ペットと泊まれる宿、ペンションオーナーへのプレゼント

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ペットと泊まれる宿

皆さんはペットと泊まれる宿を利用したことはありますか?

我が家のムックが天国へ行ったのが2007年、その頃私の地元では近くにペット同伴で泊まれる宿は少なくて私たちは経験できませんでしたが、最近ではペットokの宿やペンションも増えて利用の機会も増えたのではないかと思います。

知人でペンションを経営している人もいますので、ペンション独特の雰囲気が好きでここに愛犬と一緒に来ることが出来たらどれだけ楽しかっただろうと思うこの頃。と言っても、そのペンションはペットNGらしいんですけどね・・・。

宿の女将へのプレゼント

私がツアーで沖縄に行った時の話です。ツアーといても良く利用している某アクティビティショップ主催のツアーでで、参加者は5,6人。ほぼ全員が顔見知りか、存在を噂で聞いていた人たちばかりなのでとても気の合う仲間です。

そのメンバーの一人が、宿の女将さんにお土産を渡していました。

私がその宿を利用するのは2回目だったのですが、お土産を持って来ていた友達はもう何度も利用しているようで、女将さんともすっかり顔なじみのご様子。気の利く人だなぁと関心した次第です。

個人的に良く利用する宿であればお土産を渡すケースは珍しくないですね。最近でもお心付け等の文化は残っているのでしょうか?私は何度か渡そうとするシーンを目にしたことがありますが、多くの場合は丁寧にお断りされる様子でした。

その点、お饅頭などの食べ物であれば受け取りやすいのかもしれないですね。

ペンションオーナーさんへのプレゼント

当店のお客様のお話です。

年に何度か泊まりに行くペンションがあり、愛犬と一緒に遊びに行くのだそうです。

すっかり気に入り、夏休みや年末年始を利用して、夏山登山をしたりスキーをしたり、愛犬と散歩に出かけたりされるそう。憧れの生活です。

そのオーナーご家族とも親しくなり、いつ頃からかプレゼントを贈り合う中になったようで、当店のクッション編物アートをご利用頂くときがあります。

その方曰く、ちょうどペンションオープン10周年で、ペンションで飼われているわんちゃんの誕生日も重なり何か素敵なプレゼントを探していたのだそうで、たまたま当店を見つけて下さったのが当店とのご縁の始まりでした。

ペンションに泊まりに行くとお贈りしたクッションが飾ってあって、他のお客さまからもご好評だそうです。

ファンデルワン

こちらが当店で作成しているクッションです。モデルはココアちゃんと福ちゃん。

お客さまからお写真を送って頂き、作成しています。

ご利用シーンのご紹介

それではここからは、他のお客さまがクッションをどのような場面でご利用になられているか、物語形式でご紹介(ご利用シーンのご提案)をさせて頂きます。皆さんがどんな場面で当店をご利用下さっているか、参考にしてみて下さい。

ファンデルワンのプレゼント物語り、始まり始まり。。。

line

車で2時間ほど走った所にペットと泊まれるペンションが出来た。

私たちも愛犬サリーを連れて一泊したのをきっかけに、その後もお付き合いが続いています。

サリーは当時既に11歳。

その旅行を最後に、翌年天国へ行ってしまいました。

このペンションにはその後も何度か訪れています。

サリーと泊まった部屋を予約します。

オーナーさんも気を利かせて同じ部屋にしてくれています。

ペンションには私たち以外にもワンちゃん連れの人がいて、食事の時や食後の団欒の時などにご一緒させて頂くことがあります。

その時間が好きで、わんちゃんたちと触れ合い、ワンコ談義に花を咲かせています。

もう5年くらいのお付き合い。

オーナーさんの誕生日を知ることが出来、私たちはその日に合わせて宿泊の予約をしました。

当日、なんと他のお客様も皆さん常連さんで、こんな話を持ちかけられたのです。

「失礼します、今夜お時間ありますか?」

「あ、はい、何か?」

「実は、今夜ここのオーナーさんのお誕生日なんです。
簡単なパーティーをしようかと・・・。」

「あら、皆さんご存知だったのですね。
実は私もその為に今日予約してたんです。
是非ご一緒させてください。」

私は準備していたプレゼントとして、看板犬ボスの絵を描いてきました。

水彩絵の具で、決して上手とはいえないかも知れないけれど、少し小さめのサイズで場所もとらず、額に入れて持ってきていました。

他の皆さんもそれぞれ素敵なプレゼントをご用意されていて、中でも一番目を引いたのが、ボスちゃんのオリジナルクッション!なんと普通のクッションではなく編み物で作ってあるクッションで、編みこみ模様で描いたものでした。

これには皆さんもびっくり。

どこで売ってるのか、どうやって注文するのか話題は持ちきり。皆が手触りを確認し、品質の良さに驚きました。

パーティーも無事に終了。

ワンコたちがいるので早めに切り上げ、残った数名でオーナーご夫婦を囲み楽しいお話に時間を忘れて話し込んでしまいました。

「今夜は星が綺麗だよ。」

夕涼みに出ていた主人が戻って来ました。

みなで外にでてみると満天の星空。

こんな綺麗な星空、自宅近くでは見ることが出来ません。

星達からの、オーナーさんへのプレゼントかな☆

最高の一日になったと喜んでもらえました。

~~~~~~

この物語はフィクションですが、同様のシチュエーションでクッションをご注文くださる方もいらっしゃいます。ペンションやお世話になっているペットサロンなどのオーナーさんへのプレゼントにご利用になられるようです。

皆さんもペット関連のプレゼントをお探しなら、オリジナルクッションはいかがでしょうか?

クッション

詳細はこちら

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天