ペットロスの克服方法、克服するのをやめて寂しさと共に生きていく

悲しさが何度も蘇り、ペットロスから立ち直れずにいます。

当店ではそんな相談を良くお聞きしています。

私はカウンセラーではないのでアドバイスはできないですが、お気持ちに寄り添えるよう努力しながら作品作りをしています。

ペットオーダーグッズ
(ニットクッション)

たくさんのお客様とお話しをしていると、時々新しい考えを持った人に出会います。

本日は、「一生ペットロスのままでいい」というお話をご紹介します。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ペットロスの克服を止めてみる

この頃、時々こういう人がいらっしゃいます。

『私はずっと、ペットロスのままでいい。』

涙が出てくるのは悲しいからですし、寂しいからです。

精神的に良い事だとは言えないかもしれません。

でも、それを乗り越えて笑ってしまうと、自分の気持ちに嘘をついているような気がするそうです。

また、

『もっと泣いていたい』

『あの子を思う時間を大事にしたい』

という人もいらっしゃいます。

その考えには私も賛成で、今は亡き愛猫のマロと別れて3年経った今でも、あの子を思い出す時間を大事にしています。

そして時々涙が出ると、寂しさとあの子に出会えた幸せを感じている自分に気付きました。

寂しさと共に生きていく

私にとって、とても印象に深く刻まれている言葉があります。

『寂しさと共に生きていく。それが飼い主に与えられた最後の役目。』

確か、こんな言葉だったと思います。

とてもカッコイイじゃないですか。

ペットがいない寂しさなんて、一生忘れる事は無いでしょう。

それだけ愛していた証です。

関連記事
寂しさこそ愛していた証

死ぬまでペットロス

私もきっと、死ぬまでずっとペットロスです。

泣く回数は減るかもしれませんが、(年取って増えるかもしれません)、猫のマロがいない事は私にとっておそらく一生忘れる事は無いでしょう。

そして今飼ったいるソラも、いつかいなくなると思います。

その2匹の猫たちは私の一緒の宝です。

彼らがいなくなった私の老後、私はきっと死ぬまで彼らを思い続け、時に涙して、このブログ何か読み返したりして、老いていくのかもしれません。

その時には彼らの写真で作ったニットグッズに囲まれていたいです。

うちの子が帰って来た

マロのクッション

糸で描くペット

ソラのニットストール

記事一覧

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天