従業員、社員へのプレゼント

プレゼント用

ペットのお写真でオリジナルグッズを作っています。

ご家族やお友達、また職場の同僚や部下へのプレゼントにご利用頂いています。

猫の目

こちらは猫ちゃん。編物で作ったクッションです。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットを飼っている人へのプレゼントに、お写真で作るオリジナルクッションはいかがですか?

先日もお話しましたが、職場の同僚や部下、上司へ贈るプレゼントというご利用が増えてきています。

今日はそんなお話を通して、当店のお客様がどのような場面でご注文下さっているかを物語り形式でご紹介させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

小さな会社ではあるが、父の後を継いでそれなりに20数年続けて来られたのもスタッフの助けがあっての事。

社長になって20年か。早かったような、長かったような。

一番年上のHさんは私よりも勤続年数が長い。

私がまだ子供だった頃、父の代から秘書として働き、父が亡くなってからは私の事を一から指導してくれた。

出張や打ち合わせの予定と段取り、取引先や地元企業で冠婚葬祭があった時に何をすべきか、また会社経営の方針の相談にも乗ってくれる。

最終決断は私だが、その正しい道を導いてくれているようだ。

 

「私が秘書なんて・・・、ただの事務員ですよ。」

こんな風に、子供だった頃から私に敬語を使ってくれる。

 

私が社長になって2,3年くらいした頃から誕生日にはちょっとしたプレゼントを贈るようになった。

何がきっかけだったかな。。。そうだ、一緒に出張に行ったときだった。その日が彼女の誕生日だと分かりお昼をご馳走したのだった。それ以来毎年何かを贈っている。

 

2年くらい前だったかな、あるとき元気がなかったので聞いてみた。

「最近何だか元気ないですね。」

「そ、そうですか、、、ごめんなさい大丈夫です。」

 

大丈夫じゃなさそうだったので話を聞くと猫が亡くなったらしい。

私も犬を飼っていて亡くした経験があり、その気持ちはよく分かる。

ちょうど連休に入ったこともあり、休み明けからはいつもの様子に戻ったけれど、きっと辛かったのだろう。

それ以来、私たちは時々猫の話をするようになった。

 

 

そんなこともあり、今年の誕生日は猫ちゃんの写真を使ったグッズをプレゼントしようと思ってる。

写真は共有フォルダにたくさん入ってる。

社内文書に時々挿絵として使っても良いことにしているのだ。

 

さて、実はプレゼントは既に決まっている。

以前これを見たときに、彼女の次のプレゼントはこれにしようと決めていたのだ。

ペットオリジナルプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルのひざ掛け。

モデルは犬だけどね、もちろん猫でも作れるって確認済みだ♪♪

 

商品の詳細

 

開店10周年、シェフへのお礼

感謝・お礼の贈り物

ペットのお写真でオリジナルクッションを作成しています。

こちらはお客さまの作品紹介より、トイプードルのルークちゃん

主に飼い主さまへの誕生日プレゼントや、お礼の贈り物などにご利用頂いています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

宣伝もしない、メルマガも発行しない、なのに毎日忙しい編物のお店です^^

猫の目

作品は編物で出来ています。こちらは猫ちゃんの瞳。

ペット飼い主さまへの贈り物やプレゼントにご利用頂いています。

当店には毎日様々な贈り物シーンでクッションやひざ掛けをご注文頂いているのですが、以前は誕生日プレゼントが多かったのに、最近ではお礼の品として贈ったり、感謝の気持ちを形にして表すために作成される方が増えてきました。

本日はそんな一場面を物語り形式でご紹介し、クッションご利用シーンをご提案させて頂きます。

こんなシーンで使ってみてはいかが?ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

いつもお世話になっている洋食店がある。

大切なお客さまを接待するとき、妻との記念日に2人で食事に行くとき、大切な友人にお勧めのお店を聞かれたとき、いつもここを利用させてもらう。

美味しいのはもちろん、店の雰囲気が最高なのだ。

高級すぎず、昼なら多少ラフな服装でも入れる。

ビジネスにも利用でき、オンとオフ両方楽しめる。

そして、急なお客さまのときでも席を作ってくれるのだ。

どうやらそのために常に1席は予約席として確保してあるらしい。

 

「今日も美味しかった。あの前菜はオリジナルですか?」

「あれは修行時代に教わったもので、良い素材が入ったので久しぶりにつくりました。」

食後のそんな会話がまた楽しい。

 

「今度、10周年を迎えるんです。感謝イベントを開くので良かったら来て頂けますか?」

 

思っても見なかったシェフからのお誘い。もちろん参加させてもらいます。

「もう10年ですか。お店も有名になりましたね。」

人柄がよく、まだまだですと謙遜するシェフと私は握手を交わし、来月のイベントの事を考えていた。

予定は開いている。

そうだ、何かお祝いの品を持っていこう。

美味しいワイン・・・、いやプロの職人に対して失礼か。

ゴルフのお誘いも休みがあわないしなぁ。。。

そうだ、店内に犬の写真が飾ってあったなぁ。

彼は愛犬家でもある。

平日休みだからドッグランはほぼ貸切状態になると以前話していたっけ。

わんちゃんに関する贈り物を探してみよう。

いつも無理を言って世話になっているお礼も兼ねて。

 

そうして私が見つけたのがファンデルワンのオリジナルクッションだ。

誕生日プレゼント愛犬グッズ

名前はエル。

今度我が家のアイビーもつれて一緒に遊ばせたいな。

 

商品の詳細