作者の想い

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

商品ではなく
気持ち、思い出、絆をお届け

作成シーン

当店には様々な目的や想いを持って、お客様がいらっしゃいます。

プレゼント…、自分用…、お祝い…。

一人ひとりにかけがえの無いストーリーがあり、それをお聞きしながら作るのが私の役割だと思っています。

自己紹介

ある人は恋人への誕生日プレゼントだったり、家族や友人への結婚祝いだったりします。

またある人は亡くなったペットの思い出だったりします。

そういう人は、辛いお気持ちをお話しくださることもあります。

そのお気持ちを大切にしつつ、デザインのご相談をしています。

私達がお届けしているのは商品ではなく、「気持ち」「思い出」「絆」など、目には見えない大切な宝物だと思っています。

お客様とのつながり

私は接客は苦手な方です。

糸を編んだり、ミシンを踏んだりペットのデザインをしている時間が好きです。

過去にはペットロスで精神的に病んだこともありますが、そんな私でもこの仕事だけは大事にしなければと思い、治療後もあきらめずに続けてきました。

それは、お客様とのつながりがあったからです。

ペットロスの思い出に

特にペットを亡くされた方からの作成依頼は、お客様のお気持ちを大事にしています。

メモリアルグッズ

お客様の中には、長文のメールやお電話でお話して下さる人もいます。

お客様の状況がどれほど深刻か伝わってきます。

私も同じ経験をしていますし、皆様のお気持ちを大事にして作成しています。

良い商品をお届けするのは当然だと思っています。

一番大事なのは、お客様に元気になって頂く事です。

皆様の支えになれるよう頑張っています。

自己紹介

2007年に家族で飼っていた愛犬を亡くしました。

人生最初のペットロスを経験。

ニューファンドランド犬

当時の私とムック(ニューファンドランド犬)です。

愛犬の死後、もうペットを飼う事はないと思っていましたが、ご縁あって2015年から保護猫の里親になりました。

猫のソラとマロ

左がソラ。右がマロ。

2020年、マロ(右のキジトラ猫)が天国へ・・・。

マロは病気が見つかってからあっという間にいなくなり、人生2度目のペットロス。

この時、当時のお客様やリピーターさんがメールをくれて、私を支えて下さいました。

今は毎日お客様の作品を作ることがその恩返しだと思っています。

私のペットロスのお話しはこちら

三浅俊幸と飼い猫のソラ

三浅俊幸(みあさとしゆき)

会社概要

トップに戻る

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天