息子から父へ、今までたくさん迷惑掛けました。

ファンデルワン

ペットの写真で作るオリジナルクッション。

家族のペットのお写真で、お父さんお母さんへのプレゼントにいかがでしょう♪

詳細はこちら

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

敬老の日が近づき、やはりお父さんお母さんへのプレゼント用にご依頼が増えてきています。

さて、本日はお父さんに今までたくさん迷惑掛けてきたと言う息子さんのお話を通して、クッションのご利用シーンをご紹介してみたいと思います。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語り、始まり始まり。。。☆

line

自分に子供が生まれて、初めて分かったころがたくさんある。

親が子を思う気持ち、親の存在のありがたさ、ご先祖様への感謝の気持ち。

私は父と仲が悪く、いつも喧嘩してました。

反抗期の頃からひどくなり、学生の時には別々に住んでいたため落ち着いていたのですが、また一緒に暮らすようになってからは顔を合わせるたびに文句を言い合っていました。

そんな私が変わったのは、結婚し、子供を授かったときでした。

結婚の時には職場の方から友人、親戚まで皆さんに頭をさげて挨拶しているのが見えた。

子供を授かったとき、一番喜んでいたのはもしかしたら父だったかもしれない。

父がいなければ私も生まれることはなく、こうして娘を抱く事も無かっただろう。

そう思えばご先祖様に、そして妻のご先祖様に感謝の気持ちが湧いてくる。

今までの父に対する自分の行動が急に恥ずかしくなった。

敬老の日か。。。

思えば孫のいる年なんだな。

特に何かをするわけではないが、娘を連れて実家に帰ろうと思う。

そんな時、妻がこんな事を言い出した。

「ねぇ、このクッション、作らない?」

見ると、以前実家で飼っていた愛犬の写真を出してきて、ファンデルワンのサイトを見ている。

ファンデルワン

ファンデルワンか・・・

妻の誕生日のとき、ひざ掛けを作った。

そうだな。コタが天国に逝ってもう6年も経つのか。

悲しんでいた父も、もう元気になっただろう。

父さん、敬老の日、帰るから。

娘を連れて、帰るから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする