ペットの遺影

ペットの遺影

ペットのお写真でオリジナルの遺影を作成しています。

編物で作った遺影

作品は編物で作った遺影になります。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

糸を編んで作った作品になります。

糸

こちらが材料の糸。

ちょっと変わった、高級感ある作品に仕上がります。

 

普段はクッションひざ掛けを作成しており、主に飼い主さまへのプレゼント用にご注文をお受けしているのですが、このオリジナルボードに関してはほとんどの方が亡くなったペットの遺影や思い出の品として作成されるようです。

そしてリピーターさんが多いのもこの商品。

愛犬の四十九日でひとつ、一周忌のときにもうひとつ。

別のお客様では、1匹目のわんちゃんとのお別れの時にひとつ、その兄弟で2匹目のお別れのときにもうひとつ。

額縁をオーダーで作成されて飾っていらっしゃるようです。

お客さまのお写真の中にはあまり画質の綺麗でないものもあります。そういう場合はお写真の変更をお願いすることもあるのですが、昔の写真であったり、もう撮り直すことが出来ないこと、又は一番気に入っているお写真である事などから、多少鮮明さは欠けてもそのまま作成をご希望の方が多いです。

お写真の画質が悪い場合は出来栄えとしてはぼやけたデザインの作品になってしまいます。それでも飼い主さまにとっては掛け替えの無い一瞬を切り撮った一枚。大変喜んでいただきました。

 

我が家の愛犬が天国へ渡ったとき、世間ではまだペットの祭壇を飾るという習慣はありませんでした。

その為オリジナルのグッズなども販売されておらず、我が家では写真立てに写真を飾り、印刷した写真をアルバムに収めて飾る程度でした。

そんな状況でしたので、私たちは当初はペットの遺影を作成するということも考えておらず、編物の技術でオリジナルのグッズが作れるという意識しかありませんでした。しかしお客様から遺影にしたいとか、祭壇に飾るものを作って欲しいとか、お供えの品を作りたいなどのご意見を頂き、こちらのボードを作成するようになりました。

そんなわけで、実は私たちがムックの祭壇を飾ったのはつい最近のこと。亡くなってから何年も経ってからもことでした。

その時ふと気がつきました。

ここに、この祭壇にムックがいる。

愛犬の遺影、愛犬がいる場所

天国にいったはずの愛犬ですが、こうやって居場所を作ってあげることでなんだか今でもそこにムックがいるみたいです。

自然に話しかけてあげることも出来ますし、この子が帰ってくる場所としても役立ちそうです。

こんなに安心するものなんですね。

自分の心の居場所のような気持ちにもなりました。

泣きながらお礼を言われるお客さまの気持ちが分かった気がします。