ペットメモリアルグッズの役割

ペットのメモリアルグッズには色々な役割があると思います。

辛い気持ちを癒してくれる物でもありますし、天国の子達がこの世にいた証でもあります。

そして時には辛い思いをしている家族や友人の心を救ってあげる為にも使われています。

ペットを亡くした寂しさを紛らわせるための物

写真や形見を部屋に飾っている人も多いでしょう。

仏壇を設けている人もいらっしゃると思います。

ペットの遺影

写真に写った愛犬や猫たちはとても元気で嬉しそうな表情をしています。

その思い出の写真を飾る事で私たちも元気をもらえますし、元気だった頃を思い出すことが出来ます。

ペットの仏具もかわいい物が増えてきました。

祭壇も以前のように寂しいばかりではなく、かわいらしく飾っている人もいらっしゃいます。

そこにオリジナルグッズを飾り、写真以外の形で残してあげる事で天国のペット達も寂しがらずに済むのかもしれませんね。

長年一緒に暮らしていた猫が亡くなったというお客様のお話をします。

寂しさを紛らわせる為に色々な事をしていたそうですが、何をしてもすぐに寂しさが込み上げてきていたそうです。

外出して気分転換が出来ても、家に帰るとまた寂しくなるといった具合に。。。

しかし、オリジナルグッズを作るようになって少し心が落ち着いてきて、まるでそこにうちの猫がいてくれるような気持ちになったそうです。

それからは色々なグッズを揃えているのだと教えて下さいました。

そして今回当店を見つけて下さり、編物で作った物は初めてだったといって喜んでくださいました。

もうペットは飼えないから、ペットの代わりとして作るメモリアルグッズ

長年ペットを飼い続けてきたご家族で、お母さんやお父さんが高齢になり次のペットを飼うことが出来なくなった時、思い出として以前飼っていた子達のグッズを作成されることがあります。次のペットの代わりというわけではありませんが、誰もいなくなる寂しさを抱えて過ごすよりこれからは今まで一緒に暮らしてきた子達の思い出に囲まれて暮らせるかもしれませんね。

合わせて読みたい:愛犬ハスキーのメモリアルグッズ

ペットを亡くした人への贈り物に使われるメモリアルグッズ

ペットを亡くした家族や友達に、愛犬や猫たちの写真を使ってオリジナルグッズを作ってプレゼントされるケースもあります。

亡くなった時に作られる場合もありますが、多くの場合は誕生日やクリスマスの時にプレゼントとしてペットメモリアルグッズを贈るケースが多いようです。

関連記事:ペットの思い出を形にしてプレゼントしてあげる方法

泣ける場所を作るためのメモリアルグッズ

当店のクッションを届けた後にお礼の電話やメールが届きます。

その時に、クッションを見て初めて泣く事が出来たと言われるときがあります。

涙を流して泣けたら少しすっきりした、やっと自分に素直になれた気がした、と言われます。

またお電話では、最初は涙ぐんでお話されますが少し落ち着いてくると声に元気が出てきます。

少し涙を流し、誰かにお話を聞いてもらうことで元気になられるようです。

私たちの作るメモリアルグッズは、泣ける場所を提供しているのかもしれないと思うことがあります。

泣けないのが一番辛いのかもしれません。

関連記事:ペットとの別れが辛い時は泣ける場所を作って、ちゃんと泣く

亡くなった愛犬にもう一度会いたいから

お礼のメールには皆さんが色々な事を書いて送って下さいます。その中で特に多い言葉が、「帰ってきてくれた」「また会えた」という言葉です。

天国のペット達にもう一度会いたいと思う人も多いでしょう。それは叶うことが出来なくても、写真以外の形になって自分のところに帰ってきてくれるとまた会えたと思えるようになるようです。

特にプレゼントの場合は受け取られた方は予想しなかった状況に、愛犬や猫ちゃんが帰ってきてくれたと感じられるようです。

詳しくは亡くなったペットにもう一度会いたいと願う家族へのプレゼントをご覧下さい。

お勧め商品:もう一度会いたいという場合は立体感があり、ギュッと抱きしめる事が出来るクッションがお勧めです。

自分を責める飼い主の気持ちを救ってくれる

ペットが死んでしまったとき、自分を責めている飼い主が多いように思います。

亡くなったのは自分のせいではないか、もっと早く病気に気付いていれば・・・、などと思うのは自然な事で、誰にでも可能性はあります。

必ず何らかの後悔はあるものです。

そんな時にメモリアルグッズを作れば元気だった頃の事を思い出すことが出来るでしょう。そして愛情をたくさん注いでいた事を思い出してください。

詳しくはペットの死、自分を責めていた日々から立ち直ったきっかけをご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする