サークル、バイトの仲間でサプライズパーティー

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真で作るサプライズプレゼント。

わんちゃん猫ちゃんを飼ってる人への誕生日プレゼントにご利用頂いています。

オーダーメイドクッション

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

サークルやバイト仲間など、友達数名から贈るプレゼントの場合は多少金額が上がっても贈ることが出来ます。

そんなご依頼が多いので、本日はサークル仲間で企画するサプライズ誕生日パーティーの場面でクッションを贈ろうというシチュエーションで商品のご紹介をさせて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり☆

物語

 

「お疲れさま~乾杯~☆」

今日はバスケサークルのお疲れさん会。

いわゆる飲み会だ。

みんな職業はばらばらだけど年も近いし友達が友達を呼んでくるといった流れでだんだん人数も増え、やっと自分達だけでゲームも出来るようになってきた。

 

設立当初からずっと一緒のY子。

今日の飲み会も幹事の一人だ。

というか、幹事はいつも決まったメンバーだが・・・。

しかし今回はY子を外した裏幹事がある。

Y子に内緒で彼女のサプライズ誕生日のお祝いをするのだ。

なるべく失敗をしないように企画は極力単純なものとする。

プレゼントで泣かせる。

皆でお祝いして全員が参加する事とする。

 

で、考えた結果、こうなった。

上手くいくかな。

 

みんな飲んで食べて盛り上がりも最高潮。

よし、そろそろかな。

パチっ。

S太が電気を消す。

「おー」とか「きゃ」とか、それぞれ自然と声が出る。

肝心のY子は「何?何?停電?」

よしよし、あわててるぞ。

M子、今だ。

準備していたM子がケーキのロウソクに火をつけて隣の部屋から入ってくる。

「Happy Birthday to you~♪」

歌う声が一人、また一人と増えて行き、あっという間にみんなで合唱。

Y子がやっと状況を把握できたのか、それでもまだ驚いた様子で泣き出した。

「誕生日おめでとう。そして、いつもありがとう。
みんなからのお祝いです。」

 

泣き崩れるY子。

指笛や拍手でお祝いするメンバー。

やっとの思い出ロウソクの火を消し、またみんなの拍手。

少し落ち着き、部屋を明るくし、まだ少し泣いているY子にプレゼントを渡す。

もう十分驚いているが、渡されたプレゼントのラッピングからすかして見える中身のクッションにまた急に泣き出す。

 

これって・・・!

そう、彼女が以前飼っていた愛犬。

エルちゃんのオリジナルクッションだ。

「Y子、エルちゃんだよ。」

M子が優しく声をかける。

愛犬が亡くなったとき、M子が相談に乗っていたらしい。

僕らにはそんな様子は見せなかったが、相当寂しかったようだ。

 

喜んでくれたかな?

みんなの言葉にひたすら頷くY子がかわいく見えた。

 

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細