ペットの月命日

お客様のご感想
今回作って頂いたのは実は亡くなった猫で、何も伝えていなかったのに、ちょうど月命日に商品が届きました。「ペットからの贈り物」というお店のポリシーがうちの子に届いたのかなと思うと嬉しくなります。作成中も色々話を聞いて頂き、他のお店では感じた事のない優しい対応も嬉しかったです。

ペットの写真で作るグッズ

ファンデルワンの三浅です。

今日も皆様からペットロスの相談に乗りつつ、作品作りしています。

作業風景

今日は、ペットの月命日についてのお話しです。

皆さんは月命日ってどのように過ごしますか?

お客様の中には月命日を大事にしている人がとても多いようです。

最初にご紹介したお客様のように、ペットを亡くされてすぐにご注文する人もいます。

お届けまで約2週間。ちょうど月命日の辺りが商品のお届けになりますので、偶然その日に届くという事もあるようです。

良く、お客様がこのように言われます。

今日はうちの子の月命日にあたります。友人が気を使って連絡して来てくれました。

こういうメールは私にとってとても嬉しい内容です。

というのも、お客様はペットを亡くされて辛い思いをされています。

中には一人で抱え込んでいる人もいらっしゃいます。

私はそういう方々と、毎日のようにメールで相談を受けています。

でもご友人が連絡して来てくれたと聞くと、

このお客様は一人じゃないんだね。
私以外にも相談できる人がいるんだ。

と、私が安心するのです。

私の仕事はペットのメモリアルグッズを作る事。

カウンセラーではないので、ペットロスのご相談を何時間受けても、お金はもらえません。

しかし、泣いている人を『放っておけない』という気持ちが大きく、ついついいつまでもお客様にお付き合いしてしまいます。

スタッフからは時々怒られます。

そうですよね、その間作成が出来ないのですから…。

そんな時、ご友人からメールを貰ったという連絡を聞くと、この人にはちゃんと誰かがついてくれているんだな、と感じます。

だから、とても安心するのです。

私はペット(亡くなった猫のマロ)の命日は覚えていますが、月命日はあまり気にしていません。

命日も特に特別な事はしていません。

命日の近い日に時々お墓参りに行く感じです。

実は、マロの命日は妻の誕生日なのです。

だから、命日の特別な事をするより、妻のお祝いをします。

そして、マロの話をしてちょっとだけ寂しい気持ちにもなり、思い出話で優しい時間を過ごします。

1カ月って、長いような、短いような、不思議な時間ですよね。

これが2カ月、3カ月・・・1年、2年

そうやって、普段とは違う時間の流れを感じ、「あれから〇カ月」と過ぎた時間を再認識し、自分の気持ちを現実に戻してくれるのが月命日だったり、命日だったりするのかもしれません。

マロが亡くなって3年。

とても長い時間が経ったような気がします。

でも、マロが旅経った朝の事は鮮明に覚えていて、ほんの少しだけ悲しみは薄れたかもしれないけれど、だけれども、やはりお客様の相談に乗っているとマロを思い出し、一緒に泣いてしまいそうになる私です。

高齢者のペットロス

一生忘れる事のない、私の友。

お客様の相談に乗る毎日、その度にマロを思い出しながら作品作りしています。

関連記事

編み物

うちの子が帰って来た

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。