結婚で愛犬愛猫と離れて暮らす娘への結婚祝い

ファンデルワン

ペットの写真でオリジナルクッションを作っています☆

ご結婚を機にペットと離れて暮らすことになる人もいらっしゃるでしょう。そんな場面で結婚祝いとしてご利用頂く例をご紹介します。

詳細はこちら

ペットと離れ離れになる娘へのお祝い

嫁ぐ娘へプレゼントしたい。そう言ってご注文を頂きました。

嫁ぐ娘へプレゼント

ご結婚後に実家を離れてることもあると思います。ご実家では愛犬や猫たちと暮らしていた人たちはペットと離れ離れになるでしょう。

そんな時にご家族からの結婚祝いを兼ねてペットの写真で作るオリジナルグッズをご利用頂いています。

猫のひざ掛け

こちらは我が家の猫をモデルにした作品です。

新居で飾って頂けますし、離れていても寂しくならないかもしれません♪

ペットを残して嫁ぐのが辛そうな娘への贈り物

抱きしめるクッション

お客様からのメール

我が家では犬を飼っており家族皆で世話をしていますが、特に娘が一番かわいがっています。その子がこの度結婚する事になり、遠方へ引っ越す事になりました。ですが犬はもう高齢で寿命もそれほど長くないと思われます。娘がとても心配しており、結婚の嬉しさよりも愛犬を心配する気持ちや寂しさの方が大きいのではと思うほどです。このままではいけないと思い、何か良い方法は無いかと家族で相談し、こちらのプレゼントを贈る事にしました。娘には後悔の無い、幸せな結婚をして欲しいです。

ペット達の年齢や体調に係わらず、ペットと離れて暮らすことでペットロスになる方もいらっしゃるようです。ペットを連れて行ける場合は良いですが、出来ない事の方が多いと思います。特に持病があったり先が長くないと分かっているペットの場合は特に心配も大きいでしょう。後ろ髪引かれる辛さがあると思います。

家族としてはどうする事も出来ませんが、せめて何か心のケアをしてあげられないかと思う気持ちとしてオリジナルクッションをプレゼントされるようです。

新居で使えるお祝いプラスアルファの物として

家具や食器、又は部屋のインテリアなど新居で使える物がお祝いとして使われていると思います。特に女性の場合は嫁入り道具としてドレッサーやタンスなどを持たせる方もいらっしゃるかもしれません。

そのお祝いにプラスアルファとしてペットに関する物を一つ付け足したいというご要望で、クッションひざ掛けを注文されることがあります。

愛犬オリジナルグッズ

リビングのソファーや寝室などに置いて飾っておくことも出来ますし、離れて暮らしてもペットを身近に感じられるかもしれませんね。

亡くなったペットの写真で作った結婚祝い

姉が結婚するに当たり、唯一気にしていたのが飼っていた猫の死。

結婚の日取りも決まっていたけれどもうまもなくお別れが近いのが分かっていたそうです。

日取りを変えることも出来ない中、何とか頑張ってくれた猫ちゃんが結婚式の数日後に亡くなったそうです。娘さんが自分の結婚を心から喜ぶことが出来ずにいたところ、お母さまから猫のオリジナルクッションをプレゼントされました。家族全員でお祝いしているから安心してお嫁に行きなさいというメッセージを添えて、娘さんも心から幸せを感じる事が出来るようになったようです。

猫の思い出のグッズ

ペットに限らず、結婚や出産とお葬式は重なることがあります。私のときもそうでした。自分の誕生の2日前に曾祖母が亡くなっていますし、自分の結婚式が決まった後に相手の祖父が亡くなりました。私の個人的な考えですが、神様が上手に世代交代をさせているのかもしれません。でも、曾祖母には会いたかったですね。

ペットを飼っている場合、注意が必要な結婚祝い

私が家を出るときに母から貰ったプレゼントは、観葉植物でした。これもお祝いとして定番です。

トイプードルタペストリー

この左に見えるポトスが母からのお祝いでした。

今は猫を飼っていますので撤去し、父の部屋に置いてあります。もう何年も経ちますが元気な植物ですね。

新居でペットを飼う場合は観葉植物は置けなくなると思いますので注意しましょう。

また、花屋の友人からはプリザーブドフラワーをアレンジしたインテリアをプレゼントしたいと言われました。その人も犬を飼っていた人です。私が猫を飼っていることを知っていたので、「贈っても良いか」と聞いてくれ、とても助かりました。と言うのは、やはり猫がいたずらするのが分かっていますし、仮に食べてしまったら病気する可能性があるからです。別の物をリクエストする事が出来ました。

私が娘に贈るならこんな結婚祝いが良い

私にも娘がおりまして、娘たちも猫が好きですからやはり嫁ぐときには猫の写真で何かグッズを作って贈りたいという気持ちもあります。

しかし娘はまだ中学生。まだまだ先の話になりそう。

個人的な気持ちとしては子供の頃の写真や家族の写真で何か作りたいという気持ちもありますが、それは親のエゴでしょう。娘が本当に喜んでもらえるものを贈りたいですね。

リクエストを聞くのが一番良いかもしれません。ほしい物はきっとあるはず。新生活で全てを一度に揃えるのは難しく色々なところで節約をするでしょうから、ちょっと高額なものになれば親としてはプレゼントしてあげたいですね。

料理が好きになっていたらキッチングッズが良いでしょう。

掃除がすきでも、掃除グッズはお祝いには不向きかもしれません。『掃除しなさい』と言っているようで・・・(笑)

新居でペットを飼うならペットに関する物も良いかもしれませんね。安いグッズではなくお祝いとして残せて尚且つ使えるように、家具などがあれば良いでしょう。

猫が登れる本棚とか、脚が猫の形をしたテーブルとか。

犬や猫の形をした時計も良いかもしれませんね!

まだまだ先と思っていても、あっという間にやってくるのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする