亡くなる覚悟の本当の意味に気づけたから・・・。ペットロス克服体験談

今日は私自身の経験をお話しします。

私がペットロスから立ち直れたきっかけを綴っていますが、その一つ、「亡くなる覚悟」のお話しです。

私は毎日のように、お客様からペットロスのお話しを聞く身です。

その為、いつかうちの子(2匹の猫)ともお別れが来ることは何年も前から覚悟していました。

我が家の猫

そうして、一緒にいられる今の時間を大事にしようと、毎日自分に言い聞かせていました。

マロ(右のキジトラ猫)の病気が見つかった時、獣医さんに次のような話をしました。

私は仕事でメモリアルグッズを作っている事。

お客様からペットロスの話を聞いている事。

いつかお別れは来る事を覚悟している事。

お別れの覚悟を常に持っていたとは言え、それまで他人には言っていませんでした。

けれど、それを獣医さんにお話しした時、その覚悟が急に現実味を帯び、言葉の重さを感じました。

「あぁ、もうすぐ本当にお別れが来るのか・・・」と。

自分で認識しているつもりでも、他人に話すことでその認識は更に明確になるのですね。

獣医さんに話をしたのが良かったのかもしれません。

言葉に出すのは辛かったのですが、先生とペットロスについて話をすることでより深く感じられるようになりました。

「そうだ。マロはもうすぐ天国へ行く。これは仕方のない事実。」

その後2か月でマロは亡くなりました。

例え覚悟をしていたつもりでも、誰にも話せていなかったら私はこの辛さを一人で抱えていたでしょう。

他人に気持ちを話していたことで、私の気持ちは救われたように思います。

辛い時は、

「マロの先生が私の気持ちを分って下さっている」

と感じます。

それだけでも心の支えになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする