ペットメモリアルグッズ/一緒に過ごした大切な時間、かけがえのない思い出を形に残すオリジナルグッズ

メモリアルグッズ

トップページ > メモリアルコーナー

ペットのオリジナルタペストリー メモリアルグッズ

ペット達は私達に色々なことを教えてくれます。

そして最後に何かを残してお星様に帰って行きます。

 

ムックがいなくなってから、皆が少し優しくなったような気がします。

父も母も、兄も妹も、あまり怒らなくなったような気がします。

 

悲しみは乗り越えるものではないのかもしれません。

悲しみは心に留めて、一緒に生きていくものかもしれません。

 

ムックは私達に優しい気持ちを教えてくれたのかな。

 

無理して乗り越えようとせず、

この寂しさと一緒に生きていくというのも

もしかしたら良いのかもしれません。

星の中のペットたち

この町にはムックと過ごした我が家の明かり、そしてムックが看板犬を勤めた当店の明かりが今でも灯っています。

星をみていると、この中のどこかにムックがいるのかな・・・そんな事を考えてしまいます。

ムックと私

 

こんにちは、ファンデルワンの三浅と申します。ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。(商品はこちら

ムックは2007年の秋にお星様になりました。左の写真はムック一緒に撮った一枚です。(2001年頃撮影)

一緒に写真をもっと沢山撮っておけばよかったな。。。

 

ムックがいなくなり長い年月が経ち、また私が病気をしたこともあって今は命の大切さを感じながら生活しています。

 

ムックと私のプロフィールはこちらをご覧下さい

 

 

病気から復帰し、私は星を見るようになりました。

星を見ていると悲しい気持ちや辛い気持ちはすーっと消えてなくなり、いつしか、星たちに話を聞いてもらっているような気持ちになります。

星の写真もご紹介していますのでご覧下さい。

星になったムック→ http://www.amimono.co.jp/memory/dogstar/star/ 

 

私達は仕事で編み物をしています。その編み物の技法のひとつに編み込みという模様があります。

編み込みの柄の入ったセーターなどを思い浮かべてもらえると分かりやすいかもしれませんね。

その技法を使い、私達はムックの写真でオリジナルグッズを作っていました。

そんなある日、お客様からのご要望で愛犬の編み込みグッズを作って欲しいと言われるようになり、今ではペットのお写真そっくりに、編み込み模様で作ったオリジナルグッズを作成しています。

ペットのタペストリー,メモリアルグッズ

こちらがその作品。 商品一覧はこちらをご覧下さい

茶色やベージュ色の糸を編んで作っています。普段は飼い主さまへのプレゼント用のご依頼が多いのですが、お客様からのご要望で、亡くなったペットのメモリアルグッズの作成をお受けする事も増えて来ました。

 

当初、私達には迷いがありました。

メモリアルグッズを作成する事で、返って悲しみが深くなってしまうのではないかと・・・。

でも、お客様からはお礼を言って頂きました。

泣きながら電話を下さる方、お手紙を下さる方、生前のペットの写真や祭壇の様子を送ってくださる方、多くの方が喜んでくださいました。

 

ペットを亡くし、悲しみの中にいる人を無理に元気付けるのではなく、傍に寄り添ったり、ペットのオリジナルグッズや写真を見て涙を流したりしてもらう事で、少しずつ別れを受け入れられるようになるのかもしれません。

そのお手伝いをしているのがこのペットメモリアルグッズなのかな、そう思うようになりました。

作品への想いはこちら

 

作品は天国のペットたちからの贈り物という気持ちをこめて作成させて頂いております。

そして私達にとってはこのファンデルワンというお店そのものが星になった愛犬ムックからのプレゼントなのかなと思うこの頃です。

 

お客さまの声

 

毎日のようにお客さまからご感想とお写真を頂きます。

その中からレビューに書いて頂いたものをいくつかご紹介させて頂きます。

 

宇宙(そら)ファミリーより:
2016 年 1 月 14 日 11:31 PM
無事に宇宙にまた会えました。どうも有難うございました。
宇宙は一昨年亡くなってしまった我が家の大切な子どもでした。
大切に使います。ありがとうございました。
またお願いしたいと思っています。そのときは宜しくお願いします。

 soraちゃんの作品

 


匿名 より:
2015 年 7 月 23 日 10:53 AM
この度は、お世話になりました。
愛犬を亡くして落ち込んでいた妹への誕生日プレゼントという事で、急でしたが日にちも間に合いおかげ様で素敵なBDとなりました。
確認の為にブランケットの箱を開けた瞬間、渡す側の私がすでに涙涙でした。
ニットがとても温かい気持ちにしてくれたのだと思います。
そして妹も、ニットでできたリボンの足跡マークを見て「もしかして?フェアリ(愛犬)?」と言いながら開ける前から涙涙で、開けてからは母と私と妹とで涙涙でした。
すごく喜んでくれて「大切にするね」と話してくれました。
素敵なプレゼントができた事を嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します

 妹さんへのプレゼント


ritsuko より: 2014 年 12 月 7 日 11:37 AM 注文から納品まで、スムーズで早かったです。そして思ったとおりの、温もりを感じる素敵なクッションでした。 11月15日の結婚式の受付で、9月1日に16歳で亡くなった愛犬のはなちゃんにも、ゲストの皆さんをお迎えしてもらいました。お願いして良かったと思っています。優しいお手紙にも涙が溢れそうでした。今度はひざ掛けが欲しいな。この度は本当にありがとうございました。

 

ファンデルワンのご紹介

ファンデルワンではクッションやひざ掛けなど、主にプレゼント用のご依頼が多いです。

下のお写真をご覧下さい。

vanderwan

ファンデルワンの詳細はこちら

お客様からは大変喜ばれ、今でも愛犬ムックの存在を感じながらファンデルワンのお仕事をさせて頂ける事に日々感謝しております。

 

プレゼント用のグッズは商品価格を抑える為に色々な部分で簡略化を駆使していますが、メモリアルグッズをお求めになられる方の多くは、お値段はいくらかかってもいいから良い物を作って欲しいと言われます。

そこでプレゼント用の商品とは別企画で、メモリアル用の商品として少し高額になりますがこだわりの作品を作らせて頂いております。

メモリアルボード

メモリアルボード (モデル犬:ムック)。

こちらはメモリアルボード。編地を木枠のボードに貼り付けた物です。

一緒に暮らした思い出の日々を収めた写真で作っております。春の日差しの中、公園を駆け回った時の写真や、雪の中を楽しそうに走り回った写真、いつものお気に入りの位置で眠っている写真、全てがかけがえの無い思い出です。その中のお気に入りの一枚を形にしてお部屋に飾りたいと言うご要望から生まれた商品です。祭壇に飾られる方もいらっしゃいます。

ペットのオリジナルタペストリー かわいいインテリア

こちらはタペストリー。

1つの作品にお写真3~4枚程度入れることが出来、お部屋にも飾りやすい事からメモリアルグッズの中で一番多く作成させて頂いている作品です。

タペストリーの詳細はこちら

 

 

星になったムック

ムックがいなくなり、私は星を見るようになりました。

その時撮った写真と、ムックへの思いを綴っています。

星になったムック

星になったムック

新着記事

2016.08.19

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

当店ではペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しておりますので、お客様の中には亡くなったペット達の思い出のグッズを作られる方も多いです。

ペットメモリアルグッズに乗る3代目看板猫

こちらは天国の愛犬ムックの作品。

それに座る猫は、今飼っているソラです。

 

お客さまへお届け後は、この作品を心の支えとして頑張っていくと言ってくださる方もあります。

 

私たちの心は一人では立つことも歩く事も出来ないのかもしれません。

元気な人でも時々小さな物につまずいたり、大きな穴に落ちたりします。

生まれてから一度も落ちこんなことの無い人なんていないでしょう。

 

でも、その穴の大きさや深さは、私たちには想像できない場合があります。

ペットが亡くなっても、次の日から笑顔を取り繕って学校や職場に行く事が出来る人もあれば、部屋から出られないほど落ち込む人もいるのです。

 

当店の作品を作られる方には色々な傾向があります。

まず、ご自身用に思い出の作品を作られる方は、案外元気な方が多いです。

オリジナルグッズを探してて、自分で調べて注文する。

時にはお電話を頂き、元気な声で、しかしどこか淋しそうな声でお問い合わせをくださいます。

案外冷静な方が多いです。

だけど、本当はとても悲しくて、誰も見ていないところでは泣いているのかな、作品を抱きしめながら涙を我慢しているのかな、と感じる事も・・・。

 

その一方で、落ち込んで、部屋から出られず、泣いてばかりの人からの作成依頼は、無いわけではないですがとても少ないです。

恐らくネットで探す元気もないのかもしれません。

そういう場合は、その周りの方、ご家族やご友人からのご依頼があります。

少しでも元気付けてあげたくて、そういってご注文くださいます。

 

そしてお届け後に頂くお礼の言葉。

泣いて喜んでもらえました。

宝物にします。

心の支えになります。

妹が部屋から出てきてくれました。

家族みんながもらい泣きをしてしまい・・・。

等など。

 

そういう言葉を頂くと、大事な仕事をしているのだなぁと身の引き締まる思いがするのです。

 

人生にはたくさんの落とし穴があります。

そこに落ちるきっかけはちょっとつまずくような小さな小石かも知れません。

折れてしまった心は、目には見えない痕跡が残ります。

 

そこを優しく包んで上げられるもの、支えてあげられる作品を作れたらな。

そんな風に思うのです。

 

プレゼント用のご依頼が多かった当店の作品ですが、今ではプレゼントと亡くなったペットのメモリアル用のご依頼が半分ずつくらいになってきました。

それぞれの目的に応じたご利用に心を込めて対応させて頂きます。

 

トップページに戻る

 

 

 

2016.08.12

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットのオリジナルグッズを作成していると、亡くなった子たちの思い出の作品を作成される方がとても多いです。

思い出のアルバム、作品と猫

こちらはただ今飼っている黒猫のソラ。

ソファーにかかっているのは、天国のムックの作品。

最近はすっかり笑って向き合えるようになりました。

 

お客様の中には、お問い合わせのお電話の途中で泣かれる方が少なくありません。

当店へのお問い合わせは、泣いても良いのです。

なぜなら、ここは泣くための場所だから。

 

亡くなった子の作品を作る時はいつも星空を思い出します。

 

ペットロスでウツになる方もいらっしゃいます。

しかし、ペットロスやうつ病は、時に理解してもらえない場合もあります。

だから悲しみを隠し、頑張って学校や会社に行き、笑顔を取り繕って、でもやっぱり淋しくて。。。

 

本当は泣きたいのに、泣けない人たち。

 

そういう人たちが作品を作ったり、星になったムックを読んだりしてくれて、

「お仕事でおいそがしいのは分かっています、こんな電話してすみません。」

なんていいながら、商品のお問い合わせ中に涙して・・・。

 

いつの間にか、そういうお店になっていました。

 

私も以前、うつ病を経験しました。

この感覚は、なった人にしか分からないかもしれないですね。。。

 

オーダーメイドなので、具体的なお客様の作品やエピソードをお話しすることは出来ないですが、今苦しんでおられる方、同じ境遇の方は他にもいらっしゃいます。

ひとりじゃない、自分だけじゃない。

分かってくれる人はいる。

そう思えるだけでも少し楽になれるかな?

 

無理やり外に出て元気を出すっていう荒療治もあるのかもしれませんが、悲しい時にはちゃんと悲しみと向き合ったほうが、早く元気になると思うのです。

泣ける場所をひとつ持っておくと良いでしょう。

皆さん、その為にクッションを作成されるのかもしれません。。。

 

 

2016.08.02

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

ペットのメモリアルグッズを作成していると、お客さまからペットロスについてのご相談をお受けすることも少なくありません。

何年連れ添い、どんな癖があり、どこに散歩に良き、そして最期の時の話・・・。

皆さんが泣ける場所を求めて当店をいらっしゃるのかもしれません。

 

実は私は過去にうつ病になった経験があります。

5年くらい経った頃から徐々に克服していき、今ではすっかり元気になったのですが、当時は真っ暗な闇の中に生きていました。

 

ペットロスで苦しんでいらっしゃる方々も、恐らくそれに似た境遇の中で生きていらっしゃるのかもしれません。

出口の無い悲しみの中、元気になりたい気持ちとうらはらに心がついてこない。

 

周りの方々にも迷惑がかかるんじゃないだろうかと言う責任感。

それが更に自分を追い詰めているかもしれません。

 

私の場合、ウツの克服の第一歩は、自分がうつ状態にあることを自分自身が認識することでした。

病院へ行き、家族に話し、少しゆっくりさせて欲しい。

そう伝えることが出来た日から、何かが変わり始めた気がします。

 

当時は辛く苦しかったのですが、その勇気をもてたから、前に進むことが出来たのかも。

そして5年が経ち、私は復活しました。

 

色々な方にお話を聞いてもらうことができ、またよきアドバイスを頂くことが出来ました。

 

当店のお客さまももしかしたらその状態なのかもしれません。

少しずつ、前に進めるように頑張っている姿と、何かにすがりたい気持ちが伝わってきて、当時の自分を思い出します。

 

私たちはペットのお写真でクッションやひざ掛けを作成しています。

お客さまは我が子の作品を見て、涙し、抱きしめ、お部屋に飾り、明日からまた頑張れそうだといってくださいます。

私たちにできることは作品を作る事しか出来ませんが、それで少しでも心が癒されるのであれば、今日のお客様の作品も心を込めて作成させて頂きます。

 

ひとりじゃないよ。

ペット達はすぐそばにいてくれています。

 

メモリアルグッズ作成ブログ

2007年秋に看板犬ムックがお星様になりました。

今でもムックと一緒に作るファンデルワンの作品達。

その様子をご紹介する、お店ブログです。

 

お店ブログ

 

ムックの最期の日はこちら