ドッグランで知り合った友達へのプレゼント

ペットのお写真でオリジナルグッズを作っています。

編物アート

飼い主さまへの誕生日プレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

ファンデルワンのブログへようこそ。皆さんは大切な友達へのプレゼント、どのようなものを贈りますか?

高価な物?ふたり共通の趣味の物?思い出の品?私なら・・・思い出の品かな。

さて、本日も色々なお客さまがいらしています。

今日はどんなお客様がどんな目的でいらっしゃっているか、皆様とのメールのやり取りを参考にしてちょっとお店の様子をご紹介してみましょう・・・♪

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ペットがつなげてくれる縁

犬の散歩をしていると、今まで挨拶程度だったご近所さんとでも話をするようになります。また見知らぬ人にでもなぜか声をかけやすくなる。私も同じ経験があります。

私はドッグランには行った事はありませんが、きっとすぐに友達が出来るのでしょう。

お客様の中には、わんちゃんをきっかけに知り合った友達同士でプレゼントを贈り合う場合もあるそうです。その時に当店の商品をご利用下さいます。

中にはドッグランで知り合った人やSNSで知り合った人など様々ですが、一人友達が出来るとその人をきっかけにどんどん広がっていくようですね。

今日はそんなお客様の生活を思い浮かべながら物語を書いてみました。

皆さんがどんなときに当店をご利用下さっているか、参考になれば幸いです。

ドッグランで知り合った友達へのプレゼント

犬を飼い始めた

子供たちが皆家を出て、夫とふたりの生活。あまり会話の無い私達でしたが、息子夫婦が突然連れてきた柴犬。この子が私達の生活をがらりと変えてくれた。

元々犬好きな我が家。

以前飼っていた雑種のチビ。

どこか似ているので名前をコチビにした。

「元々チビなのに、更に小さくするのか?」

夫も笑ってる。

ドッグランデビュー

私達は一緒に出かけるようになった。まずは散歩。ご近所の方とも普段とちがう会話ができる。

そして休日にはドッグラン。チビがいた頃には無かった施設だ。

もっとも、当時は公園で今よりはるかに自由に遊ばせることが出来たが・・・。

ドッグランでたくさんの方と知り合いになった。

知り合った友人達の勧めでSNSもはじめた。

人生の幅が急に広がった気がする。

ペット事情の変化

私達がペットを飼うのは10年振り。

あまり時間が経った感覚は無かったが、今のペット事情は当時とはまるでちがう。

お洋服やエサの種類、飼い主の持ち物やグッズ、愛犬の写真を撮ると言って大きなカメラを持っている人も少なくない。

ホームセンターの安物のリードだけ付けたコチビとは大きな違いだ。

ドッグランで知り合った友達

仲の良くなった皆さんとは、ペット以外の話もするようになった。家庭の事、仕事の事・・・、まるで小さな子供をつれた公園のママさん状態だ。

私は足と肩が痛いことを話すと整体師の先生を紹介してもらったこともある。

その他ケーキ屋さん情報や魚の安い市場の話し。

近くに住んでいたのに知らない店もたくさんあるものだと関心するほどだ。

誕生日のお祝い

ある日、友人から提案があった。

メンバーの一人のわんちゃんが、来月誕生日を迎えるのだそうだ。

そこで、仲良し4人でプレゼントを贈ろうと・・・。

私も大賛成。

でも、何を贈るのかな?と思っていると、なんとだいたい決まっているらしい。

紹介してもらったのがファンデルワンのクッション。

こんな素敵なものがあったのね。

それはわんちゃんの写真そっくりのクッションを、編み込み模様で作ったものらしい。

実物を見て私は驚いた。

友達の飼い主さん、親戚、義理の母、ペット好きな人たちみんなにプレゼントしたくなるほどだった。

みんな私を大切にしてくれる人たち。そのお礼をしたい。

プレゼントは喜ばれた。

みんなで贈り合いをしているようで、受け取った友人も既に知っている商品だったようだが、とても喜んでくれた。

オーダーメイドと言っても、友達数人で注文すればひとりずつの支払額も抑えられる。

良いアイデアだ。

コチビがつなげてくれたご縁。これからも大事にしよう。

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天