ペットロス、亡くなったペットに会いたいと願うお客様をご紹介

ペットロス クッション

亡くなったペットにもう一度会いたいと願う人からのご注文を紹介します。

クッションの詳細はこちら

ペットにもう一度会いたいと願う人たち

当店では編み込み模様でペットのオリジナルグッズを作っています。

ペットにもう一度会いたいけれど、それは出来ない事は分かっている。

それならせめて、写真を使って何か作れないだろうかと探していたところ、ファンデルワンを見つけて注文下さる方がいらっしゃいます。

「まるでうちの子が帰ってきてくれたようだ」

と言って、ペットがいつも寝ていたソファーに置いているとか、毎日会えるようにリビングや寝室に飾っていると言って頂けます。

また、ペットを亡くされた家族や友人へのプレゼントに贈られた場合には、

「もう一度会えた」

と言って、クッションを抱きしめて泣いて喜んでもらっているようです。

ペットに会いたい、その理由は

ペットが居なくなった辛さは、ペットを亡くした経験がある人なら皆さんが感じている事と思います。私も同じで、愛犬が亡くなって何年も経ちますがもう一度会いたい気持ちでいっぱいです。

そこで、皆さんにペットに会えたら何をしたいか聞いてみました。

すると意外な答えが返って来ました。

会えるだけで良い

会えるだけで良いというのが、一番素直な気持ちかもしれません。

特に何をするわけでもなく、そばにいてくれるだけで良いのがペットというものです。一緒に遊んだりご飯を食べているところを見ていたり、存在してくれているだけで良いものです。

見ているだけで幸せになれますからね。

会って謝りたい

意外と多かったのは謝りたいと言う願いでした。

病気に気付いてあげられなかったり、交通事故で死なせてしまったり、自分の飼い方に問題があったのではないかと責める人たちです。

天国のペットに謝りたい事がある人は、ペットに宛てた手紙を書くと良いそうです。詳細は天国のペットに宛てた手紙とその内容をご覧下さい。

その他、自分は飼い主としてどうだったのか、自分のところにいて幸せだったのか聞いてみたいという声も聞けました。

参考記事:飼い主失格なんて思わないでね

次の子を飼っても良いか聞いてみたい

次のペットを飼うかどうか迷っている人からの意見が聞けました。

新しいペットを飼うと、天国の子が嫉妬するのではないか?と心配しているようです。

私は獣医さんやペット葬儀社の方とお話しする機会もあるのですが、亡くなったペットが嫉妬したり悲しんだりする事は無いそうです。むしろ、皆さんが新しい子を受け入れて幸せに暮らしている方が天国のペット達も喜んでくれるそうです。

参考記事:次のペットを飼う事を迷っている人へ。

世間話をしたい

「天国での暮らしはどう?楽しい?」

など、世間話をしたいと言う人もいます。

同時に自分の近況を聞いてもらったり、楽しかった頃の思い出話をしたりしたいそうです。

おそらくペットが生きていた頃に同じように話しかけてあげていたのでしょうね。

悩みを聞いてもらったこともあったかもしれません。

私にとってもペットは同じような存在ですので気持ちが良く分かります。

ペットに会えたような気持ちになる瞬間がある

亡くなった直後は、まだ隣の部屋にペットがいるような気がしたり、鳴き声が聞こえたような気がしたりする物です。

時には散歩中の他人のワンちゃんを見てもウチの子の生まれ変わりのような錯覚を覚える事も…。

そんな時は私は次のように思うようにしています。

「あの子が今、ちょっとだけ帰ってきているんだ」

と…。

そう思ったら少し幸せな気持ちになりませんか?

会いたいと思っている自分の気持ちに反応して、ちょっとだけ天国から返ってきてくれたのかもしれませんね。

そんな時は話しかけてあげてください。

「僕もこっちで頑張っているよ。」と。

ペットの生まれ変わりはあるのか?

生まれ変わりについては宗教的な話になったり霊的な話しになるので、私には良く分かりません。

でも、最終的には自分が信じるかどうかだと思います。

私は愛犬を亡くした7年後、ご縁あって猫を飼い始めました。

ペットの生まれ変わり

こちらがその2匹(犬のムックと猫のソラ)です。

飼い始めた時は何も意識していなかったのですが(犬と猫の違いもありますし)、両方とも黒毛で毛並みも似ています。

性格はムック(犬)の方がちょっとイジワルですが、どちらも甘えん坊で大人しく、ちょっと抜けているところがそっくりです。

生まれ変わりまでは言いませんが、この黒猫のソラを見ていると時々ムックを思い出すことがあります。それだけでも幸せなんです。

夢でペットに会える事はあるの?

皆さんは夢でペットに会う事はありますか?

私の経験をお話します。

私は愛犬の夢を見る事は滅多にありませんでした。

しかし、命を引き取る日の朝、私は別のところに寝ていたのですが愛犬ムックの夢を見ました。とても鮮明な夢で、今でも覚えています。

そして朝起きると家から連絡がきて、息を引き取った事を知りました。

最後に会いに来てくれたのかな?と思っています。

今は夢で会える事は無いので、きっと天国がとても楽しく、帰ってくる暇が無いのだろうと信じています。

天国のペットに会う方法はある?

亡くなったペットに会える場所があるとすれば、それはお墓やお仏壇だったり、自分の心の中だったりと、ちょっと抽象的な応えになってしまいます。

そこで、具体的に出来る方法をいくつか考えてみました。

散歩した道を歩く

ワンちゃんの場合、よく散歩していた道を歩いてみてください。

その道中に思い出の場所はありませんか?

ココでいつもトイレをしていたとか、ココで他のワンちゃんと仲良しになったとか、もしかしたら友達のワンちゃんにも会えるかもしれません。

家の中の思い出を探す

家の中にペットの思い出はたくさん残っているでしょう。

しかし、まだ見つけられていない物も残っているかもしれません。

押入れの中につけた傷跡だったり、ベッドの下に残った毛玉や隠していたおもちゃなど、それらを見つけた瞬間、「あ、こんなところに居たんだね」と話しかけてみて下さい。

お墓参りに行ったり写真に話しかけたりする

私はお墓参りに行くと、愛犬に会えたような気持ちになります。

また、祭壇を設けた時には、ここは天国から帰ってきたときのあの子の居場所だと感じました。

祭壇は無い人でもおそらく写真は飾ったりアルバムにしまったりしている事でしょう。

お墓参りや写真を見ている時は、皆さんがペットに話しかけていると思います。

「天国で元気でね。」

「今までありがとう。」

「安らかに眠ってね」

こんな言葉を掛けてあげていると思います。

その言葉はきっと届いているでしょう。

そして、そう信じているから話しかけているのでしょう。

体はそこに無くても、心で通じ合っているとき、お互いの存在を感じる事があります。

私はお墓が近い事もあり、今でもムックに会いたくなったらお墓参りに行きます。

すると心がスッキリして、まさにムックに会ってきたような気持ちになるのです。

ペットの死とちゃんと向き合う

ちょっと辛い話になりますが、死と向き合うのも大切だそうです。

私はお墓参りに行くとムックに会えた気持ちになるのですが、それはムックがお墓の中にいると自分に言い聞かせる事が出来るからかもしれません。

ペットロスで一番辛い事のひとつが、死を受け入れられないことです。

悩んでも悔やんでも、別れる前に戻る事は出来ません。そこにしがみついている間は何も受け入れることが出来ませんので心の中でペットと会うのも難しいでしょう。

しかし別れを受け入れ、辛いけれどちゃんと前を向いて生活出来るようになってくると、少し心に余裕が出来てきます。その時に気配を感じたり、部屋の傷跡を探すことを楽しめるようになると思います。

笑っているとペットも喜んで寄って来ると思います。

最初のうちは泣いていても良いです。

少し元気になってきたら、ペットを思い出して笑顔になれる日がきっと来ます☆

ペットロスの経験談と克服方法に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする