ペットが死んだ辛さ。話を聞いてもらえた。ペットロスを克服できたきっかけ、体験談

私のペットロスの経験をお話しします。

大学の頃、ずっと飼っていた犬が死にました。

私は大学生活が充実していたので、周りの人には普通に接していました。

犬が死んだことも誰にも言わず、自分でも元気でいるつもりでした。

でも、何となく元気が出ない、力が入らない、やる気があまり出ない感じが続いていました。

そんな時、友達が飲みに誘ってくれました。

「最近元気ないけど、何かあった?」

そう聞かれた瞬間、急に泣いてしまい、友達も驚いたと思います。

大したことじゃないと自分で弁解するたびにどんどん涙があふれてきて抑えられませんでした。

そして、正直に犬が死んだことを話しました。

他人に話したのは初めてです。

友だちはペットを飼ったことがなく、正直に話してくれました。

「俺は飼ったことがないけど、家族と同じって聞くからなぁ・・・。」

それから少し落ち着き、

「なんでも話してくれ」

と言ってくれて、少しだけ犬のことを話すことが出来ました。

その後は気持ちがすっきりした感じになり、普通に楽しく飲み、良い時間を過ごせました。

「何かあった?」

と聞かれたことと、

「なんでも話してくれ」

と言って貰えたことが嬉しくて、こいつと友達でよかったと思い、自分も元気が出ました。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ペットロスの克服方法

ペットロスの克服の第一歩は、誰かに話を聞いてもらう事だと思います。

自分で抱え込んでいては、いつまでも辛さは抜けません。

誰も聞いてもらう人がいない時は、日記を書いてみるとかコミュニティサイトに書き込みしてみるのも良いでしょう。

一緒に読んでほしい記事

ペットロスの辛い気持ち/誰かに相談すると楽になる

ペットロス克服できたきっかけに戻る

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天