亡くなったペットの写真でオリジナルグッズを作る

オリジナルグッズでペットを亡くした寂しさを紛らわせる

オリジナルグッズを集めたい

長年一緒に暮らしていた猫が先日亡くなりました。

寂しさを紛らわせる為に色々な事をしていますが、何をしてもすぐに寂しさが込み上げてきます。

オリジナルグッズを作るようになって少し心が落ち着いてきました。まるでそこにうちの猫がいてくれるような気持ちになります。

今は色々なオーダーグッズを作って思い出を拾い集めています。

かわいいオリジナルグッズが欲しかった

ペットの仏壇に飾る素敵な商品を探していました。位牌や骨壷は寂しくなるのでそれ以外のものが希望でした。でも写真をプリントしたオーダー物は安っぽいので、もっとかわいくて温かみがあって、高級感のあるものが希望でした。

これらの言葉はお客様からのご注文の際に良く書かれている言葉です。

このように、ペットの写真からオーダーメイドのグッズを作り、自分の側においておく事で寂しさを紛らわせるという方法をご紹介します。

そのひとつとして、そこでニットの編み込みで作るオリジナルグッズを紹介しています。

高級感あるペット仏具

ペットの写真で作ります。

温かみのあるペットのお供え

こんな風に抱きしめることも出来ます。

詳細はこちら

お届け後にお客様からお写真を送って頂くこともあるのですが、そこにはたくさんのオリジナルグッズが飾られている事もあります。

似顔絵や、ペットを立体的に作ったキャンドルなどその種類は様々で、中にはそのグッズを置く為の部屋を作っている方もいらっしゃるほどです。

ペットの写真を使ったグッズを置いておくと、まるでそこに愛犬や猫たちがいるような気持ちになり、心が落ち着くそうです。

毎年、命日にクッションを1つずつ注文される方もいらっしゃいます。皆様の心の支えになれれば幸いです。

泣ける場所を作ろう

亡くなったペットのオリジナルグッズ(メモリアルグッズ)を作る目的のひとつとして、しっかり泣く為の場所がほしいと言う方が多いです。

部屋の一角に祭壇を作ったり、一部屋を全部、亡きペットのための思い出の部屋にしたり、その方法は人それぞれ。

泣ける場所を作る事でペット達と会える場所が家の中に出来たり、帰ってきてくれる場所になったりするようです。

高級感あるペットの仏具が欲しかった

近年、ペット用の仏具はかわいいデザインの物が増えてきました。色は以前は白やグレーだけでしたが、今ではパステルカラーや虹を描いた物があり、また天使の羽などのモチーフが付いた物など、かわいらしさのあふれるアイテムもあります。

しかしそれらは骨壷や位牌、またはお写真を入れたアクリルボードなどであり、いかにも仏壇に置く為のものです。

皆さんの中にはそれらの仏具ではなく、一般的におしゃれでかわいい物を置きたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

普通にキッチンやリビングにも置いておける、素敵なインテリアです。

そんな方が当店のオリジナルニットを見つけて下さり、他とは違う魅力を感じて下さっています。

高級ニットのペットオリジナルグッズ

当店ではクッションやひざ掛けを編物で作ります。

soraちゃん

こちらはお客様の作品。soraちゃんの様子はメモリアルグッズで元気になったお客様でもご紹介しています。

編物

これはひざ掛けの一部分です。高級感ある編物で出来ています。

他のメモリアルグッズでは味わえない、ニットの温かみのある質感を感じて頂けます。

毎年オーダーされるお客様

ペットの祭壇は命日や誕生日を迎える度にグッズが増えて行くと思います。

当店でも毎年亡くなった愛犬や猫ちゃんの誕生日にクッションを作るお客様がいらっしゃいます。

命日に注文されるお客様

ペットの誕生日に注文されるお客様

お届け後にはお写真を送って頂くのですが、毎年グッズが増えていて、当店の商品以外にもたくさんのオーダーグッズがあり天国のペット達も本当に幸せそうです。

お届け後に、

「今年もありがとう、来年もよろしくね」

と言われると、また一年頑張ろうという気持ちになれます。

かわいいオリジナルグッズ

それでは、皆さんのお写真に写っているかわいいお供えをいくつかご紹介しましょう。

愛犬そっくりのキャンドル

印象的だったもののひとつが、キャンドルです。

数名のお客様のお写真に写っていますのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

ペットのお写真を数枚お送りして立体的なキャンドルを作ってもらえるようです。

私達が作らせて頂いたペット達の表情もそのままロウソクになっていまして私も欲しいほどです。もちろん火はつけないでしょうね^^

犬種オリジナルグッズ

ワンちゃんの仏壇に良く見られることですが、既製品の犬種限定グッズを良く見かけます。

ミラノで飼ってきたというシュナウザーのクッションや、コーギーのかわいいお知りの何か置物が置いてあったりします。

我が家はニューファンドランド犬という珍しい犬でしたのでグッズは少なかったのですが、今では種類も増えているかもしれませんね。

お気に入りだったおもちゃ

涙無しでは語れないのが、ペットが生前お気に入りだったおもちゃやぬいぐるみなどです。

それらを仏壇に置いている人も多いでしょう。お客様からのオーダーでも、おもちゃを合成して欲しいというご要望があり、天国でも同じおもちゃで遊べるようにという飼い主さまの優しいお気持ちが伝わってきます。

今後のファンデルワン

今後、ペットが亡くなった時に祭壇を設ける人はさらに増えていくと思います。

皆さんのご要望も多岐に渡ってくるでしょう。

その時にご要望にお応えできるよう、品質の向上とかわいさの追求に励み、天国のペットと皆様とを結ぶ架け橋になれるよう頑張って参ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする