父の日のプレゼント選び(つづき)

皆さんこんにちは、ペットオリジナルグッズのファンデルワン担当、三浅です。

ファンデルワン

ペットオリジナルグッズ ファンデルワン

詳細はこちら

本日は、前回の物語の続きをご覧いただきましょう。

お父さんへの素敵なプレゼントは見つかったかな?そして二人のその後は・・・☆

line

「ネクタイかぁ。。。それで、お父さんは何色系が好みなの?」

「ん~、持ってるのは紺とかが多いかなぁ。。。
紺色系でおしゃれなの探そうと思ってるんだけど・・・」

「紺色たくさん持ってるんだったら、思い切って他の色にしたみたら?明るめの黄色とか。」

「え~、黄色は若すぎるよ。」

「じゃぁ、これなんかどう?深みのあるエンジ色」

「おぉ、シブいとこ来たね~!」

「普段と違う色使うと気分も変わると思うよ。」

「へ~、やっぱ相談してよかった^^ これにするよ!」

「俺は・・・そうだなぁ。ビールにしようかな。」

「お酒?」

「うん、一緒に飲めるしな。」

「へ~、男同士、父と子で飲むんかぁ。なんかかっこいいね!」

「ちょっと照れるけど、まぁ夕飯のときにいっぱいだけ、な。
さて、昼飯だ。何食べる?」

「あ、そうだったね、おごる約束だった。」

「あれは冗談だよ。好きなもの・・・
あ、喫茶店あるよ!ここ入ってみようよ。」

「ちょっと、ここドッグカフェだよ!」

「え、犬いなきゃダメなの?」

「ダメ・・・って事は無いかもしれないけれど、人間だけでドッグカフェ行く人いるのかなぁ?」

「そうやって、出来ない理由を自分で作らないの!」

「おぉ~、そういうトコ好き。実は私、一度入りたかったんだ。今は犬いないけどね。」

「飼ってた?」

「うん、昔ね。」

「写真、ある?」

「うん、あるけど。」

「今度見せてよ。」

「あ、ケータイに入ってるよ。ご飯食べながら見せてあげる。」

「じゃ、ここ入ろうか。」

「うん♪」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この物語はフィクションですが、皆さんは父の日のプレゼントをご用意されましたか?

母の日が終わるとすぐに父の日用のご注文が入ったり、母の日と父の日を同時にお祝いされる方もいらっしゃいます。

普段は当たり前すぎてなかなか気付かないかもしれませんが、お父さんは毎日頑張っていますよ^^

感謝の気持ち、伝えるチャンスです☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする