ペットロスを乗り越えるのを、やめてみよう。

ペットロスを乗り越えるにはどうすればいいか、お客様や知人から頂いた助言やアイデアなどをご紹介していますが、時々無理をして乗り越えようとしている人に出会います。

ペットロスを乗り越え、元気な生活を取り戻すのはとても素敵なことですし、天国のペット達も喜んでくれると思いますが、乗り越えたいからと言って無理をしてしまうと返って悪化してしまう事もあります。

無理はせず、時には気を楽に持って、「乗り越えるのはもうちょっと先にしてみよう」と言う気持ちになってみませんか?

ペットロスを乗り越えない

ペットはもういない、天国へいってしまい何ヶ月が過ぎた。この辛さにいつまでも沈んでいてはいけないのは重々承知しています。でも、どうしても辛くてまた泣いてしまいます。

そんな人は多いでしょう。

それならいっそ、そのままでいるのも良いのではないでしょうか。

私はこんな経験があります。

この辛さを背負って生きていくのはあまりに辛すぎる。

それならば、あの子を愛していた事を自分のプライドとして、その気持ちと一緒に生きていこう。

そう思えたときから私はどんなに辛くても、むしろ辛い時こそ自分のプライドとなり、あの子を愛した証であると思うことが出来、がんばる事が出来ました。

無理に乗り越えようとすると、返って辛さが増すときがあります。

そうなった時は、乗り越えるのをやめて、ペット達への愛情をもう一度思い返してみて下さい。

思い切って2,3日会社を休んでも良いでしょう。

何もしない休日を作っても良いでしょう。

朝から晩まで写真を見たり、思い出に浸ってみるのも良いでしょう。

ペット達が元気をくれるかもしれません。

ペットの死を受け入れる

辛い事を受け入れるのはとても難しい事です。

事実を受け止めきれないから、私たちは悩み、寂しくなり、辛くなるのだと思います。

受け入れる事が出来たらどれほど楽になるか・・・。

でも、受け入れる事は出来なくても、そのための階段を一歩ずつ進む事は出来ます。

他人に話す

まずは自分以外の他人に話すのがお勧めです。

当店でもお客様からのお電話で、ペットとの別れのお話を伺う事があります。

最初は涙ながらに話されていても、少しの間お話を伺っていると皆さんが少し元気になったと言われます。

話を聞いてもらうことが出来れば心が落ち着くようです。

身近に話を聞いてもらえそうな方がいれば、是非相談してみて下さい。

お勧め記事:ペットを亡くした寂しい気持ちを誰かに聞いて欲しい

手紙を書く

ペットロスを乗り越える方法として時々聞く話ですが、天国のペットへ宛てた手紙を書くと良いそうです。楽しかった思い出や自分が思っていることなどを書いてみましょう。なくなった理由は自分にあると責めている人は、今の気持ちを書いてごめんねと伝えてみてください。もしかしたらその気持ちがペット達に届き、「そんな事無いよ、今までありがとう」と言ってくれるかもしれません。

書いているうちに冷静になり、自分の気持ちを客観的に見ることも出来るそうです。今の気持ちをペット達に届けるのに一番良い方法かもしれませんね。

祭壇を設ける

仏壇や位牌を置いて祭壇を設ける人も多いでしょう。そこまでしなくても、ほとんどの人は写真を飾っていると思います。

そういう場所に飾り付けをしたり、お供えを置いたりすることで心の整理が出来てくるそうです。

これらの行動で、別れを少しずつ受け入れられうようになるそうです。

ごめんなさいではなく、ありがとうと伝える

亡くなったペットに対して伝えたい事はたくさんあるでしょう。

でも、その多くが「ごめんね」になっていませんか?

病気に気付いてあげられなくてごめん、もっと早く病院に行っていれば。

もっと良い看病の方法があったのではないか。

最期の日に一緒にいて上げられなくてごめん。

そんな事より、ありがとうを探してみましょう。

我が家に来てくれてありがとう。

悩みを聞いてくれてありがとう。

私たち家族をたくさん笑顔にしてくれてありがとう。

幸せを運んできてくれてありがとう。

あなたのお陰で新しい友達が出来たね。

それらの言葉を贈られたペット達は、きっと天国でも幸せに暮らせると思います。

ペットがこれからも永遠に幸せでいてくれるなら、私たちももう少し頑張れるかもしれません。

ペットロスを無理に乗り越えようとせず、こうやって気持ちを楽に持って、天国のペットに接してあげてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする