誕生日プレゼントに欲しい物はないと言われる

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

皆さんはプレゼントを贈る時、サプライズで贈りますか?それとも相手の人に欲しいもののリクエストを聞きますか?

私は相手に欲しいものを聞きます。

「何か欲しいものある?一緒にデパートとか行ってみる?」

と聞いてみるのです。それでは面白くないと言われそうですが、私の趣味で何か贈るのも申し訳ない気がするし、「自分の好みを分かっていて欲しい」という期待に十分こたえられるほど器用でもなく・・・。

欲しいものは無いと言われた事

誕生日プレゼントを贈ろうと思って相手の人に何か欲しいものは無いかと聞いたとき、別にいらないと言われたことがあります。これは案外ショックな事でした。誕生日のお祝いはお互いにとってとても大きなイベントです。そのお祝いを拒否されたようでなんだか寂しかった。

言った本人はそんな気は無く、遠慮していたり一緒にいるだけで幸せだと思っていたかもしれません。

実際に欲しいものはその時に買いますし、物は十分揃っていましたので改まって何かを買う必要はありません。子供達も小さかったので、自分達の娯楽品を買うよりは子供にかかるお金の方が大事です。

現実的な要因で、何かを買うというよりは生活費に回したほうが良いということでしょうか。

そんな経験から、私が気をつけていることをお話ししますね。

どんなものでも必ず答える

物より思い出になるもの

私は何が欲しいか聞かれた時は必ず答えるようにしています。その時に何も浮かばなければ後日答えるように、いつまでも考えておくと伝えます。

相手の人を困らせないことと、やはりお祝いしてくれるという気持ちを受け止めたいからです。

物がいらない場合は美味しいものを食べに行くとか、旅行に行くなども良いと思います。それらは記憶に残り、物以上に良い思い出になるときがあります。

普段は買わない物

普段は買わない物をリクエストするのも良いでしょう。それほど高いものは求めず、あまりに安すぎるものも控えて、相手との関係を考慮しつつ答えています。

友達であればラーメンなど1,000円程度のご飯をおごってもらうとか、家族や親戚であればロールケーキなど2,000円程度のスイーツをリクエストするとか。

2,000円程度のスイーツって、結構嬉しいんですよね。

自分で買うにはちょっと高いし、誰かにプレゼントしてあげる値段としてはそれほど高いものでもない。

そしてもらった相手と一緒に食べることが出来るo^^o

贈る側も贈られる側も嬉しいプレゼントだと思います。

あとは、思いっきり甘えても良い関係だったら値段を相談した上で欲しかったものをリクエストしちゃうかも!

もし高すぎるようであれば残りは自分で出してでも、購入のきっかけとしてはとても良いと思います。

今の私なら・・・カメラのレンズを買うかもしれません♪

「何でも良い」もダメ

バイト先の先輩がジュースを買ってくれると言って何が飲みたいかと聞かれ、その時に仕事が忙しかったものですからつい何でも良いと答えたことがあります。すると、別の先輩から「何でも良いはダメだ。ちゃんと飲みたいものを答えろ」と言われました。

結局何があるか分からずに一緒に買いに行ったのですが、今ではその意味が良く分かります。

買いに行く人も困るし、買ってきたものに対して文句を言う資格もありません。それ以来、欲しいものをちゃんと伝えるようにしています。

こんなプレゼントはいかが?

欲しいものがないと言われても、その気持ち以上の物を贈ればきっと喜んでもらえるはず。

そこで、当店がご提案するのはペットオリジナルのグッズです。

ペット追悼の贈り物

ペットそっくりに編物で作った作品です。

詳細はこちら

車が好きな人ならこんなものも・・・

編物アートプレミアム

詳細はこちら

自分へのプレゼント

さて、私は自分にプレゼントを贈るという習慣がないのですが、皆さんはどうですか?

女性に多いのかもしれませんが、頑張った自分にご褒美とか、自分の誕生日に自分にプレゼントを贈るという方に時々出会います。

おそらく普段からがんばりやさんで、日々倹約している人なのかもしれませんね。

私は欲しいものがあるとその時に買ってしまうから、自分の誕生日だからと言って改まって何かを買おうという発想に至らないのです。

欲しいと思っても我慢しているものは確かにあります。

でも、それは我慢できるものだから我慢しているのであって、その気持ちは誕生日でも変わらない。

と言って、今欲しいのは7万円ほどするビジネストートバッグ。

ビジネスでも使えて、ちょっとした旅行でも使えるトートバッグです。本革(牛革)使用で職人の手作り。憧れますね~^^

買わない(買えない)ですけどね(笑)

そんなこともあり、自分の誕生日に改まって何か欲しい物は?と聞かれたときにどう答えて良いのか分からないのです。

欲しいものは既に揃っているし、何万円も高価な物をリクエスト出来るはずもなく・・・。でもちゃんと答えるようにしています。それが礼儀かなぁと漠然と思っていまして。その理由をこの次にお話ししましょう。

プレゼントの予算は1万円

私の知人で、こういう人がいました。

その人は妹さんと二人姉妹。

毎年お互いの誕生日にはプレゼントを贈りあっているそうです。

若い頃(学生の頃?)はサプライズで贈ったり、自分のお勧め品を贈ったりしていたそうですが、大人になった今ではリクエストを聞くのだそう。

そして、プレゼントを貰う時には、欲しい物は無いとは絶対に言わず、ちゃんとリクエストを伝える。

ただし予算は1万円以内で。

もしも欲しいものがそれ以上の価格である場合は1万円を渡し、それを元手に自分で買ってもらうのだそうです。

これはお互いに利害関係が成立していてとても良いアイデア。

なるほど、こういうやり方もあるんですね!

その姉妹は大人になった今でも仲が良いそうです♪

欲しいものは無いというのは相手に気を使った言葉かもしれません。でも相手に甘える事が相手の幸せでもあると思います。誕生日をお祝いしてくれようとしているわけですから、ちゃんとその気持ちを受け止めてあげましょう。

プレゼントはいらないなんて言うとお祝いしてほしくないと言われているようで、ちょっと寂しいですからね。