世界で一番癒されるプレゼント

癒される贈り物

ペットの写真でオリジナルオーダークッション作っています。

飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

編物の作品

こちらはトイプードル。編物で作ったクッションです。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットの飼い主さんにとって一番癒される時間はペットと一緒に過ごす時間と言っても良いでしょう。

私も以前は犬を、そして今は猫を2匹飼っていますが、彼らと一緒にいる時間は嫌なことも忘れ、とても癒された時間を過ごすことが出来ます。それはまるで猫たちが今日一日の嫌な出来事を全部吸い取ってくれるようで、そして楽しかったことを何倍にも広げてくれるようで、不思議な存在です。

 

当店で作成しているクッションやひざ掛けはそんな飼い主さまへのプレゼントとしてご利用頂いています。

贈る相手は彼女さんだったり、お母さんだったり、友達だったり。

そして、お客様にこういわれます。

「最近元気のない友達に、癒しを与えて上げられるプレゼントを探していた。」

「いつも疲れているお母さんに、疲れが癒されるようなプレゼントを贈りたい。」

「頑張る彼女を癒してあげる贈り物がしたい。」

皆さんに共通するキーワードが癒しなんです。

ペットと一緒にいる時間を作ってあげることも良いでしょう。

でも、それを何かの形にしてプレゼントとして贈るにはどうしたら良いかと考えてもなかなか良い方法がありません。

そこで色々探しているうちに当店を見つけてくださり、これだ!と思うのだそうです。

癒しの気持ちは私たちがご提供するものではなく、贈り先様の心の中にあり、その扉を開けてあげる鍵がこのクッションなのです。その扉の向こう(心の中)にはペット達がいて、時には既に亡くなっているペット達もいて、もう会えない子達に会えたような感動を与えることが出来るのだそうです。

温泉に行くのも良いでしょう。私は癒されたいときに温泉に行きます。

マッサージ器を贈るのも良いでしょう。私は苦手ですが、好きな人は気持ちが良いのだそうです。

そうやって、相手の人のことを考え、贈り物をする気持ち、それがその人を一番癒してくれるのかもしれません。

皆さんが素敵な贈り物をして、お祝いして、そしてお互いの関係がさらによくなっていく。プレゼントにはそういう力が込められています。

その期待にお応え出来るよう、私達も頑張っていきます。

 

 

ドッグカフェやお店のロゴを入れたオリジナルグッズ

ドッグカフェのオリジナルオーダーグッズ

ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています☆

こちらはみかんちゃんのクッション。

ご家族やお友達など、飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

プリントではなく編み込み模様ですよ☆

さて、この編み込み模様という珍しさが人気を集め、ペットショップやドッグカフェさんなどからご注文を頂くこともあります。

しかしそれはプレゼント用ではなく、お店に飾るものとしてのご注文です。

お店に飾るインテリア

ドッグカフェさんから頂くご注文で、一番多いのはお店のインテリア。

お店の看板犬のお写真でクッションを作成し、お客さまの椅子やソファなどに置いておかれるそうです。

お客さまの間でも時々話題になり、当店の事をご紹介してくださるとか・・・

クッションの他にはタペストリーが多いです。

やはり店内に飾って頂ける物が良いのでしょう。

タペストリーの場合はわんちゃんのお写真プラス、お店の名前やロゴ、マークなどを入れられます。

わんちゃんをメインに、そして端の方にお店のロゴが入るとお店のオリジナルのタペストリーになり、お客様からも好評のようです。

のれん、看板として

インテリアのほかにはのれんや看板としてご利用になられるケースもあるようです。

ガラス越しの窓際に外に向けてタペストリーを掛け、「open」の立て看板の隣にタペストリーの柄が見えるようにしておけばインパクトがあるのだそう。

色々な使い方がありますね!

お客様へのプレゼントとして

ドッグカフェにいつもいらっしゃるお客様へのプレゼントを探し中という方からご注文を頂きます。

これが案外多く、年に数回ご注文くださるお店さんもあります。

開店祝いや何周年祝いを頂いたお礼とか、会社設立(開店)当初からお世話になっている方とか、そういう方に贈っていらっしゃるようです。

玄関マット

ドッグカフェさんからよくいただくお問合せとして、玄関マットは作れませんかと言われます。

わんちゃんを描いたものを踏んじゃうの?と思ったら、お店の名前とロゴを入れて作るのだそう。

だけど、当店の作品は編物ですので、玄関マットにするには強度が弱く、すぐにぼろぼろになってしまうと思われます。あくまで鑑賞用としてご利用いただくようお願いし、また他店様で玄関マットを作成しているお店さんもあると思いますのでそちらを探していただくようお願いしています。

個人的にプレゼント用としてのご注文

いつもお世話になっているドッグカフェさんから注文が入り、今度はどんな風に使われるのかなと思って聞いてみましたら、時々時人的に使いたいと言う場合があります。

と言うのも、お店のお客様でもなく、お世話になっている方でもなく、お友達やご家族への贈り物としてのご利用です。

私たちにとってとても嬉しいのが、このように何度もご利用いただくお客様が安心してご注文下さり、また大事なプレゼントシーンで当店の商品を選んでくださると言うこと、それがとても嬉しく感じています。

その期待に応えるべく、これからも素敵な作品作りに励んで参りますのでヨロシクお願いいたします☆

 

クッション

お名前入れ出来ます

ペットオリジナルクッション

ペットオリジナルクッション

編み込み模様で作っています。

12,000円(税別送料別)送料はこちら

レビューを見る

当店ファンデルワンでは、ペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

糸を編んで、編み込み模様で作ったクッションで、プリントとも違う、刺繍とも違う独特の質感で、主に飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

編地

お友達やご家族へのプレゼント用のご利用が多く、サプライズプレゼントとしてご利用頂いています。

編物

こちらは猫ちゃんの目。

4色の糸で編んでいます。印刷のような鮮明さや綺麗さはありませんが、編物で描いた不思議な風合いをお楽しみ下さい。

うさぎを飼っている人へのプレゼント

うさぎさんもok!

モデルは犬猫以外でも、うさぎさんやフェレット、爬虫類なども作成可能。お馬さんも案外多いですね!

編み方は当店独自開発。鮮明な絵柄を描けるよう、細かく編める方法で編んでいます。

使用した糸

こちらの糸で編んでいます。素材はコットン100%。綿なので手触りも良く、編物の柔らかな仕上がりになっています。

サラっとしたお肌に優しいコットンの手触りが特徴です♪

サイズは40x40センチ、厚さは15センチくらいです。

クッション裏面

クッションの裏面はこちらです。無地にすることも出来ます。

裏面にもお写真をデザインすることが出来ますが、その場合は追加料金(約4,000円程度)がかかります。
詳しくはお問合せ下さい。

注文方法

作り方は簡単。まずはお写真をお送り下さい。

作成の流れ

お写真を受け取りましたら完成時のイメージ図案を1度無料で作成いたします。イメージ図案ご確認後に気に入れば正式注文、イメージと違った場合はキャンセル可能(キャンセルは無料です)。

お申し込みはこちらから

デザインについてご希望がある方はお写真を送るときに合わせてご連絡下さい。イメージ図案作成後のデザイン変更は有料になりますのでご注意下さい。

デザインと価格について詳細はこちら

お客様の作品紹介

掲載にご協力頂いているお客様の作品を一部ご紹介させて頂いております。

ゴールデンレトリーバーオリジナルクッション

こちらはゴールデンのAPOLLOちゃん。

作品紹介

そしてパグの福ちゃんとトイプードルのココアちゃん

お客様の作品を見る →


ギフトラッピング

ラッピング

ラッピングの詳細はこちら

プレゼント用ラッピングを受け賜ります。かわいいリボンがとても好評。オリジナル便箋でメッセージを添えることも可能。誕生日にはおめでとうのメッセージ、記念日にはいつもありがとうのメッセージを付けて贈ることが出来ます。

メッセージカードの詳細はこちら

 

●クッション1つ、12,000円(税別送料別)送料はこちら

サイズ:約40x40センチ

お申し込み

レビューを見る

お急ぎコース

猫が我が家に来た記念

猫ちゃんのオリジナルクッション

猫ちゃんのお写真でオリジナルオーダークッション作っています。写真は茶トラのチョコちゃん。お客さまの作品よりご紹介。

猫の目

こちらはアメショのおめめ。

飼い主さんへのプレゼントにいかが?

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

 

さて、皆さんにはペットの記念日はいくつありますか?

お誕生日、我が家に来た日、初めて散歩や旅行に出かけた日、記念日にお祝いするのが好きな人も多いですよね。

 

お客さまの中にも毎年同じ時期にご注文くださる方が多いです。

ご家族のお誕生日と言う方もいらっしゃいますが、猫ちゃんの誕生日のたびにクッションやひざ掛けを作成し、一緒にお写真を撮って送って下さる方もいて、そのお写真を見るたびに猫ちゃんの成長も見られて私たちもなんだか嬉しい気持ちになります^^

 

さて、我が家の猫は保健所にいた子なので、正確な誕生日はわかりません。ですので、我が家に来た日が一番大きな記念日です^^

2匹いるうちの1匹がもうすぐ我が家に来て2年。

もう2年も経つんですね!びっくりです。

毎年記念日には私はケーキを買ってきます。

私が食べる分で、猫は食べません^^

最初の頃はペット用の煮干を与えていたのですが、2匹のうち1匹がアレルギーが出てしまい、それ以来にぼしはお預けです。

また、記念日を迎える子も尿路結石という病気になりやすい体質で、病院から紹介された療法食を食べていますので、あまり色々なものは与えないようにしているんです。

その代わりいつも以上に遊んでやってます。

猫って、自由にマイペースで生きていると思っていたのですが、我が家の二匹は私に遊んでくれと言ってきます。

 

さて、今年は猫が我が家に来て2回目の記念日。

ちょっとだけ煮干を上げてみようかな。

 

とても良い子なので飼うのが楽で助かってます。

 

 

愛犬追悼物語

愛犬オリジナルグッズ

愛犬のお写真でオリジナルオーダークッションを作成しています。

こちらはお客さまの作品よりご紹介させて頂きます、バーニーズマウンテンドッグのテディちゃんです。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

編物の工場を運営していますが、その設備や技術を使いましてお写真そっくりの編み込み模様のクッションを作っています。

 

ご利用の多くはお誕生日などのプレゼントとして飼い主さまへの贈り物が多いですが、亡くなったわんちゃんや猫ちゃんの思い出の品として作成される方も半数くらいいらっしゃいます。

 

我が家でも以前大きな犬を飼っておりました。

ニューファンドランド犬です。

天国の愛犬

こちらが天国のムック^^

元々当店の商品はこのムックのクッションを自宅用に作っていたのがきっかけで、周りの方から作って欲しいと言われるようになり、それが口コミで広がってホームページで販売することになったという流れがあります。

そのためでしょうか、亡くなった愛犬や猫ちゃんの思いでグッズとして作成される方が多いのです。

 

私たちはムックを、近くの霊園の合同慰霊碑に入れていただきました。

他のペットたちもたくさんいて、ちっとも寂しくなさそうです。

ちょうどムックを弔ってもらった数日後、年に一度の合同慰霊祭がありました。

お寺から和尚さんが来てくれて、飼い主さん達と一緒にお経を唱えます。

初めて参加した時はびっくりしました。

数百人の参列者。その多くが喪服を着て数珠を持ち、わんちゃんを抱いている人もいればハンカチを目に当てている人、そこはまるで人のお墓その物、いやそれ以上に悲しみに包まれた場所でした。

私たちも愛犬を亡くした悲しさはありましたし、家の中も静かで寂しかったですが、人前で泣くようなことはなく前に進まなきゃいけないと思っていた頃でしたので、「こんなに泣いても良いんだ」と逆に少し冷静に自分を見た気がします。

 

さて、お話をお店に戻しますと、お客さまの中にはなくなったペットの追悼の品として作成される方が多いとお話しましたが、ご自宅用だけではなく、お友達のペットの追悼にも贈られる方がいらっしゃいます。

何度もご注文頂いている方も多いですので、おそらく贈り先様からは喜ばれているのだろうと思われます。

泣いて喜んでくれた

お客様からお礼を頂くとき、相手の方が泣いて喜んでくれたというコメントを頂きます。

嬉しくて泣いている場合もあるでしょう。

分かれの寂しさを思い出して泣いている場合もあるでしょう。

どちらもとても素直な気持ちで喜んでくださったのだと思います。

涙を流すという時、それは自分の心とちゃんと向き合えたときかもしれません。

本当の自分の気持ちというのは自分自身では分からないものです。

悲しくても、泣いてちゃいけないと考える人。

誰かにすがりたくてもなかなかそうできない人。

そういう時に思い出のお写真で作った編物のクッションを見て、その子を思い出し、涙を抑えなきゃという気持ちを自分の心が上回ったとき、泣いてしまうのかもしれません。

 

それともうひとつ。

クッションをもらったときに、泣いているのは自分だけじゃないと気付くのでしょう。

クッションをくれたこの人は、自分が今寂しいんだということを分かってくれている。その気持ちは、悲しみの中にいる人の心を助ける力があると思います。

言葉で伝えるのは難しい。

「元気を出して」と言われても、分かっていても寂しさに勝てない。

そういう時は無理をしないで、クッション抱きしめて思い出に浸ってね。そういう気持ちが伝わるのかもしれません。

 

不思議なものを作っています。

私たちの編物の技術がこんな力を持つとは思いませんでした。

これからも良い作品作りに励んでまいります。

ムックも天国で営業してくれているのかな。。。

今日もなくなったわんちゃんからのご注文が届いています。

 

 

娘の彼氏へプレゼント

誕生日プレゼント愛犬グッズ

ペットの写真で作るオリジナルクッション♪

猫の目

編物で出来た作品で、飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

 

ファンデルワンのプレゼント物語、本日は娘の彼氏さんへ贈るプレゼントのお話です。

私たちの世代(昭和生まれ)ではごく稀なパターンだと思いますが、最近では案外多いようですね。

そういえば今年平成29年と言うことは、最年長の平成生まれさんはもう29才ということ。月日は経ったものです。

では物語を通して本日のお店の様子を覗いて見ましょ~♪

物語

 

娘が始めて彼氏を連れてきたのは大学生の頃。

大学は別々だったけれどバイト先で知り合ったとか。

始めはどうなるかと思ったけれどなかなかの好青年。

パパが気に入ったのは意外だったなぁ。

 

『あの子は若いのにしっかりしてる。
やっぱり運動してる人間ははきはきしてて気持ちが良い。』

パパは元高校球児。体育会系のノリが大好きだ。

 

彼氏さんはバスケ選手だったらしい。

それでいて成績も優秀、そしてそれ以上に、優しい人。

よくこんな良い人見つけられたね。

70歳のおばあちゃんが特に気に入ってしまった。

70過ぎると逆に年齢は関係なくなるのかも。。。(笑)

 

さて、付き合いが始まってもう5年になる。

去年のクリスマスからプレゼントを贈るようになり、今度は誕生日がやってくる。

あまり出しゃばった物は贈れないけれど、何かしてあげたいな。

と言うのも、この二人は毎年母の日や私の誕生日にはその都度気の利いた物を贈ってくれるのだ。

以前彼が言ったひと言、あれは効いたな。

「お母さん。カナさんを産んでくださってありがとうございます。」

なかなか言えないよ。

私泣いちゃったじゃない。

 

何が良いか決めたら一応娘にも相談して、できればウチに遊びに来てくれたときにお祝いしよう。

結婚の話は出てるのかな?

これからもずっと、娘のそばにいてくれると嬉しいな。

 

私が決めたプレゼントはこれ。

猫を飼っていたという彼氏さんに、ひざ掛けなんて使わないかもしれないけれど、部屋に飾ってくれると嬉しいな。

 

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

息子の彼女にプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルオーダークッション作ってます♪

オーダーメイドクッション

ご家族やお友達の飼い主さんへ、誕生日プレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

編物の模様でオリジナルクッションを作っています。

そう、編み込み模様で^^

猫の目

こちらは猫ちゃんのクッション。

詳しくは商品ページでご覧下さい。

さて、こちらは意外と多いお問合せ。

「息子の彼女にプレゼントをしたいのですが、写真が無いのです」

はい、よく言われます。

しかし、お写真が無いと作ることは出来ません。

なぜなら、お写真を見ながら絵を描きますので^^

当然ですよね。

ではどうすれば良いのでしょう!

 

そういう時は、息子さんの彼女さんにお写真送ってもらいましょう!

 

「でも、ばれないようにサプライズで贈りたいんですけど」

 

そうですよね、当然です。

だけど、さりげなく聞けば意外と手に入るものなのです。

なぜか。

ペットの話をされると飼い主は嬉しいから^^

 

ペットの話をすると会話が盛り上がることってないですか?

飼い主にとって、自分のペットや、たとえ自分の子じゃなくても犬猫の話が出るのはとても嬉しい事です。

その時、息子さんが同席していたら自然に写真を送ってと頼んでみてください。

自分に送ってというのではなく、息子さん(彼氏さん)にです^^

 

又はもしかしたら既に息子さんは既にお写真を持っているかもしれません。

 

次の案。

息子さんに写真を撮ってきてもらう☆

きっと彼女さんのご自宅にも遊びに行くこともあるでしょう。

その時にひと言断れば、写真を撮らせてもらっても何も不自然ではありません。

彼女さんが愛犬や猫ちゃんを抱いたツーショットでも良いでしょう。

ちなみに、大好きな人に撮ってもらう写真が一番綺麗に写るらしいです☆

 

息子の彼女へのプレゼント

大事な大事な息子さん彼女が出来たとき、又は紹介してもらうとき、緊張しますか?

私は彼女を親に紹介するとき、なんだかとても緊張してしまい、色々気を使ってしまいました。

彼女と親(うちは特に父親)が私以上にリラックスしてたりして(笑)私はいつまでも緊張しっぱなし。

でも親が自分の彼女を褒めてくれるととても嬉しいものです。

特に女性を見る目があるといわれると、彼女の事も自分の事も認めてもらえたんだと感じます。

皆様もきっと、プレゼントを贈りたいと思っているということは素敵なご関係なのでしょう。

皆様の幸せを心から願っています。

素敵なプレゼントが見つかりますように☆

 

 

 

たくさん迷惑かけたお母さんへ

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルオーダークッション作っています。

オーダーメイドクッション

飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ご家族のお誕生日プレゼントに、愛犬や猫ちゃんのオリジナルオーダークッションはいかがですか?

毎日色々なご利用目的でお客様がいらっしゃいます。お母さんへ贈る人、彼女さんへ贈る人、皆さんそれぞれにいろいろな思いがあるでしょう。

本日はずっと心配や迷惑をかけてきたお母さんへのプレゼント物語を例に、クッションのご利用シーンをご提案させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンの誕生日プレゼント物語、始まり始まり。。。

物語

 

仕事のストレスで家族に当たり、だんだん自分の世界を狭くして、とうとう仕事に行けなくなった。

あんなに楽しかった、あんなに頑張っていた仕事。

どうして出来なくなったんだろう。。。

 

病院でいわれたことは、典型的なうつ病。

その後も休職と復職を繰り返し、何とか定時まで職場にいられるようになり、母も最近は安心してくれている。

 

ちょっと頑張りすぎたのか、それともあそこの部署だったからか。

噂には聞いていたから気をつけていたんだけれど、まさか俺が。。。

 

過ぎたことはもう忘れよう。

でも、病気になって、親からもらった愛情の深さや感謝する気持ちを見つけられた。

いつも自分が一番だと思っていたあの頃の考え方が恥ずかしいよ。

これからは生きていることに感謝し、支えてくれる家族や友人、同僚に感謝し、自分らしく生きていこうと思う。

 

今年母は65歳。

僕を産んで40年になる。

きっと、大変だっただろうな。苦労したんだろうな。

僕を育てるのに、いっぱい悩んだんだろうな。

感謝してる。感謝してる。

いくら言っても足りないよ。

 

何をすればこの気持ちは届くのだろう。

いまだに照れて上手くいえないから、今度のお母さんの誕生日にちゃんとしたプレゼントを贈ろう。

母さんの一番好きなもの。。。やっぱり愛犬たちかな。

母さん、今までほんとにごめんね。

そしてありがとう。

2匹の写真でひざ掛け作ったから、使ってね。

誕生日おめでとう。

ひざ掛け使用例

商品の詳細

 

愛犬の肉球でオリジナルグッズを作るの巻

ダックスの肉球ひざ掛け

写真から作る、オリジナルオーダーのひざ掛けです。

編地

編物で作ってます。
商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのオリジナルオーダーグッズを作ってます☆

 

さて、この数日なぜか多い、愛犬の肉球を入れてくださいというご要望。

 

当店の作品はお写真を元にしたオリジナルクッションになるのですが、そこに肉球もデザインして欲しいとの事。

スタンプのように肉球をペタっとおして、魚拓ならぬ肉球拓を作り、それを写真に撮ったり郵送したりしてくださって、肉球写真をクッションにデザインして欲しいというご要望です。

お任せ下さい!可能です・・・、が、ご注意下さい。

肉球拓が綺麗に出来ていなければ、デザインも綺麗になりません。綺麗なお写真送ってね^^♪

 

さて、実はここでお知らせ。

当店のロゴはご存知でしょうか?

↓↓こちらです↓↓

ファンデルワンのロゴ

この右端の肉球、実は今は亡き当店の愛犬ムックの足跡なんです^^

愛犬のスタンプ

分かりますか?27センチの靴と比べても見劣りしません(笑)

この写真の足跡を元にしてファンデルワンのロゴは出来ています。

皆さんのわんちゃん猫ちゃんも肉球を使ったオリジナルデザインでクッションを作ってみませんか?

オーダーメイドクッション

こちらは肉球ならぬ、お写真で作るオリジナルグッズです。

猫の目

糸を編んで作ってるよ♪

商品の詳細

 

誕生日プレゼントに欲しい物はない?

オーダーメイドクッション

ペットのお写真でオリジナルクッション作っています☆

オリジナルクッション

家族やお友達など、飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

皆さんはプレゼントを贈る時、サプライズで贈りますか?

それとも相手の人に欲しいもののリクエストを聞きますか?

 

私は相手に聞く人。

「何か欲しいものある?一緒にデパートとか行ってみる?」

と言うのが定番です。

それでは面白くないと言われそうですが、私の趣味で何か贈るのも申し訳ない気がするし、「自分の好みを分かっていて欲しい」という期待に十分こたえられるほど器用でもなく・・・。。。

 

自分へのプレゼント

さて、私は自分にプレゼントを贈るという習慣がないのですが、皆さんはどうですか?

女性に多いのかもしれませんが、頑張った自分にご褒美とか、自分の誕生日に自分にプレゼントを贈るという方に時々出会います。

おそらく普段からがんばりやさんで、日々倹約している人なのかもしれませんね。

私は欲しいものがあるとその時に買ってしまうから、自分の誕生日だからと言って改まって何かを買おうという発想に至らないのです。

欲しいと思っても我慢しているものは確かにあります。

でも、それは我慢できるものだから我慢しているのであって、その気持ちは誕生日でも変わらない。

と言って、今欲しいのは7万円ほどするビジネストートバッグ。

ビジネスでも使えて、ちょっとした旅行でも使えるトートバッグです。本革(牛革)使用で職人の手作り。憧れますね~^^

買わない(買えない)ですけどね(笑)

 

何もいらないという答え

私は以前、誕生日に欲しい物はないかと聞いたとき、「何もいらない、気を使わなくて良い」と言われたことがあります。

その相手は友達とか他人とかではなかったので、世間的に見て贈らなければならない関係の人だったのですが、ちょっとショックでした。

もちろん気を使ってそう言ってくれたのでしょうが、そのときの気持ちが残っていますから、私は自分の誕生日に同じ質問をされる時はちゃんと答えるようにしています。

そして、それほど高いものは求めず、あまりに安すぎるものも控えて、相手との関係を考慮しつつ答えています。

友達であればラーメンなど1,000円程度のご飯をおごってもらうとか、家族や親戚であればロールケーキなど2,000円程度のスイーツをリクエストするとか。

2,000円程度のスイーツって、結構嬉しいんですよね。

自分で買うにはちょっと高いし、誰かにプレゼントしてあげる値段としてはそれほど高いものでもない。

そしてもらった相手と一緒に食べることが出来るo^^o

贈る側も贈られる側も嬉しいプレゼントだと思います。

 

あとは、思いっきり甘えても良い関係だったら値段を相談した上で欲しかったものをリクエストしちゃうかも!

もし高すぎるようであれば残りは自分で出してでも、購入のきっかけとしてはとても良いと思います。

今の私なら・・・カメラのレンズを買うかもしれません♪

プレゼントの予算は1万円

私の知人で、こういう人がいました。

その人は妹さんと二人姉妹。

毎年お互いの誕生日にはプレゼントを贈りあっているそうです。

若い頃(学生の頃?)はサプライズで贈ったり、自分のお勧め品を贈ったりしていたそうですが、大人になった今ではリクエストを聞くのだそう。

そして、もらうときもちゃんとリクエストを伝える。

ただし予算は1万円以内で。

もしも欲しいものがそれ以上の価格である場合は1万円を渡し、それを元手に自分で買ってもらうのだそうです。

これはお互いに利害関係が成立していてとても良いアイデア。

なるほど、こういうやり方もあるんですね!

その姉妹は大人になった今でも仲が良いそうです♪