友達とのクリスマスパーティー

皆さんこんにちは、ファンデルワンへお越し頂きありがとうございます。

オリジナルプレゼント

写真で作るオリジナルグッズ。

プレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細はこちら

改めましてこんにちは、ペットのオリジナルクッションを編み込み模様で作成しています、ファンデルワンの三浅と申します。

クリスマスが近づき、いよいよ当店では一年で一番忙しいシーズンを迎えました。

作成をご希望の方はお早めに^^☆

さて、本日も物語り形式でクッションのご利用シーンをご紹介してみたいと思います。

皆さんがどのようなシーンでご利用されているか、参考にしてみてください。

ファンデルワンのクリスマスプレゼント物語り、始まり始まり・・・☆

プレゼント物語

「クリスマス、どうする?」

「それ、聞く?」

「ごめん、聞いちゃった^^」

「そっちこそどうするの??」

「え~、やっぱ聞く^^??」

「私達って・・・、なんだかな~^^」

今年は私も友達もカレシなし。

他のみんなと違って二人だけでなんとなく探りを入れてみる。

そっか、まだ彼氏できてないんだ。

私と一緒だね。

私達は女二人でクリスマスを過ごすことにした。

町に出ればカップルばかり。

でも彼女と一緒なら私は楽しかった。

楽しい話も辛い事も、何でも話せる相手ってそれほど多くはないと思う。

いや、多くは必要ないのかもしれない。

こうやって、話し合える相手は一人いれば十分で、そして、そういう相手は少ないほうが良い。

「実家には帰るの?」

「うん、年末にね。お正月はずっと田舎にいるよ。」

「そっか、じゃぁクリスマスは盛大にやろっか?」

「おぉ~、良いね~。」

「私んち来ない?二人でケーキ食べようよ。」

「あれれ~、なんだか楽しくなってきたね^^」

私達はお互いにクリスマスプレゼントを用意することにした。

彼女は何をプレゼントしてくれるのかな?

彼女のプレゼント選びはセンスの良さを否めない。

私は・・・実はもう決めていた。

半年前、彼女が失恋したときに元気を出して欲しいと思って、贈ろうと思っていたものがある。

でも、そういう時は物に頼らず、自分の力で立ち直ったほうが良いと思って私は贈らなかった。

その時贈ろうと思っていたものを、今度のクリスマスで贈ろう。

その方が、このプレゼントも、これから先良い思い出になるだろう。

彼女の一番の癒し、それは彼女の実家で飼っているワンちゃん。

名前はエルちゃんだったかな。

写真を見せてもらった事がある。

そのエルちゃんのオリジナルクッション。

喜んでくれるかな?

愛犬オリジナルグッズ

友達と過ごすクリスマスも悪くないね^^☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この物語はフィクションですが、お友達へのプレゼントとしてご利用頂くケースも少なくありません。

皆さんはどのようなシチュエーションでプレゼントを贈りますか^^?

クリスマス前はご注文が大変混み合いますので、作成をご依頼される場合はお早めにお願い致します☆

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。