ボーダーコリーオリジナルグッズ,サプライズプレゼント

ボーダーコリー飼い主さまへのプレゼントに

ボーダーコリーのROKIちゃんのご紹介です。プレゼント用にご注文頂きました。

飼い主さまへの誕生日クリスマスのプレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

ボーダーは人気の犬種のひとつ。わんちゃんが集まる公園でも良く見かけます。その為か市販されているグッズも多く、プレゼント用としてペットグッズを贈られる方も多いでしょう。

しかしボーダーコリーのお客様はフリスビー大会で優勝された時などの特別なお祝いで使われることもあります。その場合は既製品よりもオリジナルグッズを作って贈るケースが多いようですね♪

通常は誕生日プレゼントで贈るお客様が多いのですが、その場合でもわんちゃんがボールやフリスビーを持っていたり公園を駆け回っているお写真が多く、日常的に活発に遊びまわっている様子が伺えます^^☆

ボーダーコリーのお客様のご紹介

このページではボーダーコリーのお写真で作成したお客様の作品をご紹介させて頂きます。

フリスビー大会の写真や公園を駆け回る元気な写真が多いですよ☆

ボーダーコリー

こちらはLEONちゃん。上のお写真を元にして作成した商品がこちら↓

ボーダーオリジナルグッズ

お写真そっくりにデザインし、世界に1枚のオリジナルのひざ掛けを作成!

ボーダーコリーってとっても賢いんですよね!お顔も凛々しくてカッコイイ!運動神経もよく、元々は羊を追うシープドッグだったとか。今ではフリスビー大会などでも有名になりました。

編物

作品の近くに寄ってみました。編み物で出来ているのが分かりますでしょうか?

2色の糸を使い、色の違いでボーダーコリーを描いております。

商品の詳細はこちら

編物のボーダーコリー

こちらはロッキーちゃん、ちょっとあどけなさが残る子犬ちゃんかな?

オリジナルグッズ

編物で出来ているのがわかるでしょうか。

編物で出来たボーダーコリー

この角度だと分かりやすいかもしれません。飼い主さまへのプレゼントに、オーダーメイドで作ってみませんか?

プレゼントに使われるお客様

ボーダーコリーのお写真でのご注文は一時期に集中することがあります。どこかのサークルで話題になっているのかもしれませんね^^

ボーダーコリーは作成依頼の多い犬種のひとつ。その注文背景にはさまざまな物語が存在しています。ここからはその一場面を覗いてみましょう。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

第1話、彼女へプレゼントするお客様

最初ボーダーって聞いた時は服の模様かと思ってた。

犬を飼ったことの無い僕はそれくらい犬事情には疎い。

ボーダーコリーを飼っている彼女と付き合うようになったけれど、そんなわけでプレゼントには何が喜ばれるのかさっぱり分からない(笑)

フリスビーの大会があるって言うからてっきり何かスポーツの話だと思ってた。

すると、それも犬の大会らしい。スポーツには変わりないが・・・。

一度練習についていったことがある。

広い公園で思いっきり犬を走らせ、フリスビーをシュっと投げる彼女。

いつも見ている色白で小柄な彼女がこの日ばかりは別人のようだった。

投げる前に犬をその気にさせ、息が合った瞬間に犬が走り出す。

投げる距離とタイミングが絶妙だ。犬が力いっぱい走ってやっと届くところにフリスビーが飛んでいく。

かっこいいな~。

大会では表彰台に上るのが目標らしい。

どうせなら優勝狙いなよ。

と言ってもそんな簡単な世界じゃないんだろうな。。

デートで彼女が歩き疲れた時は犬の話をする。

すると彼女は急に元気になる。

さて、この手はいつまで通用するのかな(笑)

そんな彼女だからプレゼントは犬の物が喜ばれる。

アクセサリーもあまり付けないタイプだが去年贈った犬モチーフのネックレスはつけてくれている。

今年はそうだな、とりあえず「ボーダーコリー、グッズ」と検索してみる。

ページをいくつかめくってやっと見つけたこのサイト。

ファンデルワンのひざ掛けにしよう☆

第2話、フリスビー大会優勝のプレゼント

「かわいいワンちゃんですね!
何ていう犬種ですか?」

「ボーダーコリーっていうんです。」

「へ~、目がとってもかわいい!
スタイルも良いし、今にも走り出しそう。」

「足も速いんですよ!
元々牧羊犬で、イギリスで羊を追っていた犬種です。
スタミナもあって利口で、おっと飼い主が利口だなんて・・・失礼しました。」

「いいえ、本当に賢そうな顔です。」

海辺を散歩していたボーダーコリー。名前はサリーちゃん。

これが私とボーダーコリーとの初めての出会いでした。

サリーちゃんとはその後も時々海岸で会う機会があり、色々お話をうかがう仲になりました。

ある日の事、ボーダーコリーの里親を探している方がいらっしゃるとの事で、サリーの飼い主さんと一緒に見に行くことになりました。

そして我が家にもボーダーのパピーが・・・

「すごーい!子犬も大人と同じ色してるんですね!」

「小さなボーダーがいっぱいでかわいいでしょ^^」

その中から私に一番興味を示した1匹を譲り受けることになりました。

名前はキースと名づけました。

サリーちゃんの飼い主さんに、フリスビー大会に誘って頂きました。

うちの子はまだでられないけれど、サリーちゃんが参加するそうです。

会場では色々なボーダーコリーグッズを持っている人に出会いました。

ステッカーやフードを入れるトレイはもちろんですが、中でも編み物で出来たオリジナルのひざ掛けは仲間内でも人気のアイテムのようでした。

すると・・・

「今日は来てくれてありがとう。」

「あ、サリーのママさん、こちらこそ誘ってくださってありがとうございます。
サリーちゃんのキャッチかっこよかったです!」

「ありがと^^いつも海岸で練習してるからね。
あ、そうだ、これ、私たちからのプレゼント。
あ、気にしないで、里親になってくれた人に贈るのが恒例になってるから。」

包みを開けてみるとそれはあの編み物で出来たひざ掛けでした。

モデルは先日譲り受けた子犬のキース。

皆さんの歓迎を受けて私も大興奮。

今私の頭の中はキースが大半を占めています。

そのオリジナルのひざ掛けをプレゼントしてもらっちゃいました☆

大会の方はサリーちゃんが優勝!

最近の2大会は優勝から離れていたので喜びもひとしおのようです。

後日、何人かで集まり、優勝のお祝いにオリジナルのクッションをプレゼントすることになり、私にも声をかけてくださいました。

私とボーダーとの出会いを作ってくれたサリーちゃんにお礼を兼ねて、良いプレゼントが出来そうです☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする