彼女に贈るクリスマスプレゼント/オリジナル&サプライズ集

ファンデルワン

ペットの写真で作るオリジナルクッション。ペットを飼ってる彼女さんへのプレゼントに☆

詳細はこちら

クリスマス、オリジナルプレゼントのご紹介

「猫好きな彼女へのクリスマスプレゼントに使います」

「彼女へのクリスマスプレゼントを探していて偶然サイトを見つけました。飼っている愛犬が大好きな彼女なので喜んでもらえると思います」

これは彼女へのクリスマスプレゼントとして、ペットのオリジナルクッションをご注文されたお客様からのメールです。犬好き猫好きな彼女へのクリスマスプレゼントにペットの写真で作るオリジナルグッズを贈ってみませんか?

編地

車やバイクが好きというアクティブな彼女さんへはこちら。彼女の愛車の写真で作れます☆
同じ車で

スポーツカーに乗る彼女さんやバイクを乗りこなす彼女さんへ、オリジナルのクリスマスプレゼントにいかが?

詳細はこちら

サプライズプレゼントの渡し方

皆さんはクリスマスプレゼントの準備は進んでいますか?

サプライズプレゼントを用意する人やデートで一緒に選ぶ人、色々な方がいらっしゃるでしょう。

私はサプライズプレゼントをされるのはとても嬉しいのですが、自分でサプライズを考えるのが苦手です。だからプレゼントを贈る時は彼女と一緒に買いに行き、一緒に選ぶのが好きです。デート中は彼女もずっと笑顔で一生懸命プレゼントを選んでいますので、嬉しそうな彼女の表情を見ているだけでも楽しいです。

そしてプレゼントが決まったら、渡す時にちょっとしたサプライズを仕掛けます。プレゼントはもう決まっているので、渡し方が失敗したとしても喜んでもらえる安心感がありますよね。その様子をご紹介します。

クリスマスプレゼントを一緒に買った後のサプライズ

クリスマスプレゼントを一緒に買ってお互いにプレゼントし合う場合は、中身が何か当然分かります。そこにサプライズが仕掛けてあるなんて予想しませんよね。そんなときにサプライズを仕掛けると効果があると思いませんか?

例えば、彼女が自分で選んだアクセサリーを私がレジへ持って行き、ラッピングをしてもらいます。その時にメッセージカードを入れさせてもらうのです。私の経験上ですがこれは効果絶大ですよ!

カードはお店に置いてある場合もありますが、カードを準備していないショップもあるでしょう。ですので一応小さなカードとペンを鞄に入れておくと良いです。そして支払いのときにメッセージを書いて、ラッピングの中に入れさせてもらいましょう。長い文章にせず、「メリークリスマス、○○ちゃん(彼女の名前)」とか、「これからもよろしくね」等の短いメッセージで良いと思います。

この、「レジで書きました」感を出すのも意外と大事(笑)
【短い時間でサっと気の利いたことが出来る男】を見せましょう。

プレゼントの中身はもう分かっていると言う油断がサプライズを生み出すと思います♪

サプライズがバレた時は

仮にレジでメッセージを書いているのが彼女に見つかったとしましょう。それでも気にしてはいけません。どうせバレたのなら彼女もわかっているでしょうから、ニコニコ笑って楽しい時間にしましょう。

「何を書いていたの?」

と聞かれても笑顔でごまかします♪

サプライズにならなかったのは悔しいですが、サプライズがバレたことを気にするのは仕掛けた本人だけだそうです。

サプライズに気付いた彼女が気まずい表情をすることはありません。自分のためにサプライズをしようとしてくれた彼の想いに喜びを感じ、メッセージを入れてくれた彼の気持ちが嬉しいそうです(女友達が言っていました☆)。

サプライズ返し

サプライズ返しはもしかするとお互いにとってサプライズ以上の喜びがあるのではないでしょうか。
相手に対して秘密にしていたプレゼントがあり、それを渡した後に受ける逆サプライズ。お互いに相手を喜ばせようとして仕掛けていた、相手が同じ事を考えていた、それはふたりにしか分からない喜びとなるでしょう。
そんな素敵なカップルに憧れます^^

第1話 クリスマスデートでサプライズ

サプライズプレゼントをテーマにして当店の商品にご利用シーンを物語り形式でご提案いたします。プレゼントを選んだ後にお互いが仕掛け合いをしたサプライズとは・・・。ファンデルワンのプレゼント物語り、ご覧下さい☆

line

プレゼント選びのデート

彼女と付き合って2度目のクリスマス。今年はプレゼントを一緒に選びに行くことにした。

以前はサプライズでプレゼントを渡したけれど、やっぱり好みが少し違うのが分かる。

もちろん喜んでくれる。

ちゃんと使ってくれる。

でも、当たり外れは彼女の表情を見れは良くわかる。

「どこ行く?」

「そうだな。。。とりあえずデパート行ってみよう!」

「へ~、さすが、クリスマス一色だね!」

「まぁ、一年で一番の稼ぎ時だからな。」

「んも~、夢がないなぁ~」

「俺の夢は今の会社で・・・」

「はいはい。あ、これ見て!かわいいね~♪♪」

彼女は僕の腕をぐいっと引っ張り、安物のアクセサリーコーナーへ行く。

少しだけ付き合う。

こういうのも良いものだ。

しばらくして、今度は僕が彼女の手を引く。

「今日はこっち。」

「こんなのいいよ。高いって!」

「前から思ってたんだけどさ、こっちの方が似合ってる。」

「え・・・?」

こうやって驚く彼女の表情は珍しい。

色々な店を廻った。

あれにしようか、これにしようか、一緒に考えた。

サプライズで贈る楽しみや嬉しさもあるけれど、こうやって相手の好きなものを一緒に選ぶのが楽しかった。

彼女は試着して一番気に入っていたセーターとアクセサリーを選んだ。

クリスマス用にラッピングしてもらった。

僕は手袋と名刺入れ。

これはセットでラッピング。

レストランでのプレゼント交換

予約していたレストランで乾杯の後、僕達はプレゼント交換をした。

「あけてもいい?」

「どうぞどうぞ。」

「何かな?」

「知ってるくせに。」

いつもと違う、少し余裕のある笑顔の中に、いつもと違う、少し安心感を含んだ笑顔が見えた。

「今度は僕の番だ。あけるね?」

「どうぞどうぞ。」

彼女からのサプライズ

ラッピングを開けると手袋と名刺入れ。

そして手紙が入っていた。

いつの間に?

手紙には僕への気持ちと感謝の言葉が並んでいた。

僕も彼女も目を濡らし、そして笑った。

二度目の乾杯。そして食事。

良いクリスマスになった。

僕から彼女へのサプライズ

さて、そろそろかな。

デザート前、僕はウェイターさんにこっそり合図を出した。

「こちら、お届け物です。」

彼女へラッピングされた包みが届く。

彼女は不思議そうに包みを開けた。

僕が彼女に贈ったのは愛犬エルのオリジナルクッション

愛犬オリジナルクッション

僕と付き合う前に飼っていた犬だ。彼女は、今でもよく愛犬の思い出話をする。愛犬が本当に大切な存在だったんだな、と思い出話を聞きながら僕は感じていた。

愛犬のクッションを見た彼女は、ただただ泣いていた。

「デザート、食べようよ。」

「・・・うん。」

「ねぇ、シャーベット溶けちゃうよ。」

「・・・うん。」

「食べちゃうよ?」

「ダメ。」

やっと彼女が笑った。

~~~~~~~~~

この物語はフィクションですが、オリジナルクッションは当店で作る本物☆

犬好きな彼女さんへの素敵なクリスマスプレゼントになるよう、スタッフ一同心を込めて作製しております。ファンデルワンのクッションをよろしくお願い致します☆

付き合ってすぐ来るクリスマス、彼女が喜ぶプレゼントは?

彼女と付き合って間もない頃にやって来る、誕生日クリスマスのプレゼントで困る事はありませんか?付き合い始めの頃は彼女の好みも分かりません。プレゼントした物が彼女の苦手な物だったり既に持っているものだった、なんて避けたいですね。

先日、彼女と一緒に買い物に行きました。付き合い始めですので記念の物をプレゼントし合うためです。私は彼女にネックレスを、彼女は私にブレスレットをお互いにプレゼントし合いました。私には彼女が見ている棚のネックレスがどれも同じに見えてしまいますが、彼女は一生懸命選びます。試着してみると似合うものと似合わないものがあり、それを彼女は見た目だけで把握していたようです。女子ってすげぇなと感じた瞬間でした(笑)

彼女がネックレスを選ぶときに気付いたことがありました。並んでいるネックレスの中から彼女が手に取るネックレスの色や形に傾向があったのです。皆さんの彼女にも何かしらの傾向があるでしょう。シンプルなものを選ぶかもしれませんしシルバーのものを選んでいるかもしれません。このようなちょっとしたところを見ておけば少しずつ彼女の好みが分かってくるでしょう。付き合い始めの頃は、なんとなくしか分かりませんが、それもまた新鮮さがあって良いですよね。

彼女の好みは彼女に聞こう

私はプレゼントを決める前に遠まわしに質問します。
「ネックレスとか、普段つけたりする?」
「僕はアクセサリーはほとんどしないんだけど、○○ちゃんは着ける?」
こんな風に聞いてあげると彼女がアクセサリー好きかどうかが分かります。

また持っているバッグや靴がいつも同じか毎回違うか、着ている服のセンス、それらを見ながら大まかな好みを見るようにしています。特に靴やバッグは普通の人ならそれほどたくさんは持っていないと思いますが、会うたびに違う靴やバッグを使っていたら相当のおしゃれに関心がある人です。そんなおしゃれな彼女に贈り物をする時は相手にリクエストを聞いたほうが良いかもしれませんね!

彼女からのアピールを見逃さないで!

特におしゃれに興味を持っている女性は誕生日やクリスマスの前には何が欲しいかアピールしている時があります。彼女が雑誌を見たりお店の商品を見たりしている時に「これ見て!かわいいね!」と商品を見て欲しいという仕草をしてくるかもしれません。それはもしかしたら「クリスマスプレゼントにこれが欲しいな」というアピールかもしれません。これらの小さなアピールを見逃さなければ素敵な贈り物が出来るでしょう。それに彼女も「あの時のひと言を覚えてくれていた」と思って、それが嬉しさにも繋がるのだそうです。私は女心に鈍感で失敗してばかり(苦笑)。だから一緒に買いに行くのがベストと思ってしまうのです。

第2話 付き合って間もない彼女へのクリスマスプレゼント

付き合ってすぐなので彼女の好きなものがわからない

あの子、どんなものが好きなんだろう?

付き合い始めて間もない僕ら。

付き合ってすぐにやってくる今年のクリスマス。

話も合うし、会えばずっと喋ってる。

すぐに仲良くなって付き合うようになったけど、プレゼントなんて急に言われてもピンこない。

贈りたいものはたくさんある。

世界中のプレゼントを贈りたい。

だけど、コレ!というたった一つの贈り物をまだ見つけられずにいる。

きっとどこかにあるはずだ。

彼女にぴったりのクリスマスプレゼントが・・・。

今度、一緒に買い物に行ってみよう。

デパートにでも行ってみようか。

そうすれば、何が好きなのか少し分かるかもしれない。

彼女の好みのヒントはスマホの待ち受けにある

彼女のスマホに電話がかかってきた。

そういえば、彼女のスマホを一度見せてもらった。

設定が分からないから見て欲しいと・・・。

結局僕も分からなかったのだが、待ち受け画面は犬の写真だった。

そうか、スマホの待ち受けの犬が、言ってたダックスなんだな。

「この写真、ルイ?」

「あ、うん。まだ消せなくてね・・・」

2年前に亡くなった愛犬ダックスのルイ。

話は何度か聞いたことがある。

亡くなった頃は悲しくて悲しくて、なかなか立ち直れなかった。

やっと元気になったけど、今でも時々泣いてしまう。

その時気がついた。

クリスマスのプレゼントはルイの写真でクッションを作ろう。

ファンデルワンで。

さて、どうやって写真をもらうかな。

僕のスマホに送ってもらおうかな。

怪しまれるかも。。。

それでもいいや。

彼女を泣かせるプレゼントを僕は見つけたんだ。

ダックスグッズ

詳細はこちら

付き合って1年記念のクリスマス

「去年のクリスマス前に付き合い始め、今年は付き合って1年記念とクリスマスのお祝いを兼ねて・・・」
お客様からこのように言われることがあります。

そこでご注文下さるのが彼女の愛犬や猫ちゃんの写真で作るオリジナルクッションです☆

付き合って1年の記念

クリスマスに付き合い始めるカップル

クリスマスプレゼントと付き合い始めた記念を兼ねたプレゼントとしてご注文頂くケースがあります。一年前にとても素敵な出会いがあったのですね。そして付き合い始めの記念日は毎年クリスマスと重なるので、お祝い気分も高まるでしょう。イルミネーションやクリスマスソングなど街中がふたりを祝福してくれているような気持ちになるかもしれません。

付き合い始めた記念日

皆さんは付き合い始めた日を覚えていますか?毎年記念日にお祝いをするカップルも多いかもしれませんね。

私は日付を良く覚えているのですが、相手の女性の方が忘れていることが多いです。付き合い始めた記念日に花を贈った経験があります。相手の人から「何?どうしたん?」と言われました。ちょっとショックでもあり、まぁこんなもんかとも思いました。

皆さんは付き合い始めた記念日に何をしますか?毎年お祝いできたら楽しいですね。個人的には誕生日と同じくらい大事にしたい日なんです。

記念日を忘れないようにする方法

こんな話は聞いたことがありませんか?夫の誕生日に結婚式を挙げ人たち。理由は、夫に結婚記念日を覚えさせるためだとか。。。さすがに自分の誕生日を忘れる人はいないでしょう。誕生日が結婚記念日ならいつまでも覚えてくれているという、女性の考えなのだそうです。

お客様の場合、クリスマスイブが付き合い始めた記念日という人もいらっしゃるようです。クリスマスイブが記念日だと、忘れることがなくて良さそうですね!そしてプレゼント交換も他の記念日よりも楽しくなるかもしれません。それにしてもクリスマスイブに付き合い始めるなんて、とてもロマンチック☆

第3話 付き合って1年記念のクリスマスプレゼント

ここからは物語り形式で、お話を通してクッションのご利用シーンをご紹介します。ファンデルワンのクリスマス物語、始まり始まり。。。☆

line

彼女に会ったのは去年の12月。

クリスマス前だった。

僕は数日前、片想いだった相手の人にフラれてしまい、立ち直ろうとしているときだった。

僕は星を見るために、天文台へ通うようになっていた。

写真を撮るのが好きだった僕は日中の仕事の疲れを癒す為、そしてフラれた悲しさから逃げるようにひたすらに星の写真を撮るようになった。

天文台の人とも仲良くなり、星や写真以外の話もするようになった。

天文台の仲間との忘年会に出掛けると、

「○○さんを紹介するよ。」

その時紹介してもらったのが今の彼女。

その日は彼女に写真の撮り方を教えた。いつしか一緒に星を見に行くようになり、そして僕らはお互いを知るようになる。

去年のクリスマスイブ。

僕らはいつものように星を見に行った。

新しい彼女なんて・・・、全く想像していなかった僕は彼女の言葉に驚いた。

「好きです。」

その時初めて、彼女の気持ちを知る。

驚いたが、急に彼女が気になりはじめた。

そして翌日のクリスマス、僕らは付き合うようになった。

あれからもうすぐ一年か。

彼女の事も色々分かってきた。

犬が好き。

料理が得意。

人見知りをする。

季節に敏感。

気がつけば、一緒にいると僕らはいつも笑ってる。

気がつけば、話しているうちに時間が過ぎている。

こんなにリラックスできる場所は他にはない。

ただ、喧嘩もするようになった。

そして、彼女の涙もたまに見る。

愛犬エルを思い出したときに見せる涙。

彼女が星を見るようになったきっかけはエルとの別れだった。

僕らが出会う数日前、彼女は愛犬エルを天国へ見送り、それから星を見るようになったらしい。

そこに僕がいたわけだ。

一年が経ち、クリスマスイブ。

僕には、彼女へ渡そうと決めていたクリスマスプレゼントがある。

エルの写真で作った、オリジナルのクッションだ。

彼女は愛犬エルに会うために星の下に来た。

そこに写真を撮っている僕がいた。

もしかしたらエルが僕らを引き寄せてくれたのかもしれないね。。。

愛犬オリジナルクッション

エルの写真で作ったクッション

メリークリスマス。

今年1年、ありがとう。

趣味が合わない年下の彼女へのクリスマスプレゼント

「10歳年下の彼女は特に趣味がないので、クリスマスプレゼント選びに困っていました。そんなときサイトを見てこれだ!と思いました。」
お客様から頂いたメールです。

男性が車好きだったり、女性が映画や雑貨屋巡りが好きだったり、お互いに趣味が合わなくても上手くやっているカップルは多いですよね。

実は私も彼女と全く趣味が合いません。彼女は無趣味で私は多趣味でスキーやバイク、自転車、インドアでは絵を描いたり猫と遊んだりしています。しかし彼女はこれといった趣味がなく、家の掃除をしたり仕事の書類を片付けたりしてるらしい。だけどとても仲が良く、スーパーで一緒に買い物をしたりご飯を食べながらの会話など、何気ない日常が楽しいんですよね。

メールのお客様は彼女さんに趣味がないとおっしゃっていましたが、ペットを飼っている彼女さんなのでペット好きなのは間違いないでしょう。自分がわんちゃんや猫ちゃんに興味がなかったり、又は動物が苦手な彼氏さんもいるかもしれません。そんな場合のプレゼントとして、このペットのオリジナルクッションが使われているようです。

彼女が喜ぶプレゼントを探すのに苦労する

先ほども話しましたが、私の彼女は無趣味(に近い)です。アクセサリーに興味はないし、特におしゃれをすることもない。映画も見ないし音楽にもこだわりがない。強いて言えば時々旅行には行くけれど、一緒に行く友達についていく程度らしいのです。
そこで困ったのがプレゼントです。例えば私ならスキーのゴーグルとかバイクのキーホルダーやレザーアイテム等をもらえるととても嬉しいです。相手の人にも心から喜んでもらえるものを贈りたい!

お客様の場合を見てみましょう。年の差が10歳。十年一昔と言われますが、今では2~3年で世の中が変わる時代です。10才離れていれば考え方や育った環境も大きく変わるでしょう。趣味も合わないしその他さまざまなものに対する価値観も違うと思います。
そこで困るのがプレゼント。相手の人が喜ぶものは自分の世代の人が喜ぶものとは大きく違う。もちろん相手も同じように悩んでいるかもしれません。せめて共通の趣味があれば良いのですが、趣味も合わないとなると一般的なアクセサリーやファッションアイテムになるのかな?アクセサリーやファッションアイテムをプレゼントされるのも、とても喜んでくれるんでしょうけどね^^

そんな困った彼氏さんが当店を見つけて下さり、「そういえば彼女ペットを飼っていたな~」と気がつくのだそうです。

10歳年下の彼女

10才年下の彼女、実にうらやましいです^^実は私も10歳くらい年下の人たちと話す機会があるのですが、恋愛感情はありませんでした。どちらかというと年上の方が好きで話も良く合う。3つくらい年下までなら問題ないのですが、もっと年下になると恋愛対象から外れてしまう悲しい性格(笑)多分話が合わなくなってくるからでしょうね。。。年齢に差があると、価値観が違ってくるので話していて新鮮だが共感はできない。水と油が混ざらないように、話が合わないところが出てくるんですよね。あぁ、もっと大きな器と許容力が欲しい^^

でも仲良くなれる瞬間があります。それは犬や猫の話をするとき。相手の人がペット好きなら、そのときだけは対等に話せる。ペットに限らず共通の趣味があると良いのかもしれません。

第4話 年の離れた彼女へのクリスマスプレゼント

それではここからお店の話になります。当店へお越し頂くお客様からのメールを参考にし、皆様がどのような場面で当店の商品をご利用下さっているかを物語形式でご紹介させて頂きます。話は想像で書いたフィクションですが参考にしてみてください。

line

彼女が10歳年下で困ったこと

彼女が出来たのは嬉しいが、なにせ10歳も年下。

僕が二十歳だった頃、彼女は10歳。小学生。

時々話が合わないと感じる。音楽の話、映画の話。

10年も違えば、話も合わないし趣味が合わないのも当然かもしれない。

そして困るのがプレゼントを贈るとき。

若い子は何が嬉しいのかわからない。

10年前の自分の頃は参考にならない。

たった10年だが、時代が変わりすぎている。

もうすぐクリスマスだが、何をプレゼントしたら喜んでくれるのかわからない。

年が離れていても盛り上がる話題

10歳離れているので、子供の頃に見たテレビの話は続かない。

ただ、心おきなく話せる話題もある。

それは愛犬の話だ。

僕も以前は飼っていた。

彼女が愛犬の話をするときは目が輝いているし、話していて楽しい。

彼女は今、愛犬とフリスビーの練習をしているらしい。

うちにいた子はもっぱら雑種。ボール遊びがいいところだが、彼女のワンコはなかなかのナイスキャッチを見せてくれる。

犬好きの彼女が喜ぶクリスマスプレゼント

これだ!!

私が気付いたプレゼント。

何気なくネットで彼女の愛犬の犬種を調べていて見つけたWEBサイト。

ファンデルワン

彼女のワンちゃんでこのクッションを作ろう。

きっとビックリしてくれる。

これならきっと喜んでくれるだろう☆

愛犬オリジナルクッション

クリスマスの過ごし方

クリスマスの部屋の飾りつけ

私はこの数年は一人でクリスマスを過ごしていました。元々一人が嫌いではないですし、特に会う予定の人もいませんでしたから。以前は一人でクリスマスツリーを飾っていましたが、今は猫を飼っているのでクリスマスツリーを出すことができません。

我が家のクリスマスツリー

こちらは数年前まで使っていたクリスマスツリーです。薪ストーブ、良いでしょ♪

今は猫を飼っているのでクリスマスツリーを飾れません。猫が倒してしまうから。

そこで考えたのが、クリスマスリースです。

クリスマスリースと薪ストーブ

良い雰囲気になりました。一応撮影用にクリスマスツリーも出ていますが、猫のおもちゃになりそうなのですぐに片付けます(笑)

ツリーとリース

別角度でもう一枚。ツリーやリースを飾り、クリスマスソングをかければ部屋の雰囲気はあっという間に変ります。

そして実は今年は彼女がいるので、どんなクリスマスになるのかとても楽しみ。彼女はクリスチャンなので一緒に教会でお祈りをして、あとは家でゆっくり過ごせたら良いなと思っています。

クリスマスはカップルで過ごす?家族と過ごす?

クリスマスはキリストのイベント。キリスト教ではクリスマスは家族で過ごすものです。数年前まで日本のクリスマスは、恋人たちのイベントというイメージが強かったですね。ここ最近は、日本のクリスマスも、友達や家族で過ごすと人が増えているようです。とはいえ、カップルのお二人はきっと一緒に過ごすクリスマスを楽しみにしているでしょう。

クリスマスは教会でお祈りを

クリスチャンの人々は教会でお祈りをささげ、家族でお祝いするそうです。私の彼女もクリスチャンなので、今年は一緒に教会に行く予定です。ちょうどクリスマスイブは日曜日ですしね。私は宗教にこだわりは持っていませんしクリスチャンでもないですが、通っている教会はとてもオープンな環境なので、誰でも出入りしてお祈りをささげることが出来ます。私もお祈りをささげ、讃美歌を聴いています。

第5話 私の好きなクリスマスの過ごし方

さてここからはお店のお話しです。当店が一年で一番忙しくなるのはクリスマス前です。早い方は10月下旬くらいからご注文下さいます。お客様がどんな風にクリスマスを過ごすのか考えながら、商品を作るのも楽しいものです。そんな皆様の様子を想像しながらご利用シーンを物語り形式でご提案させて頂きます。ご注文の参考にご覧下さい☆

line

クリスマスデートも楽しいけど

クリスマスは毎年どこに言っても人が多くて困ります。

外食したくてもお店は満席だしレストランの予約は取れないし。

デパートに行っても夜景スポットに行っても、人ごみに飲まれちゃう。

結局、私たちは家で過ごすようになってしまった。

でも実はこういうクリスマスの方が好きなんだ。

彼の部屋で過ごすクリスマスイブ

ベタだけどクリスマスソングを流し、クリスマスケーキを買ってきて彼の部屋で過ごす。

二人でキッチンに立ち、少しのワインを飲みながら一緒に料理を作る。

料理が好きな彼で良かった。

彼はつまみ食いをし、どんな味付けでも美味しいと言ってくれる。

「それ、まだ味付けしてないよ!」

「うっそ~、でも愛情がこもってる♪」

冗談でもうれしい

3つ年下の彼、なんだかかわいい。

部屋には小さなクリスマスツリーを飾り、ツリーを彼の猫が倒そうとしている。

「あ、危ないよ」

「あ~、大丈夫。いつもの事だから。」

ゴトン。

猫はクリスマスツリーを倒し、ビックリして逃げてしまった。

あの子が来てから毎日楽しいね。

ホントに、目がかわいい子。

里親募集のチラシを見て彼が飼い始めた猫。

友達みんなに人気の猫だ。

プレゼント交換

食後にケーキを食べ、クリスマスプレゼントを交換した。

私は彼に、マフラーと手袋。

彼は・・・何をくれるのだろう。

ずっと楽しみだった。

彼からもらったクリスマスプレゼントに涙をこらえられなかった。

昨年亡くなった愛犬のオリジナルクッションだったのだ。

私が辛かった時、一番理解してくれた彼。

いつも味方でいて、支えてくれた彼。

あの頃を思い出した。

それ以来口に出す事は少なくなっていたけれど、こうやって覚えていてくれるところがとても好きなんだ。

ありがとう。大事にするね。

もしここがレストランだったらこんなに泣けないから。

家で過ごすって、いいね。

第6話 クリスマスに贈る花

クリスマスといえば思い浮かぶのが、ポインセチアです。皆さんはいかがですか?
クリスマスローズやシクラメン、蘭など色々あるかもしれませんね。
今日はそんなお花にまつわるお話です。

line

僕は、ときどき花屋さんへ行きます。

誰かにプレゼントをする訳でもなく、一人暮らしの部屋に飾る一輪の花。

花を飾ると部屋がパッと明るくなります。

彼女は遊びに来ると、花の手入れをしてくれます。

僕は生けたら枯れるまでずっとそのまま(笑)

彼女が手入れをしてくれた後は花も喜んでいるように見えます。

「今日は花束にしてもらえますか?」

「かしこまりました。プレゼントですか?」

「はい(照)」

「お相手は女性?彼女さん?」

「ま、まぁ、そんなところです(笑)」

「じゃぁ可愛らしい感じにしましょうね^^」

お花屋さんのお姉さんともすっかり顔なじみになりました。

もうすぐクリスマス。

クリスマスらしい花を買おうと、いつものお花屋さんへ出かけた。

いつもと違うのは、今日は彼女も一緒なのだ。

「クリスマスと言えばポインセチアでしょう。」

「え~。もみの木にしようぜ」

「クリスマスツリーは飾っているでしょ。」

「あ、そうか。もみの木って、やっぱり来年は大きくなるんかなぁ?」

「あ、なるかもね!どうする?どんどん大きくなって家に入らなくなったら?」

「それジャックと豆の木でしょ!」

他愛もない会話が楽しい。

彼女も花が好きだ。

僕達はポインセチアを買った。

部屋に赤い花を飾るとクリスマスらしさが更に増す。

僕の部屋でゆっくりくつろぎ、明日の朝早い彼女が帰った後、僕は調べものを始めた。

彼女へのクリスマスプレゼントだ。

もう、ここで買うと決めているサイトがある。

猫好きの彼女へ、飼い猫の写真で作るオリジナルプレゼント、ファンデルワンだ。

テーブルに飾ったポインセチアを見ながらパソコンを開く。

オリジナル猫グッズ

このサイトでは彼女が飼っている猫ちゃんの写真でオリジナルのクッションを作ってくれるらしい。

クッションにしようか、タペストリーにしようか色々悩み、またどの写真にしようかこの数日ずっと悩んでいる。

彼女はいつも凝ったものをプレゼントしてくれる。

職人さん手作りの革のキーケースとか、和紙で作った名刺入れ。和紙の名刺入れは営業先からも好評で、これをきっかけに商談がスムーズに行くケースも少なくない。

彼女へのクリスマスプレゼント、やっぱり気の利いたものを贈りたいと思っている。今回はちょっと自信があるぞ!

きっと喜んでくれるだろう。

イメージ図案の作成、無料だったから申し込んでみました☆

~~~~~~

私も今夜、ポインセチアを買ってこようと思います^^ついでに小さめのクリスマスツリーも買ってこようかな。

一年で一番忙しい11月、12月のクリスマスシーズンの到来です。ご注文はお早めにお願い致します☆

クリスマス大好きな彼女,普段は買わない特別なプレゼント

プレゼント選びの基準のひとつに『普段はなかなか買わない物』というものがあります。例えば誕生日やクリスマスには高級なレストランで食事をするとか、少しくらい高くても良いプレゼントが見つかれば思いきって購入するなど、普段はなかなか味わえない喜びがそこにあると思います。

私の場合は、鉄鍋などのちょっと高価なキッチンツールや家具などを買います。鉄鍋は以前から欲しかった物なのですが、他の鍋に比べて値段が高いですし持ってなくても料理はできますので買うのを迷っていました。そこで去年のクリスマスに自分へのプレゼントとして買いました。

プレゼントとしてのペットグッズ

ペットグッズはたくさんの種類がありますが、特別なプレゼントとして使えるものはどれくらいあるでしょうか。

ペットグッズには安価なものが多く、洋服やおもちゃなども以前に比べて安く手に入るようになりました。クリスマスのプレゼントとして贈るのには安すぎる程です。

高額なペットグッズになると逆に高すぎるし大きな物ばかり。家具、カート、キャットタワーなど私も欲しい物がいくつかありますが、プレゼントとして贈るには大掛かりでムードもなく生活観が勝ってしまいそうです。手に持てるくらいの大きさが良いですよね。

オーダーメイドのペットグッズは、商品は値段が高いので欲しくてもなかなか手を出せません。普段は買わなくても、何かのきっかけがあれば購入につながるでしょう。クリスマスや誕生日やペットとの思い出の品を作りたいときなど、特別なシチュエーションがペットのオーダーメイドグッズを買うきっかけになるようです。

ゴールデンレトリーバー

第7話 クリスマス好きな彼女へのプレゼント選び

ここからは当店のお客様がどのように当店を選び、ご購入下さっているのかを物語形式でご紹介させて頂きます。クリスマスが大好きな彼女へ贈るこの時期ならではのプレゼントは・・・?

line

クリスマスが大好きな彼女

彼女の車には1年中クリスマスソングのCDがある。

もちろんシーズンオフには聞かないようだが、秋も深まる時期になるとクリスマスソングを流しながらのドライブが楽しいようで、僕の車に乗るときもCDを持ってくるようになった。

いわゆるクリスマス少女とでも言うのか、クリスマス大好き彼女だ。

付き合って最初の年は、こんなにクリスマス好きな彼女には中途半端なプレゼントは贈れないなぁ、なんて思っていたけれど、純粋にクリスマスの雰囲気を楽しんでいるだけのようだ。

彼女を満足させるプレゼント選び

二人でデパートに行き、クリスマスの雰囲気あるBGMとショップのディスプレー、それらを見て回るだけでも充分楽しめるらしい。

カフェでほっとした瞬間に見せる彼女の笑顔が、自分も何も飾る必要はないと気付かせてくれる。

そんな素直でかわいい子だからこそ、尚更プレゼントは喜んでもらえるものを贈りたいと思う。

さて、今年のプレゼントは何がいいかな。

彼女が喜ぶキーワード。

第一候補、愛犬サリー。

第二候補、オシャレなワンピース。

第三候補、旅行。

まずは第一候補の愛犬サリー。

彼女と付き合い始めたきっかけはお互いの愛犬つながりだった。

ペットのイベントで知り合い、お互い珍しい犬種だったのでその後も犬を連れて遊ぶようになり、仲良くなった。だからプレゼントにもペットグッズはたまに贈り合っている。

第二候補、オシャレなワンピース。

僕が選ぶ服を彼女は気に入ってくれる。今まで自分が買わなかったようなセンスで服を選ぶのが新鮮で、また着てみると意外と似合い、新しい自分を発見するらしい。でも今年の誕生日もワンピース贈ったしな。。。それにこの時期ワンピースはちょっと寒いだろう。

第三候補、旅行。

彼女と一緒に旅行をするのが楽しい。

何かの記念だったり、お祝いだったり。。。

でも今年のクリスマスは平日だ。旅行は無理かな。。。

犬好きな彼女にぴったりの特別なプレゼント

やっぱり第一候補のペットグッズにする。

既製品ではつまらないのでオリジナルの物で、欲しいけれど普段はなかなか買えない物が良いかな。

という訳で、ネットで見つけたファンデルワンに決めた。

部屋にはツリーを飾り、クリスマスソングを流し、部屋の照明を少し落とし、一緒に買ったケーキでお祝いをする。

基本、何でも喜ぶ彼女だが、今年はちょっと特別なプレゼントになるかもしれない☆

愛犬オリジナル

ペットオリジナルグッズ ファンデルワン

~~~~~~~

秋も深まり街中にはクリスマスのムードが漂うようになりました。皆さんの地域でも街のいたる所でクリスマスソングが流れているでしょう。クリスマス大好きな人たちにとっては1年で一番心が弾む時期ではないでしょうか。

彼女さんへのプレゼントは決まりましたか?素敵なプレゼントを見つけられると良いですね。

ファンデルワンではペットの写真からそっくりのオリジナルグッズを編み物で作成しています。

毎年クリスマスは一年で一番忙しい時期になりますのでご依頼はお早めに☆

詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする