60代の母の誕生日プレゼント

『実家の母の誕生日に、愛犬のオリジナルクッションをプレゼントしました。ラッピングを開けて、クッションを見て家族全員が涙したそうです。』レビューより

ファンデルワン

ペットの写真で作るオリジナルクッション。誕生日プレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。お客様から頂くレビューやお礼のメールが私達の励みになっています。

今日は実家のお母さんへの誕生日プレゼントにご利用頂いたお客様の傾向をご紹介します。

60代のお母さんの誕生日プレゼント

還暦も過ぎ、孫も生まれ、そろそろお年寄りの仲間入りかと思いきや、今の60代の皆さんはまだまだお若いようですね!私の母も60後半ですが現役で働いています。

さて、そんな元気なお母さんにはどんなプレゼントが良いでしょうか。またプレゼントするときにどんな悩みがあり、どんな解決策があるでしょうか。お客様のご意見も参考にしながらご紹介して参ります。

抑えておきたいプレゼント選びのコツ

40代50代ではまだまだ皆さん元気だと思いますが、還暦を越えた頃から仕事等でも環境が変わり、人によっては老いが顕著に見え始めるでしょう。60代へのプレゼントといっても60歳から69歳まで幅広く、健康状態も個人差がある年代です。ということは、その人にあったプレゼントを選ばなければいけません。

いつまでも元気でおしゃれな母

いくつになってもおしゃれな女性がいますよね。姿勢や喋り方にも品があり、実年齢よりも若く見えるお母さまも多いと思います。人との交流もますます盛んになり人生を楽しんでいる人。そういうお母さんにはやっぱりおしゃれアイテムでしょう。ストールもよし、バッグもよし、人と会うときに使うものが良いと思います。おしゃれなものは毎回同じものを使いまわすよりも、時には違うスカーフをつけたり場所に合わせて鞄を変えたりするものですからたくさんあっても困りません。何を贈るかはあまり問題ではなく、お母さんの好みの柄で贈ると良いでしょう。お母さんの好みの柄を見つける方法はこちらをご覧下さい。

自分の願いを込めた贈り物は失敗しやすい?

お客様から「今までプレゼントしてきた物はあまり使ってもらえなかった」という話を良く聞きます。

  • 散歩に行けるようにウォーキングシューズを贈りました。
  • 旅行でも言って第二の人生を楽しんで欲しくてボストンバッグをプレゼントしました。

というお客様。しかしそれらは一度か二度使っただけで、その後は使われなくなったそう。それはなぜかというと、自分の願いを込めた贈り物だったからです。

それは決して悪いとは言いません。お母さまもその時は喜んでくれたでしょうし、ウォーキングに行くきっかけにもなったでしょう。

しかし、それらの趣味が続けば良いのですが元々ウォーキングや旅行等の趣味がない人ですから、すぐに使わなくなってしまうことが多いようです。

お母さんにこうなって欲しいという願いを込めた贈り物をする時は、それが後に使われなくなる可能性もある事を考えた方が良いかもしれませんね。

ちなみにボストンバッグのように、家族の別の人でも使える物なら後に有効利用出来るかも☆

ペットオリジナルグッズが喜ばれた理由

そしてお客様は今回はペットのオリジナルグッズを選ばれました。今までで一番喜ばれたと言って頂ける理由は何でしょうか。それは、お母さんが今一番好きなものが愛犬や猫ちゃんだったからでしょう。

自分が好きなものを貰うととても喜ばれます。それはおそらくプレゼント(品物)に対する嬉しさではなく、自分の気持ちを分かってくれている事(家族の気持ち)に対する嬉しさだと思います。私の経験談、相手が必要としている物の見つけ方もご覧下さい。

ケーキ屋探し

ある日、私は友人と一緒にご飯を食べていましたら寄って欲しい所があると言われました。

『実は今日は母の65歳の誕生日なんです。ケーキを買って帰りたいのですが・・・。』

お祝いは前日にされたそうですがやはり当日にもひと言お祝いの言葉を伝えたいのでしょう。

その時の時刻は19時30分。開いているお店を探さなければいけません。

私達はその後特に用事があったわけではなくドライブでもして帰ろうかと思っていた所ですので、ケーキ屋さんを探しに出かけました。1件目は私のお勧めのお店でしたが19時で閉店。田舎あるあるです。

次に探したのは、20時まで開いてそうなお店です。

「リビドーは?」

ふたりが同時につぶやきました(笑)

リビドーとは少しお店が大きく、地元でも人気のスイーツ店です。

早速行ってみると、何と20時まで開いていました。

閉店5分前の滑り込みセーフで入店し、ケーキがまばらに並んだショーケースを眺めながら、私も小さな焼き菓子を買い、無事にお母さんのケーキを買うことが出来ました。

後日うかがった話では、お母さん本人は既にお祝いをしてもらっているので満足だったそうですが、当日にも気を利かせてもらえたことが嬉しかったようです。それはきっとケーキじゃなくても何でも良く、当日お祝いしたかったという気持ちが嬉しかったのだと思います。

急遽お祝い

ケーキを買うことが出来て一安心した彼女が話し始めました。

『今日会うことを決めた後に、そういえばお母さんの誕生日だと気付いたんですよ。
だから急遽、昨日お祝いをしてご飯食べて温泉行ってきたんです。
だけどやっぱり誕生日当日も何かしたいじゃないですか?』

そして延々とお母さんの事や家族の事を話してくれた彼女。家族を大事にする人なんだと感じました。

60代の母の誕生日に愛犬グッズをプレゼント

60代母の誕生日プレゼント

愛犬ミニチュアダックスのこむぎが我が家に来てもうすぐ1年。

私と父が仕事に出掛けたあと、昼間ずっと母と一緒にいるせいか、こむぎは母が一番のお気に入り。

そんな母も『家事を手伝ってくれるのはこむぎだけね!』なんて、まるで孫でもできたかのようなかわいがり方。

もう60過ぎたんだから、孫がいないのは私も責任を感じてる。

今度の母の誕生日、父と相談してこむぎに因んだ何かをプレゼントしようと決めました。

『これなんてどう?お母さん、きっとすごく喜ぶよね。』

父に相談してみたんだけど、本当は私がずっと欲しかった物。

母へのプレゼントはこれで決まり。

愛犬こむぎのオリジナルクッション。

商品の詳細はこちら

このお話はお客様のご様子を参考にして、どんなシチュエーションでプレゼントを選んでいるのか想像しながら書いた物語です。

愛犬にちなんだプレゼントというところがポイントで、お母さんが今一番気にかけているものは何か、今一番好きなものは何かを考えると愛犬であると気がついた娘さんの気持ちが、お母さんの心に届くというお話し。

皆さんがお母さんを思う気持ちが届くと良いですね☆

プレゼントはその為の架け橋であり、一番大切なのは皆さんの気持ちだと思います。