たくさん迷惑かけたお母さんへ

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルオーダークッション作っています。

オーダーメイドクッション

飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ご家族のお誕生日プレゼントに、愛犬や猫ちゃんのオリジナルオーダークッションはいかがですか?

毎日色々なご利用目的でお客様がいらっしゃいます。お母さんへ贈る人、彼女さんへ贈る人、皆さんそれぞれにいろいろな思いがあるでしょう。

本日はずっと心配や迷惑をかけてきたお母さんへのプレゼント物語を例に、クッションのご利用シーンをご提案させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンの誕生日プレゼント物語、始まり始まり。。。

物語

 

仕事のストレスで家族に当たり、だんだん自分の世界を狭くして、とうとう仕事に行けなくなった。

あんなに楽しかった、あんなに頑張っていた仕事。

どうして出来なくなったんだろう。。。

 

病院でいわれたことは、典型的なうつ病。

その後も休職と復職を繰り返し、何とか定時まで職場にいられるようになり、母も最近は安心してくれている。

 

ちょっと頑張りすぎたのか、それともあそこの部署だったからか。

噂には聞いていたから気をつけていたんだけれど、まさか俺が。。。

 

過ぎたことはもう忘れよう。

でも、病気になって、親からもらった愛情の深さや感謝する気持ちを見つけられた。

いつも自分が一番だと思っていたあの頃の考え方が恥ずかしいよ。

これからは生きていることに感謝し、支えてくれる家族や友人、同僚に感謝し、自分らしく生きていこうと思う。

 

今年母は65歳。

僕を産んで40年になる。

きっと、大変だっただろうな。苦労したんだろうな。

僕を育てるのに、いっぱい悩んだんだろうな。

感謝してる。感謝してる。

いくら言っても足りないよ。

 

何をすればこの気持ちは届くのだろう。

いまだに照れて上手くいえないから、今度のお母さんの誕生日にちゃんとしたプレゼントを贈ろう。

母さんの一番好きなもの。。。やっぱり愛犬たちかな。

母さん、今までほんとにごめんね。

そしてありがとう。

2匹の写真でひざ掛け作ったから、使ってね。

誕生日おめでとう。

ひざ掛け使用例

商品の詳細

 

オカンに贈るテキトーなプレゼント

ペットメモリアルグッズ

ペットのお写真でオリジナルクッション作っています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの目のところ。

編物で出来たクッション、飼い主さまへのプレゼントにいかが?

商品の詳細

 

オカンへのテキトーなプレゼント。

物語

 

「なぁ、オカン」

「なに?そろそろバイト行く時間でしょ?」

 

「あのさ、プレゼント、テキトーに買っといたから。誕生日おめでとう。」

「あらぁ、、嬉しいな。でもテキトーって何?笑」

 

「適当とは、適してて当たっているということ。
つまりオカンに最適なプレゼントという意味。」

「あんたはいつも理屈っぽい。」

 

「じゃぁ、こういうのはどう?
適当、それは不適当ではないということ。
おぉ。名言だ。」

「自分で言うな(笑)もしかして照れ隠し^^?」

 

でも嬉しいな。あんたは優しい子だから。

 

で、こんな大きな包み、もらって良いのかしら。

開けても良い?

 

「どうぞどうぞ。」

 

俺は紙袋のまま、無造作に渡す。

オカンが袋から出して言葉を詰まらせ涙ぐむ。

その様子を背中で眺め、俺は玄関を出る。

 

去年天国へいった我が家の愛犬エルをクッションにしてもらった。編物で出来たクッションだ。

オカンの泣くところ見るのも恥ずかしいから、今日は一人で泣かせてやろう。

さ、バイト頑張るぞ。

 

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細

 

親へのプレゼント

オリジナルクッション

ペットのお写真で作るオリジナルクッション♪

ご家族やお友達、飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

オーダーメイドクッション

写真そっくり!編物で出来たクッションだよ☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

突然ですが、そして私事で恐縮ですが、今日は私の誕生日(笑)

普段はお客さま殻のご注文で、誕生日プレゼント用にクッションを作成しているのですが、いざ自分が誕生日を迎えるとなんだかとても嬉しいもので、朝から気持ちがうきうきしています。

SNSでは誕生日を公開していないのに友達からお祝いの言葉をもらえるので自分でもちょっと驚いているところ。

 

さて、自分の誕生日と言えば、私の場合は42年前の今日、母が母になった日です。

いえ、私には兄がいますので私が生まれる前も母でしたが・・・(笑)

 

私も子供が2人いますので、きっと母にとっては私の誕生日と言う日は忘れられない日であろう、と想像できます。

子供の頃は毎年お祝いをしてもらいました。

それがとても嬉しくて、特にプレゼントなどはなかったのですが、家族でケーキを食べ、おめでとうと言ってもらう、それが幼い自分にとって特別な瞬間でした。

物をもらった喜びはすぐに消えてしまいます。

おもちゃはいつか飽きてしまい、時には何をもらったかさえ覚えていないこともあります。

 

でも、なぜでしょう、おめでとうと言ってもらえた記憶は消えないんですよね。

自分の目にはケーキしか映っていなかったかもしれないけれど、そこに両親の笑顔があり、兄弟が早くケーキを食べたい、自分はイチゴの所、自分はクリームのところと言って過ごした楽しい時間、それらは記憶から消えることがありません。

 

さて、いつの間にはお祝いのケーキはなくなっても、

「今日は誕生日だね」

と毎年言ってもらえます。

そしていつの間にか、自分の誕生日に親に感謝をするようになりました。

母の日が近いのでそれと兼ねて何かを贈ったり、又は言葉で感謝を伝えたりしています。

物があるよりも、言葉の方がなんだか重みを感じるのは私だけでしょうか。

物で照れくささをごまかす感じが、ちょっとせこいような、ちょっと便利なような(笑)

 

さて、週末は母の日。

何かプレゼントを買ってこよう。

産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。

いつも守ってくれて、ありがとう。

少し照れるけどね。。。

 

 

母の日の注文が始まりました。

ひざ掛け使用例

ペットのお写真で作るオリジナルのひざ掛け

ボーダーコリーグッズ

編物で出来た作品です。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

今年も始まりました、母の日のご注文ラッシュ。

ラッシュと言っても、まだまだ少ないですが、これから母の日にかけて増えていくと思われます。

4月から毎年徐々に忙しくなり、母の日の数日前まで注文が続きます。オーダーが大変混み合う時期ですので、ご注文のお客様はお早めにお願い致します。

2週間前からはお急ぎ料金がかかりますのでご注意下さい。

 

当店では2017年現在で宣伝はしておらず、今後も今のところその予定はありません。

知人が楽天市場で母の日セールをやっていますが、今年はお客さまのご注文も早いそうです。皆さんが早めにご準備されているのですね。

ただ、今年の問題点はなんと言っても配送に持つの急増。

ネットでの注文がどんどん増えていますので運送業者の手配が追いつかず対応が出来ないようです。

特に関東地方では配達遅延が発生する可能性がありますので予めご了承下さい。

ご自宅へ送って一旦ご自身が受け取られる場合には当日配達よりも前もって受け取られることをお勧め致します。

 

1年で一番忙しいのがクリスマス、それに次いで注文が増えるのが母の日。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

私たちも作成頑張ります☆

 

お母さんに元気になってほしい

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

編物の工場である当店では、ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

ひざ掛け使用例

編み込み模様で作った作品だよ♪

編物で出来たオリジナル作品

商品の詳細

改めましてこんにちは、ファンデルワンのミアサです。

編物一筋数十年、祖父の代から続く編物家族です。

私の趣味でうちの子(ペット)オリジナルのニット製品を作っていた頃から10年が過ぎ、今では様々な目的で作成依頼を受けるようになりました。

主にペットを飼っているお友達やご家族へのプレゼントで作成をお受けしているのですが、中には亡くなったペット達も少なくありません。

『お母さんの誕生日プレゼントを探していて、偶然見つけ、3年前に亡くなった愛犬のグッズを作りたくなった。』

または

『家族の愛犬をなくし、妹が悲しんでいるので元気付けてあげたい』

というお客様が増えてきています。

 

私たちも愛犬(ニューファンドランド犬)を亡くしたことがあり、ペットを亡くしたときのお気持ちが良く分かりますので、日々お客さまのメールを拝見しつつ、今一番辛い時期であることとか、だいぶ元気になられた頃かな、など色々気になりながらクッションやひざ掛けを作っています。

 

さて、実はこのホームページを見つけてもらえるまでは、皆さんは写真で編物のひざ掛けが作れるなんて知っている人は少ないと思います。

そしてたまたま見つけてくださり、そのご縁にお客様も私たちスタッフも感謝する、そんな流れが生まれています。

 

もっと沢山の人に知ってもらうにはどうしたら良いのかな?

毎日考えているのですが、編物についてはアイデアは出てくるものの、このホームページや販売の事に関しては専門ではないのでなかなか難しいところです。

そんなわけで、「他のお客様はこんな使い方をしているよ」という例のご紹介がてら、お母さんへのプレゼントにいかがですか?というお話をさせて頂きましょう。

お母さんの誕生日

先ほども少し触れましたが、当店にお寄せいただくご依頼は主にプレゼント用です。

その多くはお母さんの誕生日。

そしてお友達。

そして彼女さんへのプレゼントと続きます。

10年前は彼女さんへ贈りたいという方もとても多かったのですが、最近の統計だと彼氏彼女がいる若い世代というのは年々減ってきているらしいのです。

それに、若い世代の人口も減ってきているとか。

そのためか、彼女に贈りたいんだというお客さまの数は年々減ってきているように感じます。

逆に、震災以降家族の絆を大事にしたいと思う人が増えたらしく、ご家族やお友達の誕生日でのご利用が増え、また結婚式やお祝い事となる人生の節目でのご利用も増えて来ました。

 

以前はそのような誕生日や結婚式などの場面で亡くなったペットのオリジナルグッズを贈るという人は少なかったのですが、今では当店のお客さまのおそらく半数近くの方が既に亡くなっている犬や猫ちゃんのお写真で作成されます。

 

ペットをなくして以来、次の子を飼えなくなったという方もいらっしゃいますが、辛かった時期を乗り越えて元気になってきて、ペットのグッズと向き合えるようになってきているのかもしれませんね。

 

母の日の準備

ひざ掛け使用例

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作成しています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの瞳。

編物で作った作品です。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

まだ3月だと言うのに、今年も少しずつ母の日用のご依頼が入ってきています。

皆さんが早いうちから準備されているんですね。

毎年3月中に一度注文が増えて、4月に入ると少し落ち着きます。

そして4月下旬から5月2週目辺りにかけて注文のピークがやってきて、母の日間際にお急ぎコースのご依頼が来るというのが毎年の流れです。

今年も忙しくなりそうですね!

と言うわけで私たちはゴールデンウイークはのんびりと休むことが出来ません^^

母の日と言えば、お母さんに感謝の気持ちを伝える日。

と言っても、それ以外の日でもちゃんと伝えましょうね。

それはちょっと照れくさい、急に何もない日に「ありがとう」なんて言ったら、お母さんに「どうしたの?」なんて言われそう。

私も同感です^^

だけど、私は病気をした経験もあり、今では以前と比べると自然な気持ちでありがとうを言えるようになりました。

夕飯の差し入れでももらったら「ありがとう。」

旅行のお土産をもらったら「ありがとう。」

駅まで車で送ってもらったら「ありがとう。」

と言う感じで、日常的に使う言葉になりつつあります。

 

先日母と話していまして、母は60歳過ぎてもまだファンデルワンで一緒に仕事をしていますので、

「僕ももう少し親孝行しなきゃと思うんだけど、何をして良いか分からない」

と言うようなことを母に伝えましたら、その言葉だけで嬉しいようなことを言っておりました。

もっとこのクッションが沢山売れるようになれば親孝行になるんですけどね^^

なかなか上手く行きません。

さて、私の母の日の贈り物と言えば、毎年花を贈ります。

いつも行くホームセンターで鉢植えやブーケの企画をしてくれて、かわいい花が並びます。

ここは地域に根付いたホームセンターで、このお店の花は強くてなかなか枯れないし、アレンジもとてもかわいらしいんです。

何を贈っても喜んでくれる母ですが、今年は何か別の物をといつも思いつつ、結局花が定番になってます。

今年もお花にしようかな。

実はカーネーションを贈ったことがないので、今年はカーネーションにしようかな。。。♪

 

田舎の母へ

ペットオリジナルプレゼント

ペットのお写真でクッションやひざ掛けなどを作成しています。

飼い主さまへのプレゼントにいかが?

