多頭飼いとペットロス / 他のペットがいるとペットロスは軽くなりますか?

ペットロスと多頭飼いの関係。

他のペットがいると、ペットロスが軽く済みますか?

こういう質問を頂く事があります。

ペットロスが辛く、必ず2匹以上のペットを飼い続けている人もいるそうです。

また、新しくペットを飼い始めるとペットロスの辛さが和らぐという事もあります。

人それぞれ色々な考え方はありますが、今回は私の意見と経験をお話しさせて頂ければと思います。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

お客様からの相談

お客様から、時々このように聞かれます。

次の子を飼うかどうか迷っています。
飼えばペットロスは軽くなりますか?

その答えは、人によって異なるためアドバイスは出来ません。

正直なところ、飼ってみないと分からないと思います。

そこで、私の経験をお話しさせて頂きます。

多頭飼いとペットロス

我が家には2匹の猫がいました。

眠る猫

たまに喧嘩していましたが、仲は良い方だと思います。

いつもくっついて寝ていました。

2020年、キジトラのマロが亡くなりました。

それから数年経ち、その時の気持ちを振り返ってみます。

その時のペットロス体験談はこちらをご覧ください

黒猫のソラはまだ元気ですので、もう一匹いてくれたことによって気持ちが救われたのは事実です。

でも、大事な事があります。

辛さが軽減されるわけではない

という事です。

それともう一つ。

残っている子の行動で、傷つく事もある

というお話をします。

ソラ(黒猫)は、その日からもいつも通りに過ごしていました。

これが犬であれば多少は寂しそうにしていたかもしれません。

猫特有の冷めた性格というか、すぐに忘れるというか、私にとっては少しそれが寂しく、少し傷つきました。

私と同じ経験をした人はいませんか?

獣医さん曰く、

「そういうドライな性格は猫らしいですよね。犬には無いかもしれないですよね。」

との事でした。

お客様も時々言われます。

ペットロスが辛くて新しい子を飼い始めたけれど、以前の子と比べてしまって愛せない。

このようなご相談も時々聞いています。

皆様も命を受け入れる前に、ちゃんと心構えを持っておきましょうね。

他のペットがいれば気持ちが楽になる事実

そうは言っても、やはりペットがいれば気持ちが癒されるのも事実です。

お客様より
猫を虹の橋へと見送り1年たちました。別れは想像を絶する喪失感でしたが、ファンデルワンさんのクッションと膝掛けがあったから、この一年過ごすことができ、感謝しかありません。そして、猫と暮らす幸せを教えてくれたあの仔の気持ちに導かれるように、縁あって保護猫を迎えました。(中略)やはり、家の中に猫の気配がすることは、いいですね。まだ抱っこもさせてくれませんが、あの仔のベッドであたりまえのようにくつろぎます。
クッション
ご注文商品:ニットクッション

寂しい気持ちや、新しい出会いを喜ぶ気持ち。

色々な感情が混じり合い、私たちの心は幸せを感じていくのだと思います。

ファンデルワンではこのような相談をお聞きしながら、作品作りをしています。

ペットを亡くした人からご依頼を受けたり、ペットロスのご家族・恋人への贈り物にとオーダーを受け賜わっています。

ペットオリジナルクッション

糸を編んで作るうちの子ニットクッション

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天