ペットロス、本当は辛かった、強がっていた親の気持ち/ぎくしゃくした家族仲が良くなるきっかけ

家族で飼っていたペットが亡くなったとき、ペットロスに対する認識は家族同士でも違う場合があります。

泣いている人もいれば、強がっている人もいるかもしれません。

時には関係がぎくしゃくしてしまう事もあります。

家族間の温度差についてはこちら。

我が家も同じでした。

我が家では父が強がり、「いつまでも泣くな」と言っていました。

今まではペットが間に入って和ませていたかもしれません。

みんなが好きなペットだったのに、そのペットが原因で関係が悪くなるのは残念な事です。

そんな時、ペットのオーダークッションが家族を和ませ、ペットを愛していたことを思い出せてくれたという例をご紹介しましょう。

言葉を超えた贈り物

メモリアルグッズが人の心を開かせる

亡くなったペットのメモリアルグッズにはいろいろな役割があります。

ペットの身代わりだったり、癒しや支えだったり、贈り物だったり。。。

そして時には人の心を素直にさせてくれることもあるようです。

ペットも同じ役割をはたいしてくれませんでしたか?

ペットが初めて来たとき、みんなが笑顔になり、普段口数が少ないお父さんも嬉しそうにしゃべっていたというご家庭も多いのではないでしょうか。

そのペットがいなくなった時、また元の生活に戻ってしまいます。

我が家も同じでした。

元の生活に戻るなら良いですが、ペットが死んでしまった辛さからは簡単には立ち直れません。

そんなある日、誰かがこのメモリアルグッズをプレゼントされたとしたら・・・。

トイプードルのクッション

(見本はココアちゃん)

それは落ち込んでいるお母さんを励ますプレゼントに使われる場合もあります。

家族の誕生日プレゼントに使われる事もあります。

そのクッションを見た時、まるでペットが帰ってきてくれたような気持になるようです。

ペットが初めて我が家に来てくれた時と同じかもしれません。

そうして家族に笑顔がもどる。

ここまでは良くあるお話しです。

お父さんの涙を見る

そして時にはこんなことも起こるのです。

今まで強がっていた人、例えばお父さんがクッションを見て涙を流すのです。

「泣くな」と言っていたお父さんが、本当は一番泣きたかったのかもしれません。

今までペットの話を避けていたのに、クッションを見た瞬間にペットの事を思い出し、感情があふれてしまうのです。

そして、その涙を見た時に他の家族が知るのです。

「お父さんも辛かったんだね。」

それをきっかけに家族の中が良くなることがあれば、私たちもこんなにうれしい事はありません。

相手の気持ちを全て知るのはたとえ家族でも難しい事です。

メモリアルグッズがペットロスを克服するきっかけになれば幸いです。

関連記事

一緒に悲しんでくれる人の存在に気付けた

家族がペットロスになって困った事と対応の仕方

猫の死に対する家族の気持ちの違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする