たなら、涙を流せたなら、わんちゃんとの悲しい記憶も少しは癒されるかもしれない。

 

亡くなって1年半か。

きっと、今なら、こういうプレゼント贈っても大丈夫だろう。

彼女に届くといいな。

わんちゃんの思い。きっと天国で感謝しているよ☆

 

ペットオリジナルプレゼント

商品の詳細

 

年上の女性にプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのひざ掛けを作っています。

わんちゃん飼ってる彼女さんへ、猫ちゃん飼ってるお友達へ、プレゼントにいかが?

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ♪

プレゼント用のオリジナルグッズを作成しています。

 

皆さんは年上が好きなタイプ?それとも年下?

私は断然年上が好き。

話も合う言が多いし、落ち着きがあるのがいいですね。

だけど、なぜかもてるのは年下からもてるんですよね。。。

そして、好きな人がいるときほど、別の人から好意を持たれる。

世の中うまく行きません^^

 

今現在は、年上の人とのつながりが多いです。

お友達としてのお付き合いで、年はだいたい10歳前後離れています。

と言っても40歳を過ぎましたのでほとんど年齢は関係なく、大人のお付き合いなのですが、その中でもまるで同級生のような友達感覚でお付き合いさせてもらっています。

 

さて、女性というのはなぜこうも贈り物がすきなのかと思うこの頃。

私の誕生日には皆さんがプレゼントをくれるのです。

男性同士で贈ることはめったに無いのですけどね。。

 

もらったからにはお礼をしなければ。

そして困るのが年上の女性へのプレゼント。

今では40歳過ぎて相手も50歳前後、だいたいプレゼントといえば定番物を贈るのですが(お酒とかスーツとか)。

さて、これが若い頃だったらどうだったでしょう。

 

学生の頃、23歳くらいだったかな。年上の女性を好きになったことがあります。

趣味で知り合った人。

若いと思ってて、2,3歳上だと思っていたら7歳くらい上でした^^

周りの人にも若く見えるって言われていた人。

学生の私、社会人の彼女。

お洒落さんだけど親しみやすく、とても優しい人でした。

さて、プレゼントはどんなものを贈れば良かったのでしょうか。

学生なので高価な物は買えません。

そんなところで背伸びをしてもぜんぜんかっこよくないです。

かといって安物では様になりません。

私は手紙を書きました。

お付き合いしていた訳ではないので感謝の手紙です^^;;

 

お金をあまりかけずに、でも心から喜んでもらえる、そんな贈り物が出来れば良いのですけどね^^

 

そういえば彼女も犬を飼っていたな。。。

ポメラニアンで、子狸って呼んでた。

亡くなった時の悲しさが辛くて、もう飼えないって言ってたっけ。。。

今はどうしているのかな。

 

その時に愛犬、ポメラニアンのクッションやひざ掛けなんて贈ってたら喜んでくれたかな。。。

 

今日はそんな事をふと思い出してしまいました。

さて、今日もたくさんのプレゼント用のご依頼を頂いています。

心を切り替えてひざ掛けの作成頑張ります☆