友達のペットが亡くなったときの贈り物

皆さんは、友達がペットを亡くした時にどのように接してあげますか?

当店ではペットの写真でオリジナルグッズを作っていますので、ペットを亡くした人への贈り物にご注文頂くこともあります。

そんなお客様から聞かせて頂くお話を一部ご紹介しますので参考にしてみて下さい。

抱きしめるクッション

ペットの写真で作るオリジナルクッション

詳細はこちら

どんな言葉を掛けてあげる?

ペットの訃報が届いた時はどんな言葉を返してあげれば良いでしょうか。

今までのお付き合いの関係や相手の精神状態などでその言葉は変わってきますので、それらをまとめたペットを亡くした人にかけてあげる言葉をご覧下さい。

相手を想う気持ちがあれば言葉は自然と出てきますし、親しい間柄であればあまり気を使いすぎずに優しい言葉を掛けてあげると良いでしょう。

贈り物をする場合の悩みとアドバイス

それでは当店のお客様がペットメモリアルの贈り物をされるケースをご紹介します。

良くあるご要望

親友が長い間ペットの看病をしていたのですが、その愛犬が先日亡くなってしまいました。

他の友達と相談して何かしてあげたいと思っていても何が出来るか分からず、偶然こちらのサイトを見つけ、愛犬のクッションを贈ってあげようと思いました。

こんな時に贈り物をするのが良いかどうか分かりませんが、喜んでもらえると期待しています。宜しくお願いします。

天国の愛犬の思い出のグッズ

メモリアルグッズを贈る時のアドバイス

皆様から寄せられるご相談には大きく2つの内容が寄せられます。

ひとつは、何をしてあげたら良いのか分からない。

もうひとつは、オリジナルグッズを贈って良いのかどうか分からないという内容です。

一つ目の、何をしてあげたら良いのか分からないというのは、皆さん同じでしょう。

出来ることがあるならしてあげたいけれど、私達には何も出来ませんから、せめて話を聞いてあげたり贈り物をしてあげたりするのでしょう。

もうひとつの、贈り物をするという事についてですが、これは当初私達もこのようなご注文に関しては、相手の人がさらに悲しむのではないかという心配もしていました。

しかし、皆様が泣いて喜ばれたといって御礼のメールを下さいます。

その内容を拝見するたびに、このクッションは天国のペットからの贈り物という役割を持っていると感じるようになりました。

関連記事:メモリアルグッズの贈り物をするタイミングもご覧下さい。

友達のペットが亡くなった時に出来ること

友達のペットが亡くなった時、何をしてあげたら良いか分からないという相談を良く頂きます。

でも側にいてあげたり、慰めの声をかけてあげる事で飼い主さまは心が救われることもあります。

周りの人の理解や優しい気持ちが嬉しかったり、心の支えになったりするのです。

ペットを亡くした悲しみを理解してくれる人がいるだけで支えになると思います。

その為に側に居てあげたり話を聞いてあげたりするのです。

その気持ちは私達が想像する以上に当事者にとってはありがたいことであり、喜んでくれるでしょう。

そんな状況の中で、せめて何かしてあげたいという気持ちから、ペットのオリジナルグッズが使われているようです。

猫の思い出のグッズ

思い出の写真で作り、相手の方が少しでも元気になって頂けると幸いです。

こちらの記事「ペットが亡くなった時のお供えと贈り物」も合わせてご覧下さい。

友達にペットオリジナルグッズを贈る例

ペットを亡くした友達への贈り物としてオリジナルクッションやひざ掛けを贈っている皆様をご紹介します。

こんな時にメモリアルグッズの贈り物をするのが良いかどうか分からないという相談が多いですが、ご利用頂いたお客様には喜ばれているようです。

皆さんがどんな状況で渡しているか、どんな言葉を掛けてあげているか、一部ご紹介しますので参考にしてみて下さい。

友達数名でプレゼント

友達へ贈る場合には、数名の方から一緒に贈っている人の例です。

皆さんで相談して何かしてあげようと話し合っているのかもしれません。飼い主さんはとても幸せですね。お客様の状況や、こんな時に使うのがお勧めですという当店からのアドバイスを紹介します。

傍にいてあげられない時

友人が飼っていた猫が亡くなり、連絡が来ました。側にいてあげたいけれど遠方の為にすぐに行くことが出来ません。そこで友達と相談し、何か出来ることはないかと考えてメモリアルグッズを贈ろうと思いました。

このような内容のメールを良く頂きます。メールや電話で精神的距離は近くなりましたが、実際に傍にいて顔を見るとまた力も出てくるものです。それが出来ない時は何か贈り物をしてあげると良いかもしれませんね。

メモリアルパーティー

ペットを亡くして元気が無い友達。彼女を励まそうと、仲間で部屋のみをすることになりました。いつも集まる仲間なので気兼ねなく、今回は彼女の部屋で。そしていつも通りに飲んで喋って楽しんでいるところで、彼女が飼っていたペットのオリジナルグッズをサプライズプレゼント。彼女は泣いて喜び、何度も何度もお礼を言ってくれました。

友達皆さんの気持ちが嬉しかったサプライズの事例です。友達を元気付ける方法としてお勧めしていますので何名かは実際にされているようで、皆さんが泣いて喜ばれたと言われます。

動物保護をされているお客様

常連さんで何名かいらっしゃるのですが、動物保護をされているお客様のお話をしましょう。

里親になってくださった方へのプレゼントに使われるのですが、里親さんが飼っているわんちゃんの誕生日にはプレゼントを贈り合い、SNSでも交流をされているそうです。

その中のわんちゃんの誰かが亡くなる度にオリジナルのひざ掛けを作成されます。

最初は亡くなったこのグッズを贈ることにためらいがあったようですが、今では皆さんの支えになっているそうで喜んで頂いています。

毎年ご注文されるお客様

毎年同じ時期にクッションをご注文下さる方がたくさんいらっしゃいます。皆さんが相手の方のお誕生日にひとつずつ作成されているそうです。

しかし時折、いつもとは違う時期に高額なものを作成される場合もあります。写真はいつもと同じわんちゃんや猫ちゃんたちです。

お話を伺うと、相手の方の愛犬や猫ちゃんが亡くなったので、少しでも慰めになればということでオーダー下さったそうです。

これで贈るのはもう最後かと思うと寂しいとおっしゃっていますが、相手の方とは今後もペットの誕生日には何か贈り物をしたいとおっしゃっています。

私の友人が愛犬を亡くしたとき

私の友人が愛犬を亡くした時のお話をしましょう。

先日の事、友達の愛犬が天国へ旅たちました。

ペットのオリジナルグッズを作成していると、亡くなったペットの思い出の作品や、ペットをなくされた方へのメモリアルの贈り物として作成される方もたくさんいらっしゃいます。

ですので私達はこういうお話は毎日のようにお客さまからお聞きするのですが、身近な人から聞く話はまた一段と心を打たれてしまいます。

友人と愛犬との絆

私の友達は献身的な介護をしていました。

持てるだけの愛情を全て注ぎ、やれることは全てやりつくしたと話してくれました。

でも、やはりあれも出来たのではないか、もっとこうしてあげればよかったなど、色々な思いが巡っているようです。

これは、飼い主であれば皆同じでしょう。

その思いの大きさが、ペットへの愛の大きさかもしれません。

星の好きな友達です。

きっと、愛犬も綺麗なお星さまになるでしょう。

多くの方は、友達がペットを亡くしたときにどんな言葉をかけてあげればよいのか迷うかもしれません。でも、話を聞いてあげることが出来るなら是非聞いてあげて下さい。

今回私の友達は覚悟が出来ていたこともあり、またずっと様子を教えてくれていたので、淋しさはあっても悔いは無いことが分かります。

だから、僕はこう言いました。

「今度晴れたら、星を見に行くよ。」

そうすると彼女はこう答えてくれた。

「また、星を見る理由が出来たね。」

我が家のワンコもこの広い星空のどこかにいます。

みんな、一緒に遊んでるかもしれないね。

星になった友達の愛犬

その後、ある夜に星を見ていたときの事です。我が家のムックに、また友達の愛犬に会えるかと思いぼーっと星空を眺めていました。

愛犬を亡くした友達は遠方に住んでいますので私はそのわんちゃんには会ったことはありませんが、当店の愛犬ムックも天国にいるということもあり、こうして時々星を見に行っているのです。

するととても大きな流れ星が流れたのです。

東の山の端から南の端まで、空を真っ二つに切り裂くほどの流れ星。

夢でも見たのかと思っていたのですが、翌日調べてみたら同じ星を見た人がたくさんいてやはりあれは本当だったんだと驚くばかりです。

友達との会話

「あの子に会いに行ったらすごい大きな流れ星を見たよ。」

「きっとウチの子の仕業ね。」

「動画撮ってた人がいたから紹介する。」

「これはすごい。うちの子はここまで出来ひんわ(笑)」

星になったから、大きな力をもらえたのかもしれないですね。

友達の覚悟、本当の幸せとは

友達は、そのわんちゃんへ検診的な看護をしていました。

もう寿命であり、覚悟はできていたと・・・。

そして、やるべきことはやりつくしたと。

最後はもう病院への行きませんでした。

もういまさら薬を飲んで、命が1日、又は数時間伸びたからって、本当の幸せじゃない。

自然の流れに任せ、この体から解き放たれて自由の見になるときが来たんだ。

それを見送ってあげる。

そう、覚悟が出来ていたようでした。

だから、私もその人の話を聞いて、淋しいけれど、とてもやさしい気持ちが伝わってきて、自分もなんだか温かな気持ちになれました。

その人は言っていました。

もっと、あれもこれも出来たのではないか。

一緒にもっとたくさんあんな事やこんな事もしたかった。

どんなに尽くしても、すべての飼い主さんが同じことを思うのかもしれません。

ひとしきり泣いたら、残された私たちはまた歩き出す。

その繰り返しですね。

何度経験しても慣れるものではないですが、そういう時は星を見るのが良いと思います。。。☆

ペットが亡くなった事を知らせてくれたなら

ペットが亡くなった事を知らせてもらえたなら、それはきっとあなたを親友を思っているでしょう。

話を聞いてほしい、そばにいてほしい、心の支えになってほしい。

ペットの死を告げられることはそういうお願いの現れだと思うのです。

特に言葉をかけてあげる必要は無いでしょう。話を聞いてあげて下さい。

いつ亡くなったの?病気だったの?このように2つ3つ質問してあげれば色々話してくれると思います。

話しているうちに本人さんも少しずつ気持ちが落ち着いてくることもありますし、聞いてくれる人がいるととても心強いものです。

私の友人は遠方でしたのでメッセージで様子を聞いていました。

友達だからこそ出来ること、友達にしか出来ないこと、それは言葉では表せないですが、こうやって頼ってきてくれる友達を大切にしてあげて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする