母の日、迷ったら花を贈ります。

ファンデルワン

ファンデルワンへお越しいただきありがとうございます。

当店ではペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

詳細はこちら

今年も母の日が近づいて来ました。

当店では一年の中で、年に2番目に忙しい時期になります。

ちなみに一番はクリスマスです^^

今年の母の日、皆さんは何を贈りますか?

今年は連休の並びの関係で、連休明けに急に母の日がやってきます。

人によっては連休最終日が母の日になっている人も多いかもしれませんね。

連休を使ってご実家に戻り、母の日もお祝いしたりしてみませんか^^?

私は母の日はいつも花を贈ります。

母が花好きということもあるのですが、一番の理由は楽だから^^;;

こんな理由でいいのでしょうか。

毎年悩みますが結局花になってしまいます。

欲しいものは自分で買う人だし、兄はリクエストを聞いているみたいで、時々鍋とか花瓶を贈っているみたいですが、私には「そんなに気を使わなくても」と言ってきます。

う~ん、確かに兄の方が経済力あるしなぁ。。。ww

私は花を買うと、不思議な事に自分の心も少し晴れやかな気分になります。

母に喜んでもらえるというより、自分自身が部屋に花を飾った時のような気持ちになるのです。

花を選んでいる時間も好き。

出来る事ならこのまま何時間でもココにいて花を見ていたいと思います^^

皆さんは行きつけの花屋さんはありますか?

花屋さんは、そのお店によって雰囲気があります。

花束を注文して作ってもらうとそのお店の雰囲気が特によくわかるかもしれません。

「明るい花束にして欲しい」とか、「高級感を出して欲しい」という風に注文するかもしれませんが、その花屋さんでアレンジした店員さんのセンスが出ますからね。

ラッピングも同様、私は開店リフォームのお祝いで鉢植えをラッピングしてもらったことがあるのですが、とてもシックで高級感のあるラッピングになった事があります。

商品はそんなに高くはなかったのですが、とても見栄えの良い仕上がりになってビックリしました。

お店のお祝いって伝えたからかもしれませんね^^

親しい友達だったのですがとても喜んでもらえました。

母の日も、いつもは母の日用に既にアレンジされたセットの物を買ってくるのですが、今年は特別にオーダーでアレンジしてもらうのもいいかもしれませんね。

母の好きそうなこの花とこの花を使って、明るくさわやかな感じの仕上がりに、なんて注文してみようかな。

少々割高になっても先に予算を伝えておけばそれに収まるようにしてもらえるので、その点でも花屋さんはプレゼントを贈るのにとても助かります^^

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。