ひざ掛け使用例

商品の詳細

 

ファンデルワンのブログへようこそ。

お写真そっくりのオリジナルグッズを、編み込み模様で作成しています。

 

この10年ほどで物流インフラは大きく変わり、荷物は持ち運ぶものではなく送る物になりました。

田舎で暮らすお父さんやお母さんへのプレゼントも、以前は郵便小包だったかもしれませんが今では沢山の宅配業者があり、コンビニで手軽に送ることができます。

当店の作品もご注文者様はお手を煩わすことなく注文から発送までネットで手続きができ、お届けはお贈り先様へ当店から直接発送させて頂いております。

田舎で暮らすご家族へのプレゼントの贈り方も変わりましたね^^

本日はそんな方を主人公とした物語形式で当店のひざ掛けのご利用シーンをご紹介させて頂きます。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。

物語

 

誰もいない自分の部屋に帰って、ソファーに座り、ほっとした瞬間フワッと涙が溢れ出す。

そんな日々を過ごした半年前。

あの頃は頑張ってたな。

お母さんに何度電話したっけ。

仕事を変え、私も少しずつ元気になり、自分の時間も持てるようになった。

転職は迷ったけれど、仕事辞めてよかったと思ってる。

今の職場もやりがいあるし、何よりちゃんと私を人として扱ってくれてる温かい感じが嬉しい。

お母さんにも心配かけたけど、もう大丈夫だ。

 

「もしもし、お母さん?元気?」

たまにこうやって電話してる。

記念日とか、あまり何もしない人だけど、でも何か贈ってあげるととても喜んでくれるから。

「もうすぐ誕生日でしょ。何か欲しい物ない?」

いいよ、いいよと言われるのは分かってる。

だけど、こうやって電話して、誕生日を覚えてて、気にかけてる、それでお母さんが喜んでくれるならと思って・・・。

 

「圧力鍋とか、どう?」

 

そっか、もうお母さん一人だもんね。

小さな鍋があれば十分だよね。

 

「みぃちゃん元気?」

母は猫を飼い始めた。

私が頼んでも飼ってくれなかったのに。

保護猫で里親募集中だったとか言ってるけれど、きっと自分から見にいったんだろう。

猫の話をすると嬉しそうに話してくれる。

 

『そうだ、今度の誕生日は猫のグッズにしよう。。。!』

 

私は電話を切り、また自分の部屋で一人の時間に戻る。

こんなに狭かったっけ?この部屋。

物が増えた。

あの子(彼氏)の物もだいぶ増えたな。

そうだ、あの子が言ってたっけ、ペットのオリジナルのグッズ。

なんだったかなぁ、刺繍だか何だかでひざ掛けか何か作ってくれるやつ。

早速聞いてみよう。

電話電話・・・。

あ~、もう。充電無いや。

そろそろ機種変しよっかな。。。

 

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

 

一人暮らしの母へ、誕生日プレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの瞳。

編物で作った作品です。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

ペット好きの方、飼い主さまへのプレゼントに、お写真そっくりオリジナルのクッションはいかがでしょうか。

 

本日はお客さまのご利用シーンを物語り形式でご紹介し、商品のご案内をさせて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり、、、☆

 

物語

 

父が他界して3年、母は実家で一人暮らしとなった。

近所付き合いも苦手な人なので心配していたけれど、ノラ猫にエサをやったり畑の手入れをしたりと、なんだかんだで上手くやってるらしい。

「もしもし、お母さん、元気?」

「こないださ、みぃちゃんが・・・」

 

そうか、猫はみぃちゃんって名前なんだ。

「頭触らせてくれてね・・・今度首輪を買ってきてやろうかと・・・」

 

ふ~ん、良い感じだね。

心配しているけれど、楽しくやってるみたい。

 

「一人で大丈夫?こっち来て一緒に暮らさない?」

「何言ってるの、この家どうするの。」

 

確かにそうだ。

私には兄弟2人いる、三兄妹。

私の嫁ぎ先が一番近かったのだが、兄達もそれなりに気にしてはいるものの、遠方なので何も出来ないでいる。

 

家は代々続く旧家、というほどでも無いが、いわゆる本家。

父が長男で、先祖3代くらい継いでいるのかな?

立派な日本家屋だ。

裏には山を持ち、田んぼや畑、竹林がある。

小さい頃は父と2人の兄と一緒に良く遊んだものだ。

私はいつも転んで泣いてしまい、父に抱かれて夕暮れの中を家族で帰る。

母は大きな家で、おばあちゃんと一緒にご飯を作って待っている。

 

つい十数年前までそんな生活をしていた。

 

時代も変わり、母は都会では暮らせないという。

正直自分も田舎の暮らしが好きではあるが、働き先の無い田舎では暮らしたくても暮らせない。

 

まだしばらく母の一人暮らしは続きそうだ。

 

そんな母だから、プレゼントは案外困る。

良い服を贈ってもすごく喜ぶがダンスに仕舞ってしまう。

スイーツもちょっとつまんだらそれで終わり。

市場で買ってきた果物の方がよっぽど喜んでくれる。

 

そんなプレゼントで困らせる母だから、今回はちょっと捻ったプレゼントを考えてみた。

そうだ、母の大好きな猫のみぃちゃん、この子のグッズを作ってあげよう。

お母さん、いつまでも元気でいてね。

今度の休み、お母さんの誕生日に帰るからね。

 

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

ママの好きなもの

ペットオリジナルプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルグッズ♪

ご家族やペットを飼っているお友達の誕生日プレゼントに。。。♪

編地

編み込み模様でペットを描いています。

商品の詳細

 

ママの好きなもの、それは甘い物。

夕飯のあとはいつも何か食べている。

ママの好きなもの、それはスマートフォン(笑)

肌身離さずSNSやってる。

全く、誰とやってんだか。

ママの好きなもの、それは愛犬トイプードル。

この子が来てからSNSが減ると思ったけど、逆に増えた気がする。

 

ママの好きな物。

それは、たぶんパパ。

なんだかんだ言って、二人は仲が良い。

・・・のだと思う。

娘の私には分からない何かが2人の間にはある。

19才にもなるとそんな事を感じるこの頃。

 

ママとパパの好きな物。

それは映画、デート、外食、お買い物。

私がいない日は必ずと言っていいほど2人で出かけているらしい。

 

ママの誕生日。

いつもパパからプレゼントをもらってる。

私も一応上げているけれど、パパのプレゼント以上に喜んでくれるけれど、本当は知っている。

パパからも貰う物の方が嬉しいと。

 

パパはママの趣味を完全に把握している。

私には、いまいち分からない。

というより、パパからもらえるものなら何でも嬉しいといった風。

今年私が選んだプレゼントはパパに負けない自身があるぞ。

競争しているわけではないけれど、パパとも仲良くやってるけれど、ママが心から喜ぶ顔を見たいんだ。

パパ、今年は勝負だ。

我が家の愛犬マロンの写真で作った、オリジナルのひざ掛けを贈ろう。

 

だけど、私は本当は知っている。

ママがなぜあんなに喜んでいるか。

なぜあんなに幸せそうなのか。

 

それは、パパ、毎年お手紙書いてるんだよね。。。

 

今年は私も書いてみようかな。

 

メッセージ入り便箋

 

オカンの誕生日

オカンの誕生日

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

編地

編み込み模様で描いています。

商品の詳細

 

オカンの誕生日。

まぁめんどくさいっていえば面倒だ。

正直なところ、ここだけの話し照れもあるんだろう。

だけど、一人暮らしを始めて、オカンのありがたさが身に染みて分かるよ。

思えば結構反抗期強かったな。

自分が大将になってた。

これを内弁慶っていうのだな。

恥ずかしいよ。

誰か言ってた。

過去の自分が恥ずかしいと思い始めたら、少し大人になったって事だ、って。

これからどんどん恥ずかしくなっていくのか。

参ったな、やめてくれよ(笑)

 

オカンの誕生日か。

そういえば小さい頃は似顔絵描いたことがあったっけ。

どうしてそんなに喜ぶの?って思ったのを覚えてる。

5歳くらいの僕を抱きしめてくれた。

 

たまには怒られてたけど、キホン、優しかったな。

オヤジが厳しかったからな。

 

ていうか、オヤジうざかった。

 

オカン、52歳か。

年とったなぁ。

これからは感謝しなきゃ。

肩たたき券、一緒に入れておくかな。

たぶん、使わねぇだろうけど。

 

ずっと取っておく。それがオカンだ。

俺らが送った何気ないFAXも。

俺が送った仕送りも。

俺が送った初任給のプレゼントも。

俺が書いた似顔絵も。

全部使わずに取ってある。

 

これは、飾ってくれよな。

エルの、クッションだぞ。

エル、懐かしいな。

天国で、元気にしてるかな。

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細