ペットロスは悲しみと幸せの隙間に生きる事

お客様からレビューを頂きました。

だいぶお気に入り。とても繊細なタッチですごくよくできています。
そっくり。写真よりいっそう愛くるしい。
ファスナーもついているので洗えるのもいいです。でも見るたびにやはり悲しくなってしまう。
矛盾してますが、励みにもなります。ありがとうございました。
プードルのクッション

お客様の中には、ご注文の時にペットロスの寂しさを話して下さる方も多くいらっしゃいます。

しかしこちらのお客様は、ご注文当初から事務的なやり取りが続いていました。

まだ元気な子かな?

ご家族へのプレゼントかな?

そんな想像をしながら作成させて頂きました。

そしてお届け後、レビューを書いて下さったのです。

その時、私たちは初めて「亡くなった子だったのかな?」と感じたのです。

ペットロスは悲しみと幸せの隙間に生きる事。

このレビューに象徴されるようにペットロスを経験した人達は、ペットの居なくなった悲しさと、彼らと過ごした幸せな記憶の隙間で生きています。

思い出しては笑みがこぼれ、また思い出しては悲しくなり・・・。

私が猫を天国へ見送って、1年半が過ぎました。

今でも毎日彼を思い出せるのは、こうやってペットを亡くされたお客様からメールを頂けるからです。

寂しくなる時もあるし、思い出しては笑ってしまう時もあります。

皆様からのお礼メールを読むたびに、亡き愛猫の事を思い出します。

悲しくもなるし、励みにもなるメモリアルグッズ

ペットのメモリアルグッズはとても不思議な役割を果たします。

レビューにも書かれているように、クッションを見ると泣いてしまうという人もいます。

同時に、クッションがあるからこれからも頑張れるとも言われます。

あの子に会えたようだと言われることが、私は一番嬉しい。

ペットを亡くした方から初めて注文を頂いたのは十数年前です。

私たちはメモリアルグッズを作ることには迷いがありました。

メモリアルグッズを作成する事で、返って悲しみが深くなってしまうのではないかと・・・。

でも、お客様からはお礼を言って頂きました。

泣きながら電話を下さる方、お手紙を下さる方、生前のペットの写真や祭壇の様子を送ってくださる方、多くの方が喜んでくださいました。

そして、ペットロスで苦しむ他の皆様の為にもお仕事頑張って下さいと言われます。

ペットロス乗越えの段階

幸せを感じられない間は苦しいかもしれません。

しかし、少しでも幸せな時間を感じることが出来るようになってくると、少しずつペットロスを克服し、元の生活に戻ることが出来るようになってくるでしょう。

寂しい時間と、元気になった時間を繰り返し、だんだんと元気な時間が増えていくでしょう。

メモリアルグッズはそのきっかけを作ってくれるのかもしれません。

無理をせず、ゆっくり元気になって頂けると幸いです。

抱きしめるぬくもり