ペットの写真で作る、家族への結婚祝い

ファンデルワン

ペットの写真でオリジナルクッションを作っています☆

ご結婚を機にペットと離れて暮らすことになる家族もいらっしゃるでしょう。そんな場面で結婚祝いとしてご利用頂く例をご紹介します。

詳細はこちら

結婚祝いにご利用頂く例

結婚でペットと離れて暮らすことになった娘へのプレゼント

嫁ぐ娘へプレゼントしたい。そう言ってご注文を頂きました。

嫁ぐ娘へプレゼント

ご結婚後に実家を離れてアパートで暮らしたり新居を建てたり、又は相手の家に入ったりされることもあると思います。

実家では愛犬や猫たちと暮らしていた人たちはペットと離れ離れになるでしょう。

そんな時、家族からの結婚祝いを兼ねてペットの写真で作るオリジナルグッズをご利用頂いています。

猫のひざ掛け

こちらは我が家の猫をモデルにした作品です。

新居で飾って頂けますし、離れていても寂しくならないかもしれません♪

新居で使えるお祝い

家族が結婚等で家を出る場合、お祝いを贈ると思います。その時、多くの場合は新居で使う物が多いでしょう。例えば家具や食器など、又は部屋のインテリアが一般的だと思います。

しかし一般的なものよりも、新婦さんにとっては愛犬や猫たちと離れて暮らすさみしさの方が重大であり、寂しくて仕方ないという人もいます。

ペットを連れてお嫁に行くことができない時のお祝いとして、オリジナルクッションをご利用頂いています。

リビングのソファーや寝室などに置いて飾っておくことも出来ますし、離れて暮らしてもペットを身近に感じられるかもしれませんね。

寂しくなるから、慰めとして

実はお祝いという気持ちよりも、ペットと離れるのが寂しくなるから何か贈りたいと言うお客様が一番多いようです。お祝いは現金を用意して、プラスαとしてペットオリジナルグッズを作っている人が多いようです。

何年も一緒に暮らしてきたペット達とこれからも一緒にいられますように、そんな願いが込められた作品です。

亡くなったペットの写真で作った結婚祝い

姉が結婚するに当たり、唯一気にしていたのが飼っていた猫の死。

結婚の日取りも決まっていたけれどもうまもなくお別れが近いのが分かっていたそうです。

日取りを変えることも出来ない中、何とか頑張ってくれた猫ちゃんが結婚式の数日後に亡くなったそうです。娘さんが自分の結婚を心から喜ぶことが出来ずにいたところ、お母さまから猫のオリジナルクッションをプレゼントされました。家族全員でお祝いしているから安心してお嫁に行きなさいというメッセージを添えて、娘さんも心から幸せを感じる事が出来るようになったようです。

猫の思い出のグッズ

ペットに限らず、結婚や出産とお葬式は重なることがあります。私のときもそうでした。自分の誕生の2日前に曾祖母が亡くなっていますし、自分の結婚式が決まった後に相手の祖父が亡くなりました。私の個人的な考えですが、神様が上手に世代交代をさせているのかもしれません。でも、曾祖母には会いたかったですね。

私が貰ったプレゼント

私が家を出るときに母から貰ったプレゼントは、観葉植物でした。これもお祝いとして定番です。

トイプードルタペストリー

この左に見えるポトスが母からのお祝いでした。

今は猫を飼っていますので撤去し、父の部屋に置いてあります。もう何年も経ちますが元気な植物ですね。

そして、愛犬ムックのオリジナルクッションを持って行きました。リビングや寝室など家のあちこちに飾って商品撮影用に使っています。

他には食器乾燥機など、やはり実用的なものを頂きました。新生活では色々とお金もかかりますので助かりました。当時はペットはいなかったのですが、ペットがいたらオリジナルクッションも良いかもしれませんね。

因みに上の写真はタペストリーです。私の新居で商品撮影しています☆

私が娘に贈るならこんな結婚祝いが良い

私にも娘がおりまして、娘たちも猫が好きですからやはり嫁ぐときには猫の写真で何かグッズを作って贈りたいという気持ちもあります。

しかし娘はまだ中学生。まだまだ先の話になりそう。

個人的な気持ちとしては子供の頃の写真や家族の写真で何か作りたいという気持ちもありますが、それは親のエゴでしょう。娘が本当に喜んでもらえるものを贈りたいですね。

リクエストを聞くのが一番良いかもしれません。ほしい物はきっとあるはず。新生活で全てを一度に揃えるのは難しく色々なところで節約をするでしょうから、ちょっと高額なものになれば親としてはプレゼントしてあげたいですね。

料理が好きになっていたらキッチングッズが良いでしょう。

掃除がすきでも、掃除グッズはお祝いには不向きかもしれません。『掃除しなさい』と言っているようで・・・(笑)

新居でペットを飼うならペットに関する物も良いかもしれませんね。安いグッズではなくお祝いとして残せて尚且つ使えるように、家具などがあれば良いでしょう。

猫が登れる本棚とか、脚が猫の形をしたテーブルとか。

犬や猫の形をした時計も良いかもしれませんね!

まだまだ先と思っていても、あっという間にやってくるのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする