プライドの高い人がコロッといく贈り物

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッション作っています。

飼い主さんへのプレゼントにいかが?

編物の作品

編物で出来た作品です☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

突然ですが、私はプライドの高い人が苦手で・・・、勢い負けしてしまいますが、皆さんはいかがですか?

でも、そんな人が急に隙を見せた瞬間、私の心はコロッと行ってしまい、急にその人に魅力を感じてしまいます(笑)

 

特にペットを飼っている人はペットの話をすると急に笑顔になったり溺愛振りを見せたりしてくれるので、その人の幅の広さを見ることができますね。

本日はそんな方へ贈るプレゼント選びというシチュエーションで当店のクッションご利用シーンをご提案させて頂きたいと思います。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語♪

物語

 

キャリアウーマンと言うより、女性実業家になるのかな?

私が尊敬する存在、だけど少し近づきづらい存在。

目標でもある。

プライドの高い人で、絶対に負けない。

言葉でも負けないし、世間にも負けない。

自分に絶対の自信を持っている人。

正直近づきづらいところもあったけれど・・・。

 

そんな人と友達として付き合っていたけれど、ふとした瞬間に見せた心の隙。

それは彼女の愛犬との別れだった。。。

彼女が、泣いていた。

 

あの人が・・・。

 

驚いたけど、こんな部分もあったんだって、なんだか急に近くに感じて、僕を頼ってきた。

 

それが、付き合い始めたきっかけだった。

 

あれから1年。

それ以来一度も愛犬の話はしていない。

ただ、僕にはずっと引っかかっていた。

なぜ、もっと自分に素直に生きないんだ?

愛犬との楽しかった思い出、悲しかったこと、もっと話してほしいな。

 

誕生日、僕は思い切って、彼女の心に触れるものを贈る。

本当はアクセサリーや高価なバッグの方が彼女には合っているだろう。

だけど、今年は、これを贈るんだ。

誕生日プレゼント愛犬グッズ

思い出、大切にしてね。

面と向かって渡すと泣き出すかもしれないからさ。

そっと、部屋に置いて帰るよ。

誕生日、おめでとう。

 

 

輝く50代女性へのプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作っています♪

編物の作品

編み込み模様で出来たクッションだよ。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

私の周りには輝く50代が沢山います。

そんな私は41歳。

10歳も下の私が見ても生き生きとしていて、良い人生を送ってるなぁって思います。

さて、当店のオリジナルクッションですが、そんな50代のキャリアウーマン(?)パワフルレディ(?)へ贈るという方も多いのです。

年代的に、子供さんの手も離れてペットを飼っている人も多い世代なのだそう。

今日はそんなお客様を想定して、物語形式でクッションのご利用シーンをご紹介してみましょう♪

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

とあるボランティアサークルの新人さん。

お年は恐らく50代。

私たち20代30代の仲間に入っても全く違和感無く、どうしたらそんなに元気にいられるのかこっちが聞きたいくらい。

 

「どうしてそんなに元気なんですか?」

「実はね、私病気してたの。
そこから復活したものだから、見るもの全てが嬉しくてね・・・」

 

そうだったのか。。。

全くそうは見えない。

 

絵を描き始めたのは去年の事らしい。

早速コンテストで入賞。

写真を撮り始めたのは今年の初め。

これは地元紙のカレンダーで採用。

ボランティア活動も積極的で持ち前の笑顔ですぐに友達の輪が広がっていく。

とても病気していた人とは思えない。

 

そんな素敵な人だから、周りの人からも慕われている。

もちろん、私たち若者からも。

今度の彼女のお誕生日、誰からとも無く彼女にみんなからプレゼントを贈ろうという声が上がり、色々探していた。

そうね、絵の具が良いかな、写真関連の物が良いかな。。。

そんな風にみんなで話していたら、ゆみちゃんがナイスな情報を持ってきた。

愛犬の写真でクッションが作れるというのだ。

 

愛犬、そうだ、あの人、犬を飼っていらっしゃるのだ。

普段は素敵な女性だけれど、わんちゃんの話しになると急に優しいママのような、というかワンコ溺愛ぶり(笑)

いつも人のことばかり考えている人だから、こうやって癒される存在が家で待っててくれるのって素敵。

これで決まりね!

今年はこのクッションを贈りましょう!

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細

 

50歳の記念に

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

記念日の贈り物や誕生日のプレゼントなどにご利用頂いています☆

編物の作品

編物で出来た作品だよ♪

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

年月が経てばお客様からのご要望も変わり、それに対応してく度にお客様も増え、当店も忙しくなって参りました。

誕生日や記念日などにご利用頂く当店のオリジナルクッションですが、皆様から寄せられるメールやご感想からお喜びの声が聞こえてきて私たちも楽しく作品作りをさせて頂いております。

毎朝メールを開けるのが楽しみなのと、苦情やクレームが来ていないかどうか神経を尖らせつつメールを拝見しています。

今日はどんなお客様がいらしているのかな?

お店の様子を少し覗いて見ましょう♪♪

物語

 

テニスサークルで知り合ったお友達。

きっかけはテニスでしたが今ではもっぱらワンコつながり。

私たちは2人ともシーズーを飼っていたことがきっかけで仲良くなり、休みが合えば一緒にカフェに行ったりお出かけしたりしています。

彼女は趣味が多く、物知り。

色々お話をうかがうのが楽しいの。

本も沢山読んでいるからおススメを教えてもらうわ。

そして、それらは面白い。

 

来月、彼女は50歳になるそう。

子供さんもなく、だんなさんもお忙しい方だそうで本人さんはワンコの散歩と時々テニスと、そして私たちとこうやって合う時間が楽しいとか。。。

趣味が多く、交友関係も広そうだから寂しくはないみたい。

 

私の方が、付き合っていただいて恐縮ね。。。^^;;

 

そんな方だから、50歳の記念にはちょっと良い贈り物をしてあげたいの。

正直、お金は持っている方だから金額に関係なく心に響くものが良いな。

なんっていうか、そのお品がどんな背景を持っているか、どんな人が作っているか、特に私の友達が作った手作りの作品なんかだととても喜んでくださる。

さて、こういうプレゼントを探すの、私好きなんだ。

普段は決まった定番の物があるのだけれど、それは去年知り合ってすぐに差し上げちゃった。

人間国宝の方が作った風鈴。

音色がいいのよね。

 

今年は色々お店を見て回ったり、私の知る品物に考えをめぐらせて見たのだけれどいまいちピンと来ない。

そこでネットで見ているとたまたま見つけた、ファンデルワン

このサイトを見た瞬間、これだ!と閃いたわ。

彼女の飼っていらっしゃるシーズーちゃんでクッションが作れるの。

きっと喜んでくださると思う。

 

50歳のお誕生日、素敵なお祝いが出来るかな。

人生いつもこれから。

それが彼女の口癖。

お互い素敵に年を取って行きましょう。

 

奥様グループのお誕生日会

ペットオリジナルグッズ

わんちゃん、猫ちゃん、ペットのお写真でオリジナルクッションを作成しています。

飼い主さんへのプレゼントにいかが?

猫の目

こちらは猫ちゃんのお目目。

編物で出来た作品です♪

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

この頃は40代50代の女性の方からのご注文が多いです。

奥様方で集まってお誕生日会をされるのだとか。。。

そして、そういう方々は何度もご注文下さいますし、口コミで広がっているよで私たちも嬉しい限り。

今日は奥様友達をモデルにした物語で当店のクッションのご利用シーンをご紹介してみましょう。

皆さんの参考になるかな?

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

家族ぐるみのワンコ仲間。

今日はその奥様3人組の一人、Yさんのお誕生日会。

幹事は私、と言っても3人だけですけどね^^

 

ワインとお料理の美味しいお店を予約して、テーブルにはお花を飾ってもらい、わんちゃん同伴ももちろんok。

ドッグカフェはどうしてもおしゃれさよりもワンコ優先のスタイルが多いけど、このお店はおしゃれさを優先しているし、お料理にも手を抜かないから私たちは良く利用させてもらってる。

お花越しにマロンちゃんを膝に乗せたお友達を記念撮影。

飼い主のYさんが嬉しそうだから愛犬のマロンちゃんもいつもより上機嫌です♪

 

プレゼントは私たち二人で選んだの。

色々探して、何がいいかな~って考えて、スカーフかな、ブローチかな、でもやっぱり愛犬にちなんだのお品物が良いかな等々、探し回った結果、あるサイトにたどり着きました。

それがこちらのファンデルワン。

サイトを拝見した瞬間に即決。

こんなかわいいペットオーダーメイドの作品があったなんて。

少し急いでいたのでお急ぎコースで頼んだわ。

ペットグッズって、どれもどこかで見たようなものが多いでしょ。

そして、プレゼントにしてはちょっと高級感が足りない。

でもこのファンデルワンはカワイさと高級感を兼ね備えた贈り物が出来るのよ。

きっと喜んでくださるわ。

作品紹介

ペットの写真で作るオリジナルクッション

商品の詳細

 

ペンションオーナーへのプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真で作るオリジナルクッション♪

飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

編物の作品

編物で出来た作品だよ☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

編物の工場である当店が職人の技で編み上げるオリジナル編み込みクッション、いかがでしょうか。

今日も沢山の方からご注文を頂いております。

冬になるとなぜか増えるのが、ペット同感のペンションオーナーさんへのプレゼント。

毎年冬にはペンションに泊まりに行くのでそのお土産にペンションで買われているわんちゃんの作品を持って行くのだそう。

リピーターさんも多いので喜ばれているようです。

今日はそんなお客さまを想像しながら商品のご利用シーンを物語形式でご提案させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンおプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

一年に一度、楽しみにしているこの季節。

我が家では毎年年に一度、ワンコをつれてペンションへ泊まりに行く。

夫は午前中はスキーに行き、午後はカメラを持って出かけていく。

私はペンションのオーナーご夫婦との会話と読書が楽しみ。

若い頃は私もスキーを楽しんだものですが、もうさすがに無理ね^^

そして、愛犬ベックは大好きな薪ストーブの前で眠ってる。

 

このペンションにはセントバーナードがいて、名前はヨーゼフ。

どこかで聞いた名前ね^^

日中は暖かだけれども、ペンションの周りには雪も残っててオーナーさんは薪割りや農作業、奥様はお料理にいつも忙しそう。

というより、楽しそう。

 

私も時々厨房に入らせてもらって、一緒にジャム作りなどをさせてもらっているわ。

 

ここで過ごす時間は都会に住む私たち夫婦にとっては究極の癒しの時間。

自然に囲まれたこの環境が好きで、リタイア後はココに住みたいとさえ話しているほど。

 

そのオーナーさん、毎年とても良くしてくださって、私たちもいつの頃からかお土産を持ってくるようになった。

最初は小さな食べ物だったけれど、だんだんとお互いに贈り物をしあうようになり、ちょっと良いお品物に出会った時は贈り合っている。

きっと、そういうのがオーナーご夫婦もお好きなのね。

 

今回私たちが持ってきたお土産。

これ、見た瞬間、作ってあげたいと思ったものなの。

わんちゃんのお写真で作ったひざ掛けよ。

ひざ掛け

これを、セントバーナードのヨーゼフちゃんの写真で作ってあげたなら・・・♪

想像するだけで素敵でしょ。

 

きっと喜んでもらえるわ。

うちのベックが妬くかしら^^

 

わんちゃんのお誕生日会

ペットオリジナルグッズ

わんちゃん、猫ちゃんのお写真でオリジナルのクッション☆

飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

編物の作品

編物で出来た作品だよ♪

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

愛犬オリジナルグッズを、編物で作っています。

お客様はそれぞれ様々な思いを持ってご注文下さいます。

大好きな彼女さんへのプレゼント、大事なご友人への贈り物・・・

今日はどんなお客様がいらしているでしょうか。

ファンデルワンのプレゼント物語、ご覧下さい。。。♪

物語

 

今日はわん友エルママさんのお誕生日会。

と言っても、誕生日なのは友人ではなくわんちゃんの方。

SNSで知り合ったわん友さん3人組はもうすっかり仲良し。

犬種は違えど、割と近くに住んでいることで、たまたま行きつけのドッグカフェが同じだったこと。

SNSにアップされた写真が見覚えのあるカフェだったのですっかり意気投合したのが今からたったの半年前。

なんだかもう何年も前からの知り合いのようなお付き合いです。

 

愛犬エルちゃんは今日で4歳。

元気いっぱいの遊び盛りです。ちなみに我が家のトイプードルは8才。もうおじいちゃんね。

そしてもう一人、こちらは私の古い付き合いの友達で最近はこの3人で会うことが増えてきた。

「あ、いらしたみたいよ。」

「ここ、ここです~!」

入り口で店内を見渡すエルママさんに声をかける私たち。

すっかりおばさんね。

でも、店内は音楽も大きいし、適度なざわつきがあるし、ドッグカフェは割りと心置きなく大きな声で話せるから好き。

 

「ごめんね、待たせちゃって。」

「いぃえ、ゆっくりさせてもらってるわ。エルちゃんこんにちは。」

今日の主役、エルちゃんだ。

彼女が席に着くや、私たちは店員さんに合図をした。

すると、お店の音楽が一瞬でシーンと静かになり、急にハッピーバースデーの歌がアカペラで流れてきた。

いや、さすがに生歌ではなく音楽だったが^^;;

そして、ハッピーバースデーdearエルちゃん♪のところで、店の奥からエルちゃん用のケーキが運ばれてきて、周りのワンちゃんたちの目を一気にひきつける(笑)

 

『ご来店の皆様、本日はエルちゃんのお誕生日。
当店から皆様へもささやかなプレゼントを・・・』

 

なんて粋なお店なんでしょう。

このお店はこういう雰囲気がとてもおしゃれで私たちは好き。

わんちゃん全員に小さなクッキーと、エルちゃんに大きなケーキ。

私たちはお祝いをした。

そして、エルママさんにも!

「ねぇ、これ、いつもお世話になってるから、私たちでママさんにも何か贈ろうって話してて・・・、受け取ってくれる?」

「えー!私に?なんてサプライズな。こういうのって照れくさいけど、嬉しいものね^^」

 

私たちは愛犬エルちゃんのオリジナルクッションを作ってプレゼントして差し上げた。

予想外なサプライズプレゼントに、これまた予想外な品。

とても嬉しさと驚きでいつもよりテンションの高めなエルママさんでした^^

誕生日プレゼント愛犬グッズ

商品の詳細

 

元気が出るプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作っています。

編物の作品

作品は編物で出来ています。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

主に飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いている当店の作品。

皆さんどんなシチュエーションでご利用になられているのでしょうか。

 

時々お客様から、愛犬を亡くして元気が無かったお友達やご家族、彼女さんへの最高のプレゼントになったと言われます。

本日はそんなシチュエーションを想定し、物語形式でご利用シーンをご紹介させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンの物語、始まり始まり・・・☆

物語

 

彼女と付き合って2年半。

まぁ、良く泣くこだけど、優しい子だし、いい子だし、見た目に寄らず意外とちゃんとしてるところが好き。

ただ、去年の夏のあの時はどうしたら良いか分からなかった。

それは、飼い猫のみぃが天国へ旅だってしまったとき。。。

 

会えば目は赤く腫れていて、静かにしてると思えば突然しくしくと泣き出して。。。

それから2週間くらい経った頃やっと少しずつ元気になってきて、少しずつ笑顔も出始めて、でもやっぱり猫というキーワードには敏感で、あの頃は掛けてあげられる言葉もなかったなぁ。。。

 

一緒にいてくれるだけで良い。

彼女はそう言っていたけれど、ペットを飼ったことの無い僕にはその気持ちを分かってあげられていただろうか。。。

それから1年が経ち、今ではテレビで猫を見ても笑いながら見られるようになったし、猫カフェデートも行けるほどになった。

そして、もうすぐ彼女の誕生日。

去年は何も出来なかった。

こんなときだから、今は何もいらない。

それが彼女の言葉。

そして、僕からも何も言い出せなかった。

だから僕らは一緒にみぃのお墓参りに行き、いつもは行かない少し高いレストランで食事をし、僕らはそこで小さなケーキを食べた。

ケーキにはチョコレートのペンで猫の絵を描いてもらった。

『お誕生日おめでとう』 と。

「このケーキはみぃちゃんからのプレゼントだ。」

 

僕はそう言って、ケーキと控えめなデザインのネックレスを渡した。

 

思い出すなぁ。一年前。

ネックレスは今でも良く付けてくれている。

「これ付けてると、みぃが近くにいてくれてるみたいで・・・」

気に入ってくれてるみたいだ。

良く似合ってると思う。

 

そして今年。

元気になった彼女に、僕はある決断をする。

それは、みぃちゃんのオリジナルのグッズを贈ろうと思っているのだ。

一年前では考えられないくらい元気になった。

だから、もう大丈夫だろう。

これを使って、これからもっと元気になって、素敵な笑顔を見せてほしい。

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

 

ペットの記念品

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

編物の工場である当店では、ペットのお写真そっくりに編み込み模様でクッションやひざ掛けなどのオーダーをお受けしています。

編物

編物で出来てるの、分かるかな^^?

 

さて、このクッションやひざ掛けですが、皆さんはどんなときにオーダーされるのかなと思いながら作っています。

中には教えてくださる方も多いのですが、そうでない方は作りながら色々想像を膨らませています。

今日はもしかしたら何かの記念に作成されているのかな。。。なんて。

というのも、我が家に来た猫もそろそろ2年の記念日を迎えるのです☆

うちの猫のソラ

こちらが我が家の飼い猫、ソラです。

保健所から保護されていた猫で、動物保護施設にいたところを我が家で引き取りました。

間もなくこの子がうちに来て2年の記念日。

100円ショップのおもちゃでも買ってやろうかな。

これが一番すきなんです(笑)

 

猫は誕生日が分からない事も多いから、家族に受け入れた日を誕生日にしている人も多いようです。

そして、その記念にと、ご家族(特にお母さん)へのプレゼントとしてだんなさまや娘さんからプレゼントしたいというオーダーを頂くと、とても素敵な家族だなぁと感じながら作っています。

すると作成にも元気が出て、良い作品が出来そうな気がします。

他に記念日といえばどんなものがあるのかな?

結婚記念日や付き合い始めた記念日。

プロポーズした日、なんて。

年に数名いらっしゃるのですが、生まれて10,000日目の記念日をお祝いされる方も案外多いようです。

誕生日は毎年やってきますが、10,000日目は一生に一度しかないですからね!

 

記念日は人生の節目とも言えると思います。

そう思うとこの日を大切にして、まあ新たな気持ちで人生を進めて行きたいと感じます。

 

さて、ソラの誕生日(我が家受け入れ記念日)は何でお祝いしようかな。

大好きな煮干はアレルギーが出ちゃうので、当日はおもちゃ買ってきて目いっぱい遊んでやろうと思います。

 

ペットの里親さんへのプレゼント

オリジナルのひざ掛け

ペットのお写真でオリジナルのひざ掛けを作成しています。

飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています♪

ひざ掛け使用例

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンのブログへようこそ。

私が2匹の猫の里親になって2年が経とうとしています。

あっという間の2年。

毎日楽しい日々を過ごしています^^

そして当店で作成するクッションやひざ掛けは里親さんへのプレゼントとしてご利用いただく事もありますので、今日はそんなテーマで当店の商品のご利用シーンをご紹介させて頂きます。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

 

「あらあら。また仲間が増えちゃったね。」

娘ももうあきらめ気味。

私の犬好き猫好きには家族も大目に見てくれるようになりました。

これで犬2匹、猫3匹の大所帯。

困ってる子がいたらついつい里親として引き受けてしまうんですよね。。。

 

先日受け入れた子達は行き場が無くて保護されていた子達。

それを私が一時的に引き取って、新しい里親を探していたのでした。

 

普段からこういう活動をしていると、案外里親さんってすぐに見つかるものなのです。

友達がね、紹介してくれるから。

 

今は新しい里親のおばあさまに孫のようにかわいがってもらって、とても幸せに暮らしている。

実はその方にお世話になるのは今回が3度目。

1度目は前の子の里親になって頂きました。

元々高齢な猫だったので間もなくなくなりましたが、幸せな最期を看取ってもらったようです。

そして2度目は私が車の故障で困っていたとき、たまたま近くを通ってくださってわざわざ止まって助けてくださいました。

そして今回、新たに里親さんに・・・。

 

こんなにお世話になりっぱなしでは申し訳ないわ。

そこで何かお礼の品を贈りたいな。

というわけで私が選んだのがみぃちゃんと名づけられた猫のひざ掛け。

 

おばあちゃん、いつもありがとうございます。

みぃちゃんと幸せな時間を過ごしてください☆

ファンデルワンの猫

一人っ子の娘へのプレゼント

ペットオリジナルプレゼント

ペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

クッションやひざ掛けなど編物で出来た作品です♪

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店で作成しているものは編物で描いたペット達のオリジナルグッズ。

ゆっくり見ていって下さい。

編物

 

さて、この商品は主にプレゼント用にご利用頂いているのですが、贈る相手は皆さん様々です。

彼氏さんや彼女さんであったり、お母さんや娘さんだったり。。。

今日は一人っ子の娘さんへ贈るというお話を通してプレゼントのご利用シーンをご提案させて頂きたいと思います。

 

その前に、私の中の良いM君のお話を・・・

実は彼は一人っ子なのですが私ととても気が合うのです。

一人っ子は我がままとか自己中とかって言われることが多いみたいですが、私はあまりそのように感じたことが無いんですね。

で、先ほど調べてみると、私は一人っ子の人と相性が良いのだそう^^;;

私は兄と妹がいるのいわゆる真ん中っ子。

中間子(真ん中っ子)と一人っ子は相性が良いのだそうです。

本当かな?

 

さて、それでは物語に入ってみましょう。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

 

物語

 

娘もそろそろ結婚を考えても良い年になりました。

一人っ子だったから跡継ぎを・・・なんて私が心配していた時期もありましたが、もう今となっては娘の幸せを一番に考えるようになりましたね。。。

 

この子はやっと授かった一人娘。

我が家の愛犬メイもまるでわが子が出来たようにいつも寄り添っていました。

誕生

 

娘が大きくなるにつれて2人はまるで姉妹のようによきパートナーになって行きました。

仲良し

一緒に公園で遊んだり、時には相談相手になったりしていたようです。

 

そのメイが亡くなって、もう何年経ったでしょうか。

娘もすっかり大人になりました。

 

今日は娘が帰ってくる日。

私はケーキを買って帰ります。

 

「お、帰ってたのか。ケーキ買って来たよ」

「あ、お父さんお帰り~。ケーキって、ママの誕生日のケーキね^^!」

 

「うん、お前がいるときにお祝いしようと思って。」

「ママきっと喜ぶよ。」

 

「それと、メイの誕生日も近いしね。」

「パパ、覚えてたんだ。。。」

 

「うん、パパね、メイの命日よりも誕生日の方を覚えててやりたいんだ。」

 

「ねぇ、パパ見て、これメイの写真。
やっぱりかわいいね。この子が世界一だよ。
私、わたし、、、」

 

そこで娘は顔を伏せて涙をこらえているようでした。

涙

夕食は家族3人でメイの話しばかり。

「メイと旅行したときにね・・・。」

「メイとパパが・・・」

「メイがね・・・」

娘はとても楽しそうで私たちも良い時間を過ごせました。

 

「向こうにはいつ帰るんだい?」

「明日なの。」

「そんなに急がなくても。」

「バイトとかあるしね、それに勉強もしなきゃ。
近頃の学生は案外忙しいの。」

 

家族三人の時間もあっという間。

でもこうやってたまに帰ってきてくれるからそれで十分だ。

 

母さんの誕生日の次は、もうすぐ娘の誕生日が来る。

今年はメイの写真でひざ掛けを作ってプレゼントしようと思っているんだ。

きっとびっくりするぞ。

黙っておくのが大変だ。。。^^☆