家族の誕生日前(誕生日当日)にペットが亡くなる理由

作業風景

ニット作家のペットロス相談室

その日は妻の誕生日。

数日前からお祝いの準備。

楽しいはずの日。

でもその日の朝、家族の猫が亡くなりました。

今日の記事は、家族の誕生日にペットが亡くなる事について感じた事を書いてみます。

ごく稀な、でも我が家にも起きたしお客様からも同様のご相談を頂きます。

私は以前、マロと言う名の猫を飼っていました。

ソラとマロ

写真右のキジトラ猫です。

我慢強くて無口でしたが、やさしくて甘え上手な猫でした。

彼が亡くなったのは、妻の誕生日当日の朝でした。

お祝いの準備をしていましたが、妻も私もそれどころではありませんでした。

火葬の準備、今後の事、気持ちの整理、

何も手につかず、お祝いは当然後日という事になりました。

ペットが家族の誕生日前(又は当日)に亡くなる理由

私はペットの写真でメモリアルグッズを作成しています。

ご注文の際にはお客様からペットロスの相談をされる事もあります。

そして、時々このように言われます。

「誕生日前(当日)にペットが亡くなりました」

私は、我が家と同じだと感じずにいられません。

実は誕生日の当日(又は近く)にペットが亡くなることは案外多いのかもしれません。

そんなお話を聞いているうちに、私はこう思うようになりました。

「ペット達は誕生日のお祝いをしたくて今日まで頑張って生きたんだ。」

マロは病気が見つかり、2か月で亡くなりました。

私達が誕生日の話をしていたのを聞いていたのかもしれません。

お客様のご自宅でも同じような事が起きているのではないでしょうか。

ペットは飼い主の気持ちを良く分かっていると言われます。

皆さんの会話をちゃんと理解しているのかもしれませんね。

自分もお祝いをしたい。

そう思って頑張って生きてくれたのかもしれません。

製作のご依頼を受ける時、今のお気持ちをお話しくださるかたも少なくありません。

私がご相談に乗り、お客様が喜んでくれれば私も嬉しいです。

そしてお話しを聞くと、頑張って綺麗な作品を作らなきゃと感じます。

皆さんもご注文の際には是非お話しをお聞かせ下さい。

my dog cat cushion

糸を編んで作る、ニットクッション

特別な誕生日プレゼント

商品をお届けする時、メッセージカードを同封するというサービスを提供しています。

メッセージカード

(イメージ)

メールでメッセージをお預かりし、写真入りの便箋に入力して商品に同封いたします。

内容は極力読まないようにしていますが、入力の際に誤字等が無いように文章を確認します。

その中に、ペットの葬儀などで誕生日が過ぎてしまった事や、お祝いできなかった事などが書かれています。

我が家と同じ状況だったのかなと感じずにはいられません。

お急ぎコースでのご依頼ではなくても、早くお届けしてあげたいという気持ちが生まれます。

皆さんの温かい気持ちが作品を生むのだと思います。

猫のオリジナルクッション

モデル:我が家のマロです。

詳細はこちら

メモリアルグッズがペットロスの支えになったお話し

記事一覧