ペットの遺影,亡くなったペットの写真を見るのも辛い。ペットロス体験談。

猫の写真

我が家のマロちゃん。2020年に亡くなりました。

マロが死に、たくさん撮っていた写真の中からいくつかを印刷し、アルバムを作ったり部屋に飾ったりしています。

でも、せっかく飾った写真も時々片づけたりします。

その理由は、やっぱり辛くなる時があるから・・・。

抱きしめるぬくもり

ペットロス、写真を見るのも辛い

時々開くアルバムはとてもかわいく、癒されます。

マロがいなくなってしばらく経って、部屋に写真を飾りました。

でも、時々それも辛くなり、泣いてしまう事もありました。

そんなわけで、写真を飾ったり、しまったり、それを何度か繰り返しています。

先日、写真を新しく飾ってみました。

私は星の写真を撮るのが好きで、その場合は黒いフレームの写真立てに飾ります。

その写真立てに猫の写真を入れてみました。

猫の遺影

すると、この黒いフレームが、困ったことにいかにも亡くなった子の遺影のように見えて、猫のかわいさや生前の楽しさがよみがえりえません。

こうやって悲しみに浸るのも大事なことだとは思いますが、やっぱりかわいい猫ですからかわいいフレームに入れてあげたいと思います。

写真を見るのが辛い時のアドバイス

写真を見るのも辛い時期がありました。

でも、アルバムを開いてマロ(猫)に会うと、やっぱりかわいくて癒されて、そしてまた涙が出てくるという繰り返しでした。

そんな時のアドバイスとして、祭壇を飾ってあげて、そこに写真を飾ると良いと思います。

私も祭壇を作った時にとても癒された経験があります。

詳しくはこちら

そこに写真を飾っておけばこんな心境の変化が起きます。

『会いたくなったら、その場所に行けばあの子に会える』

これが安心感に変わり、写真を見たいという焦りも無くなりました。

特に猫の場合は家の中のどこにいるのか分からない時もあります。

帰宅しても迎えに来てくれる時と、来ない時があります。

『きっとあそこ(祭壇のある部屋)にいるのかな?』

そう思いながら部屋に向かうのも良いでしょう。

写真を飾る部屋を決めるのもお勧めです。

ペットの遺影を玄関に飾って、出かける前と帰宅時に会えるようにしていた頃もありましたが、それがかえって辛くなる瞬間もあります。

そこで、私は寝室に写真を飾りました。

今はリビングには飾っていません。

ですから普段は目にすることはありません。

ふと写真が目に入って辛くなるという事もありません。

そして、寝室に向かうときはマロちゃんに会う時間という習慣が身についてきました。

かわいく飾る?遺影っぽく飾る?

写真を見るのが辛い。でも全く見ないのも寂しい。

そんな時は、飾り方を変えてみてはいかがでしょうか。

あえて暗いフレームに入れて、ちょっと悲しそうに飾る事が良い場合もあります。

それは、やっぱり別れを受け入れるという事。

ペットロスで立ち直れない人の中にはちゃんと泣けていない人もいます。

詳しくはペットとの別れが辛い時は泣ける場所を作って、ちゃんと泣くをご覧ください。

ちゃんと悲しんで、ちゃんと泣くことで立ち直りが早くなると思います。

ちゃんと泣けた後は、かわいく飾ってあげましょう。

まだ少し辛いかもしれませんが、こうやって一歩ずつ段階を踏んでいくことでだんだんと心が別れを受け入れられるようになり、やがて笑顔で写真と向き合えるようになると思います。

でも多くの場合はかわいく飾ってあげていると思います。

私も飾り方を何度か変えています。

猫の遺影

こちらは後日の写真。

場所を変え、お気に入りの猫の本を置き、私の好きなカメラ(猫を撮った古いカメラ)を置いてみました。

その他、腕時計や日常よく使う物を置いても良いかもしれませんね。

このように自分の好きなものと一緒に飾ったり、かわいく飾ってあげるのも良いと思います。

後は黒いフレームの写真立てを買い替えなきゃいけませんね!

ちょっと素敵なフォトフレームに飾ってあげよう

ペット達へのプレゼントという気持ちを込めて、ちょっと素敵な写真立てに飾ってあげましょう。

お水やお花をお供えしてあげるような気持で、普段はあまり買わないような高価な写真立てや、おしゃれな物、センスの良いもの等を選んでみるのもお勧めです。

生前も沢山プレゼントをしてあげたことでしょう。

誕生日にはペット用ケーキやおやつを、旅行に行った時はお土産におもちゃを買ってあげたかもしれません。

それと同じで、綺麗なかわいい写真立てに飾ってあげましょう。

きっと天国のペットも喜んでくれると思います☆

我が家では黒いフレームに入っていました。

シックな写真を飾るのには黒いフレームが似合いますが、ペットの写真を飾るのには良くないと感じました。

かわいい写真立てを買ってきましょう。

このような行動の一つずつか、ペットロスの克服につながると感じています。

ペットの遺影

こちらは新しく買ってきたフォトフレーム。

写真立てとしてはちょっとお高めでしたが、明るくかわいい雰囲気でとても気に入っています。

写真以外の方法で飾る

写真を見るのが辛いという場合は、写真以外の方法で飾ってあげてはいかがでしょう。

ペットオーダークッション

ペットのオーダーメイドグッズはたくさん販売されるようになりました。

しかしそれらは写真を印刷したものが多く、写真を飾る事とあまり変わりません。

私たちはこのオーダーグッズを編み物で作ります。

そして、お客様からは印刷ではないニットの温かみがあると言われます。

抱きしめるクッション

ソファーに置けばあの子がそこに居るよう。

抱きしめれば自分のほんのりニットの温かみを感じ、まるであの子を抱いてるみたい。

写真とはちょっと違う、新しい飾り方としていかがですか?

商品一覧を見る