お祝いを頂いたお礼

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

内祝いというのは、本来はお祝いを頂いたお礼に贈るものではないそうですね。

もともとはお祝いを頂いたか否かに係わらず、嬉しいことがあった時に少し多めにお赤飯を炊いたりお持ちをついたりしてご近所さんやお世話になった方へのお裾分けだったそうです。

それが現代ではお祝いのお礼と言う形で残っているのだとか・・・

ペットオリジナルプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルプレゼント。ファンデルワン。

内祝いにもご利用いただいております。

詳細はこちら

当店の作品は内祝いにもご利用頂く場合もあり、ペット大好きな方から頂いたお祝いのお返しに、ひざ掛けをクッションを作成させて頂いております。

今日はそんな一場面を物語り形式でご紹介いたしましょう♪

line

「今日から俺たち、パパとママだね。」

「うん。」

「お互い何て呼ぶのかなぁ?パパとママかなぁ?
それともとうちゃんとかあちゃん?」

「うん・・・。そうね・・・」

「どうした?さすがにちょっと疲れた?」

「うん、あ、じゃなくて・・・、嬉しくてね、この子の顔みてると・・・」

私たち夫婦に初めての子供が産まれ、母子ともに元気に過ごしています。

結婚したときそうでしたが、本当にたくさんの方からお祝いを頂きました。

家族親戚はもちろん、ワンコつながりの友達やご近所さん、父の知り合いまで。

いったいどこから話しを聞いてくるのか、20年ぶりの友達まで。

「たくさんお祝いもらったね。」

「みんながこの子の誕生を祝ってくれてるんだよ。」

「お礼、しなきゃね。」

「うん。」

「ミキちゃんって覚えてる?」

「うん、友達でしょ?トイプードル飼ってる・・・、えっと、いつもめがね掛けた人。」

「うん、ミキちゃんのお返しさ、ファンデルワンのひざ掛けってどうかなぁ?」

「うん、それしかないね^^」

お祝いやプレゼントなど、折に触れて利用しているファンデルワンのひざ掛けがあります。

わん友さんたちはたくさんいるけれど、妻の友達のミキちゃんだけは妻にとって特に特別な存在。

お祝いもたくさん頂いたし、愛犬のマロンちゃんの写真でひざ掛けを贈る事にしました。

「本当はわん友さん皆さんに贈りたいんだけどね。。。」

「まぁ、その辺は頂いた金額に応じてって言うこともあるし・・・」

「そうだね。今回はミキちゃんだけにしよっか。」

「他のメンバーは。。。どうしよう。。」

「私良い物知ってる。肉球柄のフェイスタオル。実は私も一つほしいんだ。」

「よし、じゃぁそれにしよう!」

こうしてわん友さんへの内祝いは肉球柄のタオル。たくさんお祝いくれた友達はファンデルワンのオリジナルニット。それ以外の皆様にはおしゃれなブランドのタオルにしました。

皆さんの暖かい気持ちに包まれて、わが子には健やかに育って欲しいと願いをこめて、名前には『健』の文字を使おうと思っています。

~~~~~~~~

本日のファンデルワンのプレゼント物語はいかがでしたか?

この物語はフィクションですが、ご出産やご結婚、ご入学の内祝いに当店のオリジナルブランケットをご利用下さる方もいらっしゃいます。

贈る相手がペットを飼っていらっしゃったら、ご検討してみてください。

愛犬ひざ掛け

ファンデルワンのオリジナルニット

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。