ペットメモリアルグッズで、ペットロスから元気になったお客様

ペットを亡くした方へのプレゼントにご利用頂いた例をご紹介します。

またご自身用に作成されるお客様の特徴や作成時の注意点、お勧めポイントなどもご紹介しますので参考にして下さい。

ペットメモリアルグッズ

詳細はこちら

メモリアルグッズとしてご購入下さったお客様の作品

ご家族へ贈られたお客様をご紹介します。(レビューより)

家族の誕生日にプレゼント

愛犬を亡くして毎日泣いていたという妹さんへの誕生日プレゼントとして、お姉さまからご注文頂きました。

匿名 より:
2015 年 7 月 23 日 10:53 AM
この度は、お世話になりました。
愛犬を亡くして落ち込んでいた妹への誕生日プレゼントという事で、急でしたが日にちも間に合いおかげ様で素敵なBDとなりました。
確認の為にブランケットの箱を開けた瞬間、渡す側の私がすでに涙涙でした。
ニットがとても温かい気持ちにしてくれたのだと思います。
そして妹も、ニットでできたリボンの足跡マークを見て「もしかして?フェアリ(愛犬)?」と言いながら開ける前から涙涙で、開けてからは母と私と妹とで涙涙でした。
すごく喜んでくれて「大切にするね」と話してくれました。
素敵なプレゼントができた事を嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します

編物アートカルテット

続いてはコーギーのSORAちゃんです。

宇宙(そら)ファミリーより:
2016 年 1 月 14 日 11:31 PM
無事に宇宙にまた会えました。どうも有難うございました。
宇宙は一昨年亡くなってしまった我が家の大切な子どもでした。
大切に使います。ありがとうございました。
またお願いしたいと思っています。そのときは宜しくお願いします。

お客様のメモリアルグッズ

結婚式の受付でご利用頂いた例

ritsuko より:
2014 年 12 月 7 日 11:37 AM 注文から納品まで、スムーズで早かったです。そして思ったとおりの、温もりを感じる素敵なクッションでした。 11月15日の結婚式の受付で、9月1日に16歳で亡くなった愛犬のはなちゃんにも、ゲストの皆さんをお迎えしてもらいました。お願いして良かったと思っています。優しいお手紙にも涙が溢れそうでした。今度はひざ掛けが欲しいな。この度は本当にありがとうございました。

お客様のメモリアルグッズ

娘さんの誕生日に

ルクママ
素敵なクッションをありがとうございました。娘の誕生日プレゼントに贈りました。
16年半を共にすごした家族のルクが亡くなり、直ぐにクッションを依頼しました。まだ悲しみも癒えてないのに早いかな?とも思いましたが、老犬介護仕様だった家が、日に日に人間仕様に変わりゆく中で、ルクを増やしてあげたかったのです。
クッションを見た娘は「ルクだ〜」と泣きました。私も泣きました。
娘はルクを抱くようにクッションを抱いています。
本当に素敵なプレゼントをありがとうございました。

ルク

ペットメモリアルギフト

ペットを亡くした人へ、悲しい気持ちを慰めてあげたい、早く元気になって欲しいという気持ちをこめた贈り物として使われています。どのような時に誰に贈られるケースが多いかご紹介します。

家族に贈る場合

一番多いご利用用途が、亡くなったペットの写真で作るご家族へのメモリアルプレゼントです。ペットが亡くなった悲しさは家族全員が同じだと思いますが、中でも一番世話をしていた人や感受性の強い人はペットロスになる事もあります。そんな時に思い出の品を作ったて慰めてあげたり誕生日などにプレゼントしたりされています。

猫のメモリアルグッズ

友達に贈る場合

お友達へ贈る場合は、ペットがきっかけで知り合った仲間同士の場合が多いようです。しかも、同じ方が何度もご注文されています。わんちゃんがきっかけでお友達になった方々へ、愛犬を亡くされた人がいたらその都度仲間同士で予算を出し合い、ご注文されるそうです。

贈るタイミング

亡くなったペットのメモリアルグッズを贈る時は、タイミングを良く考えたほうが良いでしょう。慰めるつもりで贈っても、返って悲しみが深くなる事もあります。また人に会うのさえつらいときにはそっとしてあげる優しさも必要です。

皆さんがどのタイミングでプレゼントしているかご紹介しますので参考にして下さい。

亡くなってすぐ

家族に贈る場合は、ペットが亡くなってすぐに作成されることがあります。家族だからこそ気持ちが分かる事もありますし、家族のペットが亡くなる悲しさは自分自身も同じです。同じ気持ちを分かち合っていると感じたとき、心が救われることもあります。それが身近にいる家族だったらどれほど心強いでしょう。

少し元気になってから

友達へ贈る場合は少し元気になってからプレゼントされることが多いようです。亡くなったばかりの頃は人に会うのも辛いですし、贈り物をするのも少しためらわれます。ですので最初はそっとしておいて、少し元気になった頃に様子を伺いに会いに行き、そこで渡す人が多いようです。時には友達数人で元気付ける為のお食事会を開いて渡すこともあるようです。友達の絆が深まる瞬間でもあるようです。

誕生日プレゼント

メモリアルグッズを贈るタイミングで一番多いのは飼い主さんの誕生日です。色々なプレゼントがある中から亡くなった子のオリジナルグッズを贈ることで、愛犬や猫ちゃんの存在を覚えてくれていたことや、ご自身も思い出がこみ上げてきて、泣いて喜ばれるようです。

誕生日はプレゼントを贈りやすいタイミングでもありますし、それと合わせてペットの思い出を大切にした贈り物になると思います。

関連記事

贈り物をするタイミング

ご自宅用メモリアルグッズ

お客様のご紹介

ご自宅用にご利用頂いたお客様をご紹介します。

シーズーのランちゃん

シーズーのランちゃんのケースです。ランちゃんはお写真掲載をご遠慮されていますので写真はありませんが、ご事情だけご紹介しても良いと承諾して下さいました。

ランちゃんが亡くなって泣いてばかりいた頃、お友達が写真立てをプレゼントして下さったそうです。それに写真を入れて遺影にしようと思ったとき、もっと大きな写真も飾りたくなり、探していたら偶然当店のオリジナルボードを見つけられたそうです。すぐにひとつ注文し、葬儀に持って行かれました。その後またご注文頂いたので何かあったのかと思ったら、とても気に入ったのでもうひとつ作成し、今度は四十九日にご持参されるとの事でした。最初はお電話で涙ぐんだ声でお問合せ頂いていましたが、2度目の時はお元気そうな声が聞けて私達も嬉しかったです。

愛犬の思い出

以前ご注文頂いたお客様から久しぶりにお電話を頂きました。作成してもらったひざ掛けが皆さんからとても好評で、いつも愛犬にかけて使っていたそうです。お電話口で涙ぐまれて、どうしたのかと思ったらそのわんちゃんが亡くなったとの事。

入院中のことで、今夜は大丈夫だからと医師から言われて帰宅の途中で電話があり、様態が急変して亡くなられたそうです。

たくさんの思い出や遺品を残して旅立ってしまった愛犬のお話を伺い、後日お礼のメールを頂きました。以前作ったひざ掛けは生前愛犬の誕生日に作られた物ですが、メモリアルグッズとなり今でも大切に使ってくださっているそうです。

レビューのご紹介

ここからはレビューに投稿して頂いたお客様をご紹介します。

さっちんさんより

先程商品が届きました★
まず開けた瞬間からラッピングが可愛くて感動しました!
クッションはとっても柔らかく肌触りも最高でした~
刺繍も丁寧で色合いも私好みでした♪
また家の雰囲気にぴったりです!
そしてなんといっても愛犬の可愛い顔がたまりません!!
愛犬が昨年亡くなってしまったので、側に愛犬がいるかのようでぎゅっと抱き締めたくなります。
クッションですが思わずなでなでしてしまいそうな…笑
注文させていただき本当に良かったです★また機会がありましたら注文させていただきたいと思います。ありがとうございました。

プリンママ

この度は 本当にお世話になりました。9才で急に虹の橋を渡って行ってしまったプリンが 帰ってきたようです。(涙)(涙) プリントではなく 編み込みの暖かさがあり こちらでお願いして良かったです。次は 膝掛けを お願いしょうと思います。ありがとうございました。 届いて すぐに ワンコ達と一緒に写真を撮りました。

祭壇に飾る物(遺影など)

ペットの遺影

ファンデルワンが始まって間もない頃の事です。プレゼント用にペットのオリジナルグッズを探していらっしゃったお客様が当店を見つけられました。たまたまご自身も愛犬を亡くしたばかりで、祭壇に飾る物としてたくさんご注文頂きました。家族へのプレゼントを含めて、数日に渡って合計11点のご購入。きっと家族にとってとても大事な存在だったのでしょう。それから10年以上が経った今でもSNS等で祭壇のお写真を拝見する機会があり、当時作成させて頂いた商品やその他色々なオリジナルグッズが並んでいるのを見るといつまでも家族の一員として大切にされていらっしゃるのが伝わってきます。最初は当店の商品だけだったのに、年々数が増えていくのも嬉しい物です。

寂しくならないように

自分用としてご注文される場合は、恐らく天国のペット達が寂しくならないようにと思って祭壇を綺麗に飾るために作られる方も多いでしょう。それはお届け後にお写真を送って頂いて初めて分かることが多いのですが、皆様が天国のペット達を思う気持ちが伝わってきます。

なるべく寂しくならないように、かわいいグッズを揃えたいという人も多く、お供えも賑やかに明るめの色で飾っている人が多いようです。

気持ちを誰かに聞いて欲しい

お届け後に、お客様からお礼のメールやお電話を頂くのですが、皆様に共通することがあります。それは、ご注文時は泣いてばかりいたお客様も、お届けの頃にはかなり元気になられているという事。

注文の際にはデザインやお写真選びでお客様と相談させて頂くこともあります。その時に愛犬や猫ちゃんとの思い出の話を聞いたり、お気に入りの写真を伺ったりするたびに、少し気持ちが楽になっていくようなのです。ずっとひとりで抱えていた寂しさを少し表に出すことが出来たのかなと感じます。また、クッションやひざ掛けを作ったことで少し素直になれて、寂しかった自分の気持ちを受け入れられるようになったのかもしれません。寂しいときには寂しいといいましょう。抱え込んでいると立ち直りにも時間がかかるのかも知れません。

作成について

写真の選び方

写真の選び方は、実は色々な意見が分かれるところです。綺麗な作品を作るためには綺麗な写真が必要です。しかし飼い主にとっては綺麗であるよりももっと大切なことがあります。それは気に入っている写真だったり、思い出の写真で作る大切さです。

ペットメモリアルグッズの作成に適した写真のページで詳しく紹介していますのでご覧下さい。

我が家のペットの思い出

2匹の猫

看板猫

猫を2匹飼っています。

この子達もいつか天国へいってしまうのですね。。。

お客様からのメールを読むたび、そう感じずにはいられないこの頃。。。

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

当店ではペットのお写真で思い出のグッズを作成しています。

猫と愛犬の作品

こちらは我が家の飼い猫、ソラ。

座っているのは今は亡き愛犬ムックをモデルにした編物アートの上。

失礼なやつです(笑)

商品の詳細はファンデルワンのホームページをご覧下さい。

お客様からのメールで思い出すこと

「姉の猫が亡くなり、何か思い出に残るものを贈ってあげたい。」

ご連絡をくれたのは以前一度ご注文くださったお客様。

前回は確か黒猫でしたね。ご友人への贈り物でした。

今度はアメリカンショートヘア。お姉さまの猫だそうです。

メールには長い文章が書かれていました。

お姉さまと猫との出会い、13年生きて病気をしたこと、一緒に遊んだ思い出など。

病気が見つかってすぐの事だったそうです。

あっという間にいなくなった最愛の猫。

遠く離れて住んでいるとは言え、メールやSNSで毎日のように写真を見ていたので同じ家で暮らしているような気持ちだったそうです。

このように猫ちゃんとの思い出を語ってくださる方は少なくありません。

私達はペットのオリジナルグッズを作るのが仕事ですが、きっとお客様は泣きたい気持ちを誰かに聞いてほしいのでしょう。

オリジナルグッズを通して泣ける場を作ってあげるのが私達の仕事なのかなと感じるこの頃です。

お客様からのメールは私達の仕事に対する精神的な支えになります。

心が安らげる場を提供出来たときに、今日も仕事が出来たと感じるのです。

私の思い出

お届け後は多くの方がお礼のメールを下さいます。

そのメールで私たちも涙することも・・・。

やはり思い出すのは8年前に天国へいった愛犬ムック。

そして今、我が家で飼っている2匹の猫たち。

この子達もいつか私と離れ離れになるんです。

いつもより甘えてくる日は、どこか体調が悪いのかな、どこか痛い所があるのかな、と心配になります。

いつもより静で動かない日も同様に心配になります。

猫なのですが、まるで犬のように甘えて来ますし、家中を私の後を追いかけてきます。

この子達もいつかいなくなるんですよね。。。

お客さまのメールには私にも心当たりのある事が書かれているときがあります。

例えば、

・家族の誰にも懐かなかったのに、父にだけは懐き、ずっと膝の上にいた。

・母が一番かわいがっていたので、なくなってから母は元気がなくなった。

などなど。

その言葉を聞き(読み)、私もいつかその状況に立たされた時に淋しさや悲しさに耐えられるだろうかと不安になります。

でも、同様にお客さまのメールには涙がこみ上げるほどの嬉しいお礼の言葉も書かれています。

・家族が泣いて喜んでくれた

・こんな素敵な贈り物ができるなんて、贈った自分も幸せになった

・この作品に出会えたことに心から感謝しています。

そのような内容の言葉を頂くとこの仕事をこれからも頑張らなければいけないと思うのです。

ひとりでも喜んでくれる人がいるなら、同じ気持ちの人は他にもいらっしゃるでしょう。

その人たちに、素敵な作品をお届けすべく、これからも頑張って参ります。

私は猫が亡くなった時、思い出の品を作るのだろうかと考えるときがあります。

愛犬ムックの時は何も作りませんでした。

思い出になる物は写真だけ残し、その他は全て処分しました。

首輪、バンダナ、ブラシ、食器やゲージなどなど。何も残っていません。

ですが、家にはムックがつけた傷跡が残っていたり、ファンデルワンの工場にはムックの写真で作ったサンプルがたくさんあります。

ですので、何か残しておけばよかったという気持ちはありませんが、猫に関してはなんとなく残してやりたいと感じます。

首輪に名前入りのチャームがついていますので、それをキーホルダーにでもしようかな・・・。

ソラ

これからも頑張ります

これからもこの仕事は頑張って行きたいと思っています。

天国の愛犬ムックも応援してくれている事でしょう。

その上に鎮座まします(笑)この長毛の黒猫も、きっとこの目で私達の活躍を見ていることでしょう。

喜んでくださる人がひとりでも多く増えますように・・・☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする