家族に贈るクリスマスプレゼント/オリジナルグッズ,サプライズ

「パパとママに、クリスマスプレゼントです」

「クリスマスに妻に贈ります」

そう教えてくれるのは、ペットオリジナルグッズにご注文下さるお客様。

家族へのクリスマスプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルグッズ。家族へのクリスマスプレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

ここではクリスマスにご家族へプレゼントされるケースをご紹介致します。

写真で作る愛車編物アート

車好きのお父さんには車やバイクの写真で、おじいちゃんおばあちゃんには子供さんのお写真等も人気があります。

赤ちゃんの写真でオリジナルグッズ

詳細はこちら

家族へのクリスマスプレゼント

お父さん、お母さんへ贈る

クリスマスシーズンで一番多いご注文は彼女へのプレゼントですが、その次はお母さんへのプレゼントが多くなります。そして商品に添えられる手紙には感謝の言葉が添えられています。その言葉を入力しながら私も我が身を振り返り、親への感謝を忘れていないか反省することも・・・。

猫のタペストリー

家族の猫ちゃんの作品紹介

家で飼っている猫ちゃんのお写真でオリジナルグッズを作りませんか?

クリスマスの思い出

皆さんは子供の頃のクリスマスの思い出はありますか?

私は保育所でサンタクロースへお手紙を書いた記憶があります。クリスマスプレゼントに何が欲しいかを書きました。当時私が好きだった戦隊物のロボットの模型をお願いしたら、クリスマスの日の朝、本当にそのロボットが枕元にあって驚いた事を覚えています。

確か胸の辺りにライオンが合体するロボットでした。

今思えば日々の生活で苦労していた両親だったでしょうが、頑張って働いてくれて愛してくれていたのだと感じます。

これからは親孝行しなきゃいけませんね!

皆さまはクリスマスの思い出はありますか?そして親孝行されていらっしゃるでしょうか。

日常の会話で何気ないことでも「ありがとう」と言葉で伝えるだけでも喜んでもらえると思います。

両親へのクリスマスプレゼント

おそらく皆様の中にもご両親へプレゼントを贈るという人も多いでしょう。中学生くらいになるとお母さんへカードを贈っていたかもしれませんし、大学生になる頃にはご両親にケーキを買ってあげていたかもしれません。

そして自分が社会に出て働き始めてもご両親にクリスマスのプレゼントを贈っている人を見ると、おそらく家族みんなで毎年お祝いをされているのだろうと感じます。小さな頃からお小遣いを貯めてプレゼントを買ったり、カードを贈ったりしてお祝いをされてきたのかな?そして自分でもお給料をもらえるようになった頃、パパやママへのプレゼントをちゃんと選べるようになり、その中の何人かが当店を見つけ、ご注文くださるのでしょう。

私の推測ですが、ご両親へクリスマスプレゼントを贈っている人たちはおそらく感謝の気持ちを伝えたいのではないかと思います。そのきっかけは誕生日であったり父の日や母の日など何でも良いのかもしれません。そのひとつがクリスマスというタイミングで、その時にちょっとしたプレゼントを贈ることが家族の絆の再確認になり、感謝を伝える良いきっかけになっているのではないでしょうか。お客様とのメールではお父さまやお母さまの話が良く出てきます。それらを拝見していると、皆様がご家族の事を好きで大事にされているのだろうと感じるのです。

両親へのクリスマスプレゼント

編物アート・デュオ

感謝の贈り物

感謝という言葉が年々重要視されてきていると思います。私の周りでも生きていること自体が奇跡でありありがたいことであると感じている人が増えてきました。これは大げさな表現ではなく、いつ何が起きてもおかしくない時代になったということだと思います。

その為、毎日何事も無く健康で暮らしていける日常に感謝をし、何かきっかけがある度にお父さんやお母さんへ感謝の気持ちを伝える人が増えて来たのだと思います。お客様からのメールを拝見したりメッセージに添えられた内容を入力するたびに、皆さんが素直な気持ちを伝えようとしているのだと感じます。

パパとママへのクリスマスプレゼント

ここからは当店のお客様のメールを参考にして、皆さんがどのような場面でクッションを注文して下さっているかその一場面を物語り形式でご紹介致します。

お客様の数だけ物語があり、それぞれの場面で当店をご利用下さっていると思うと作品作りにも気持ちがこもります。それではご覧下さい。ファンデルワンのクリスマス物語です☆

ツリーとリース

仲良しのパパとママ。

この2人は絶対、恋愛結婚だ。

娘の私さえ目に入っていなさそう(笑)

近所のおばさんたちと話をしている時、

「もう毎日喧嘩ばっかりですよ。」

と話すママ。

その目が幸せそう。

私が二十歳を過ぎた頃からパパとママは2人で旅行に行くようになった。

沖縄、北海道、日光、出雲、場所は問わない、目的も問わない。

きっと、どこに行くかはあまり関係ない。2人で行くこと自体が楽しそうだ。

私はお留守番。

と言うよりトイプードルコロンのお守り。

コロンは我が家の2代目愛犬だ。

先代のマロンが亡くなったのはちょうど2年前のクリスマスのこの時期。

ママはしばらく泣いてばかりいた。

その前の年まで、クリスマスといえば家族が一年で一番楽しいときだった。

私はママの料理と手作りケーキ、そしてプレゼントが楽しみで、パパとママもお互いにプレゼントを贈りあっていた。

その時のふたりの顔がうらやましくて、私もいつからかふたりにプレゼントを贈るようになった。

最初は手紙と似顔絵を描いていたっけ。

そのうちにママには私のお小遣いで買えるアクセサリーを、パパは絵が好きだから絵の具や長袖シャツをプレゼントをしてあげた年もあった。

ふたりともすごく喜んでくれて、その笑顔を見るのが楽しみだった。

そんなある年の12月、愛犬マロンが天国へ旅立ったのだ。

去年のクリスマスの事。近所の人がトイプードルの子犬の貰い手を探していたけれど、悲しみを引きずっていた我が家では最初は断っていた。しかし子犬も大きくなるし一番身体の弱かった一匹だけが貰い手もなかなか見つからないということで我が家で引き取ることにした。

それが2代目のコロンだ。

コロンはとても優しい子。

いつものお気に入りはソファーに座るパパとママの間。

まるで2人の赤ちゃんだ(笑)

来月の2人の旅行、クリスマス前には帰ってくるらしい。

何か、2人が驚くようなプレゼントを準備して待っていようかな。

マロンの写真を使って想い出に残るものがいいな。

普段楽しそうに笑ってる二人だけれど、たまにリビングに飾ってマロンの写真をじっと見てるから。

仲良しのパパとママへクリスマスプレゼント

私が選んだプレゼントはマロンのオリジナルグッズ。

もう寂しくないよね。これからも楽しいクリスマスを過ごそうね☆

詳細はこちら

家族みんなのサンタクロース

私は両親の誕生日や父の日母の日などには何か贈っていますが、クリスマスプレゼントは贈ってこなかったことに気がつきました。それを気付かせてくれたのがお客様です。

というのも、この仕事(ファンデルワン)をしていると多くの方がお父さん母さんへプレゼントを贈っていらっしゃるのです。

ここからはお客様がどのようなシーンで当店をご利用下さっているか、物語形式でご紹介させて頂きます。

さて、今年から私がサンタクロースになるかな?。。。クリスマスプレゼント物語りの始まりりです。

line

子供の頃、我が家には毎年サンタクロースがやってきていた。

クリスマスツリーを飾ったり、ベッドに大きな靴下をぶら下げたり・・・

家族皆が一年で一番楽しみにしていた時だった。

サンタさんの正体がお父さんだとは分かっていたけれど、それがさらに嬉しさを増していた。

私も自分に家族ができ、子供たちに同じ事をしてやっている。

でも今年はあの時のサンタクロース、お父さんとお母さんに愛犬マロンのオリジナルグッズをプレゼントしようと思っています。

さて、どの写真にしようかな。。。☆

愛犬

愛犬インテリア

タペストリー

夫婦で贈り合う

クリスマスプレゼントをお父さんやお母さんへ贈る方は多いと思いますが、皆さんは奥様や旦那さまへも贈っていますか?ここでは夫婦で贈り合うお客様をご紹介します。

「妻に贈るのです」とか、「主人との記念で注文しました」というお話を伺う機会がありますが、その度に素敵なご夫婦だと感じながら作成に励んでいます。

クリスマスシーズンは一番注文が混み合う時期で色々なお話を伺うことが出来るのです。

新婚さんとか熟年カップルのお客様も増えてきて賑やかにやっています♪

妻へのクリスマスプレゼント

こちらは編物アート。ひざ掛けとしても使えて奥さまへのプレゼントとしてご注文が多いです。

妻へのクリスマスプレゼントに使います

奥さんを大事にされる男性も増えていると思います。私の父が母の誕生日にお祝いをしているのを見たことはありませんが、当店のお客様の中には奥様へのプレゼントとしてご注文される方もいらっしゃいます。

「妻へのクリスマスプレゼントにします。」

そういってくださるお客様。

私も結婚したらこんな男性になりたいと思うこの頃。

中には子供さんがいて、家族でクリスマスのお祝いをしているご家庭もあるでしょう。ママはきっと子供達の事ばかり考えていて、でもちゃんとパパにもプレゼントを用意していて、子供達が寝静まった頃に一人で片づけをしているかもしれません。「今年はパパから何ももらえないのかな~」なんて思っていたその時、パパがやってきてプレゼントをくれたらどんなに嬉しいと感じてくれるでしょう。

今年はそんな素敵なパパになってみませんか?

「写真に写っている嫁さんも一緒にデザインして欲しいのですが・・・」

「嫁がかわいがっている愛犬です」

「妻に感謝の気持ちを込めて・・・」

などなど、色々お話しくださるとこちらもデザインの時にかわいく、綺麗に仕上げたいと思いながら作っています。

奥様とどんなクリスマスを過ごされるのでしょう。

そこにはわんちゃんや猫ちゃんもいて、お子さんやお父さまお母さまがいらっしゃる家もあったりして、家族団欒の時間を過ごされるのでしょう。

奥様も何かプレゼントを用意してくれているのかな。

パパへのプレゼント

編物アートプレミアム

男性へプレゼントされる方は車やバイクの写真で!

詳細はこちら

一足早いクリスマスプレゼントとして、主人へプレゼントしました。
まさか自分の愛車が、ひざ掛けになるとは想像もしていなかったようで、
飛び跳ねて喜んでいました。車もナンバーもはっきり読み取れるほど、
細かく綺麗な仕上がりで大満足です。

こちらはレビューで投稿してくださった方のご感想です。クリスマスでは車好きバイク好きなご主人さまへの贈り物としてご利用頂いています。ちょうど忘年会シーズンでもありますので飲み会の場で自慢してきたという感想を頂くことも。

結婚を機にバイクを売ってしまったり又は愛車をファミリーカーに買い換えたという人もいらっしゃるようで、思い出の品としてプレゼントされる新婚カップルもいらっしゃいます。

仲の良い夫婦

私の友人にとても仲の良い夫婦がいます。

ふたりは元々同級生で共通の友達も多く、また子供がいないせいか今でも恋人同士のような関係を保っているようです。お客様でも子供がいないご夫婦は多く、ペットが子供の役割を果たしているのだとお話ししてくださいます。

そんなご夫婦だから、クリスマスはいくつになっても大事なイベントのひとつ。

部屋を飾り付けしたり特別な料理を作ったりして、プレゼントも用意しているのだそう。

プレゼントはお互いに贈り合う場合と、家具など共通で使えるものを買う場合とがあるようですね。うらやましい限りの理想の夫婦象だと思います。

クリスマス時期の工場の様子

両親と過ごすクリスマス

当店では取引先様の締め切りが毎月24日になっています。その為クリスマスイブの12月24日は毎年締め切りで大変忙しい日になります。遅くまで仕事をして疲れ果てて、帰宅後は簡単な夕飯とクリスマスケーキで済ませてしまうのが恒例です。

小さな頃は枕元にお菓子が置いてあったり赤い長靴がベッドにぶら下がったりしていましたが、いつからか特にプレゼントを贈ったり貰ったりすることもなくなりました。クリスマスは我が家ではケーキを食べるだけのイベントになり、大人になった今でも親に贈り物をするのは誕生日くらいです。

工場の様子

今では作成もスムーズに進めることが出来るようになり遅い時間まで工房に残って仕事をすることは減りましたが、以前は夜遅くまで残ってやっていた頃もありました。

特にクリスマス前は忙しく、夜中にスタッフと一緒に小さなケーキを食べたこともありました。

頑張ってくれたねぎらいになったかな。

もう10年位前、ファンデルワンを始めた頃の話しです。

現在は人も増えて生産体制も整い、一日の生産可能数も増えました。

お客様からのご依頼にお応えすべく今年のクリスマス用のご依頼も頑張ります!

クリスマスプレゼントにご利用の方は、できれば11月中にご依頼ください。

毎年クリスマスの2週間前には注文を打ち切っていますが、年々注文数が増えており、作成が間に合わなくなってしまっては申し訳ないのでお早目のご注文をお願いします。

皆様にサンタさんからの素敵なプレゼントが届きますように。

ファンデルワンも頑張っています☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする