ペットの遺影

ペットの遺影

ペットのお写真でオリジナルの遺影を作成しています。

編物で作った遺影

作品は編物で作った遺影になります。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

糸を編んで作った作品になります。

糸

こちらが材料の糸。

ちょっと変わった、高級感ある作品に仕上がります。

 

普段はクッションひざ掛けを作成しており、主に飼い主さまへのプレゼント用にご注文をお受けしているのですが、このオリジナルボードに関してはほとんどの方が亡くなったペットの遺影や思い出の品として作成されるようです。

そしてリピーターさんが多いのもこの商品。

愛犬の四十九日でひとつ、一周忌のときにもうひとつ。

別のお客様では、1匹目のわんちゃんとのお別れの時にひとつ、その兄弟で2匹目のお別れのときにもうひとつ。

額縁をオーダーで作成されて飾っていらっしゃるようです。

お客さまのお写真の中にはあまり画質の綺麗でないものもあります。そういう場合はお写真の変更をお願いすることもあるのですが、昔の写真であったり、もう撮り直すことが出来ないこと、又は一番気に入っているお写真である事などから、多少鮮明さは欠けてもそのまま作成をご希望の方が多いです。

お写真の画質が悪い場合は出来栄えとしてはぼやけたデザインの作品になってしまいます。それでも飼い主さまにとっては掛け替えの無い一瞬を切り撮った一枚。大変喜んでいただきました。

 

我が家の愛犬が天国へ渡ったとき、世間ではまだペットの祭壇を飾るという習慣はありませんでした。

その為オリジナルのグッズなども販売されておらず、我が家では写真立てに写真を飾り、印刷した写真をアルバムに収めて飾る程度でした。

そんな状況でしたので、私たちは当初はペットの遺影を作成するということも考えておらず、編物の技術でオリジナルのグッズが作れるという意識しかありませんでした。しかしお客様から遺影にしたいとか、祭壇に飾るものを作って欲しいとか、お供えの品を作りたいなどのご意見を頂き、こちらのボードを作成するようになりました。

そんなわけで、実は私たちがムックの祭壇を飾ったのはつい最近のこと。亡くなってから何年も経ってからもことでした。

その時ふと気がつきました。

ここに、この祭壇にムックがいる。

愛犬の遺影、愛犬がいる場所

天国にいったはずの愛犬ですが、こうやって居場所を作ってあげることでなんだか今でもそこにムックがいるみたいです。

自然に話しかけてあげることも出来ますし、この子が帰ってくる場所としても役立ちそうです。

こんなに安心するものなんですね。

自分の心の居場所のような気持ちにもなりました。

泣きながらお礼を言われるお客さまの気持ちが分かった気がします。

 

 

愛犬の肉球でオリジナルグッズを作るの巻

ダックスの肉球ひざ掛け

写真から作る、オリジナルオーダーのひざ掛けです。

編地

編物で作ってます。
商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのオリジナルオーダーグッズを作ってます☆

 

さて、この数日なぜか多い、愛犬の肉球を入れてくださいというご要望。

 

当店の作品はお写真を元にしたオリジナルクッションになるのですが、そこに肉球もデザインして欲しいとの事。

スタンプのように肉球をペタっとおして、魚拓ならぬ肉球拓を作り、それを写真に撮ったり郵送したりしてくださって、肉球写真をクッションにデザインして欲しいというご要望です。

お任せ下さい!可能です・・・、が、ご注意下さい。

肉球拓が綺麗に出来ていなければ、デザインも綺麗になりません。綺麗なお写真送ってね^^♪

 

さて、実はここでお知らせ。

当店のロゴはご存知でしょうか?

↓↓こちらです↓↓

ファンデルワンのロゴ

この右端の肉球、実は今は亡き当店の愛犬ムックの足跡なんです^^

愛犬のスタンプ

分かりますか?27センチの靴と比べても見劣りしません(笑)

この写真の足跡を元にしてファンデルワンのロゴは出来ています。

皆さんのわんちゃん猫ちゃんも肉球を使ったオリジナルデザインでクッションを作ってみませんか?

オーダーメイドクッション

こちらは肉球ならぬ、お写真で作るオリジナルグッズです。

猫の目

糸を編んで作ってるよ♪

商品の詳細

 

ペットの骨壷をかわいく飾る

ペットメモリアルグッズ

ペットのお写真でオリジナルクッション作っています。

編地

作品は編物で出来ています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

編物の模様でわんちゃんや猫ちゃんのオリジナルオーダーグッズを作っています。

 

お客様から時々このようなご連絡を頂きます。

「ラッピングのピンクの布で骨壷を包みました。
名前入りリボンで結んでとてもかわいくなりました。」

 

ラッピングと言うのはこちらです。

ラッピング

クッションはこのようにラッピングしてお届けするのですが、このラッピングに使ってあるピンクの布で骨壷を包み、赤いリボンで結むととてもかわいくなるとの事。

なるほど。。。

実は同様のお問合せを時々頂きます。

クッションやひざ掛けのお届け後に、骨壷を包むものを作ってもらえないだろうかと言う内容です。

骨壷装飾

私たちが愛犬を亡くした頃は、今のように祭壇を備えたりお墓を作ったりする人はまだ少なく、対応してくれるお店や業者さんもほとんどありませんでした。

私たちは火葬場の勝手口からムック(ニューファンドランド犬)を焼いてもらい、お別れ後は霊園の端にあるペット用の慰霊碑に入れてもらいました。

ペットの葬儀が一般的になってきた現在では、自宅に祭壇を飾り、骨壷をそこに置く人が増えてきています。

お墓に入れるにはかわいそう(飼い主はまだみんな健在だから)だと思いますし、自宅の庭にお墓を作る方もいらっしゃいますがアパートなどではそういうわけにも行きません。

そこで骨壷を部屋の祭壇に置き、ずっと置いておかれると思いますが、骨壷は真っ白で味気ないですので、何かを飾りたいと言う心境がとても良く分かります。

 

私は時々良いアイデアはないかと検索するのですが、先日久しぶりに調べてみるとなんと最近の骨壷はとてもかわいいものが増えているんですね!

骨壷そのものに花柄の装飾があったり、又は木製のケースが予め用意されていたりと、飼い主さんのご要望を満たしてくれるようなものが増えていました。

そういえばこの頃は何か包むものを作ってほしいと言う問い合わせは来なくなったような・・・。

 

部屋にペットの祭壇を飾る

おそらく、皆さんがご自宅に祭壇を整えるとき、ずっと傍にいてほしい、又はいてあげたいというお気持ちがこもっているのだろうと思います。

それは部屋に写真を飾るのと同じかもしれません。

我が家に愛犬の祭壇はないですが、天国へいって8年経った今でも愛犬ムックの写真はたくさん飾ってあります。

お花を供えている人たちは毎朝水替えや、季節ごとの花を活けたり、命日や誕生日には何かお供えをされるのでしょう。

そういう気持ちって、ちゃんと天国に届いているんですよね。

そしてふと何かのときにペットの存在を感じる。

私たちもそんな気持ちになるときがあります。

この仕事をしているから尚更そう感じるのかもしれませんね♪

 

時々急にたくさんの注文が入る日があります。

また、注文が少ない頃に困っていると、ムックと同じく大型犬から注文が来ることもあります。

そういう時、もしかしたらムックが営業してくれているのかなと感じるのです^^

ガラス製、ペットの位牌のお話し

ペットメモリアルグッズ

ペットのお写真でオリジナルグッズを作っています。

こちらは編み込み模様で作ったオーダークッション☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

今日はガラス製の位牌のお話です。

当店は編物一筋40年以上の工場なのですが、その技術を応用しまして、糸を編んでお写真そっくりの模様をつくり、クッションを作っています。

(位牌は作っていません)

そしてお客さまのご利用用途は様々ですが、亡くなったわんちゃんのお写真で作られる方も多いです。

思い出の品、メモリアルグッズです。

 

あるときお客様からお電話がありました。

数日前にお届けしたお客様でした。

何か不備があったかと思い、お話を伺うと・・・

「とてもすばらしい作品でした。亡くなったうちの子が帰って来たようです。
周りの人にも見て頂き、とても驚かれました。
すぐにお礼を言いたかったのですが毎日泣いてばかりで・・・、やっとお礼が出来ました。」

 

このように涙ながらに話してくださいました。

私も嬉しく、お話しを伺っているとついつい長い電話に・・・^^

その方がおっしゃるには、今回同時にガラス製の位牌を作られたとか。

ガラス製の位牌

伺ってみると、愛犬の写真をガラスに彫刻し、名前や好きな花柄をデザインされたものだそうです。

これがとても良い品だったそうで、高級感があり、彫刻も上手でお名前入りで・・・

とても嬉しそうに話されていたのでどのようなものかと思って私も調べてみたのですが、様々なタイプの位牌がありました。

お写真をはめ込むタイプの物、彫刻(エッチング)するもの、日付や名前、短いメッセージを入れられるものなど、その種類はとても多かったです。

その中でガラス製の物を選び、今は当店のクッションと並べて飾ってあるとの事。

位牌と言うより、写真たてのような役割をしているのかもしれませんね。

メモリアルグッズの役割

当店のクッションも、クッションとして使われる方はほぼいらっしゃらないと思われます。

それと同様で、ペットのオリジナルグッズを作られる方は、お部屋に写真を飾るのと同じ気持ちなのかも知れません。常に自分のそばにペットの存在を感じられるように・・・。

 

愛犬と散歩に行っていた公園の事、愛犬を通して知り合ったお友達(わんちゃんがつなげてくれたご縁)の事、病院で当店の作品を看護士さんたちに見てもらったこと、一つひとつの思い出を思い出すように私に話してくださいました。

こうやって周りの人に愛犬の事を聞いてもらうことで、わんちゃんがこの世にいた証を残すことが出来るのかもしれません。

私たちは編物で作品を作ることしか出来ませんが、それによって飼い主さまが少しでも元気になって頂けるなら、この仕事はとても責任重大であり、1日でも長く続けていかなきゃいけないなと感じています。

 

ペットの毛でグッズを作る

ペットメモリアルグッズ

ペットのお写真でオリジナルクッション作っています。

ご注意!このクッションはコットン素材で作っています。「ペットの毛ですか?」という質問を頂くこともありますが、違いますのでご注意下さい。コットン100%です♪

編物の作品

編物だよ☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

コットン素材の編み物のクッション作っています。

犬や猫の毛ではありませんのでアシカラズ^^

 

さて、それではなぜ「ペットの毛でグッズを・・・」なんてタイトルになっているかと言いますと、実際に愛犬や猫ちゃんの毛でグッズを作っているサイトを見かけたからです。

以前から存在は耳にしていたのですが、その技術が以前より向上していたのでびっくり!

以前はたしか・・・、毛を入れておく金属製の小さなケースとか、その程度だったと思いますが、今はかわいいストラップが作れたりガラスケース入りのメモリアルボックスが作れたりするそうです。

中でも、高級感ある筆が作れるようですが、それはなかなか良かったですよ!

実際に筆として使うことはないかもしれませんが、飾っておくにはとても良いと思いました。

検索してみるとたくさん出てきますので皆さんも是非見てみて下さい。

サイトをいくつか拝見しましたが高級感あるし、かわいいし、自分の家のペットじゃなくても普通に持ってても良さそうなものがありました。

 

さて、当店のクッションはコットン素材ですが、これを犬の毛で作れませんか?と聞かれたことがあります。

申し訳ございませんが、それは今の技術ではほぼ不可能。。。と言いますのも、犬や猫の毛は繊維が短く、糸にすることができないために編物では使えません。

羊やうさぎはウール素材として高級品になりますし、又はコットン素材(綿花)もニットに向いています。当店の素材はコットン(綿素材)です。

その他はアクリルなどの化繊が多いですね。

猫の毛

こちらは我が家の猫(名前はソラ)です。

この子の毛は長く、良く毛玉が出来てしまうのでブラッシングが欠かせません。

でも抜け毛が床に舞う事は案外少ないです。なぜかと言うとこの子自信がモップみたいなものだから(笑)

この子なら毛を集めて何かグッズが作れるかも!

ブラッシングで集まったこの毛を丸めて針で何度もツンツンさして、毛玉を作ります。

色を分けて白い毛と黒い毛の色違いの玉を作れば何か作れるかもしれませんね!

ただし、市販のウールで作られたフェルト人形などはちゃんと毛を洗浄してありますが、これは我が家の猫ですので衛生面に問題あるかも。。。

 

この毛を集めて何かグッズを作れるなら・・・。

おそらくペットが亡くなったときに思い出として作る方が多いのでしょうね。

又は誕生日のお祝いとか記念日に作るのも良いと思います。

今のうちに毛をたくさん集めておこうかな。

それとも、いっそのこと作っちゃおうかな。

ペットの抜け毛に悩まされるこの頃ですが、それを逆手に取ってグッズ作り、ナイスアイデアだと思います。

 

ペットとの別れを忘れないために

ペットメモリアルグッズ

ペットのお写真でオリジナルクッション作っています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの瞳。

編物で出来たクッションです。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルのクッションひざ掛けを作っています。

 

飼い主さまへのプレゼントとしてのご注文が多いですが、ご自宅用でご購入される方や、一度ご利用いただいたお客様から再度ご注文頂く時があります。

今度は誰に贈るのかな?と思っていたら・・・

飼っていたペットが亡くなったとの事。私たちも胸の詰まる思いですが、良い作品が出来るよう心をこめて作成させて頂いております。

ペットと別れの記念

ペットが亡くなったとき、別れを忘れないために思い出のグッズを作成される方は少なくありません。

その場合に、「記念」と言う言葉が使われる時があります。

亡くなった記念に・・・、1周忌の記念に・・・、と言うように使われます。

この使い方に違和感を感じたので調べてみました。

記念と言う言葉はお祝い事や嬉しいことを覚えておくときに使うのもだと思っていたからです。

悲しいときにこの言葉を使っても良いのだろうかと思って調べてみました。

すると、良いことも悲しいことも、どちらでも使われる言葉だそうです。

例えば終戦記念日とか、○○記念碑とか、確かに使いますね。

 

メモリアルグッズや記念の品の役割

ペットのメモリアルグッズを作るのは重要な意味があるのだそうです。

それは、ペットとの別れを受け入れる儀式みたいなものなのだとか。。。

いつも一緒にいたパートナーが急にいなくなることを受け入れられずにいる。

頭では分かっていても心が付いていけない。

寂しく、悲しく、心にぽっかり穴が開いた感じ。

別れを受け入れられずにいる状態です。

そんな時、葬儀を行ったり祭壇を飾ったり、お花を供えたり・・・、その一つひとつが別れを受け入れるための儀式みたいなものだそうです。

ひとつずつの作業を行うことで、ひとつまたひとつと階段を登るように心が受け入れていくのだそうです。

体を動かしてそれらを執り行うことで、頭の中だけで考えていた事が少しずつ体に染み付いてくるのかもしれませんね。

 

メモリアルクッションが届いて・・・

お客様へ商品をお届け後、お礼を頂くことがあります。

家族が涙を流して喜んでいたとか、引きこもっていた家族が部屋から出てくるようになったとか、皆さん少しずつ元気になっていかれるそうです。

そのお話を伺うと、とても大切なお仕事をしているのだなぁと感じます。

この仕事は単なる作品作りにとどまらず、皆さんの心の支えや心を救うきっかけになるのかも知れないと感じる日々です。

 

皆様の悲しい気持ちに寄り添うとこちらまで悲しくなってきてしまいますが、お店としては元気と笑顔を忘れずに頑張って参ります。