娘へのプレゼント選び

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルのクッションを作成しています。

オリジナルプレゼント

ご家族やお友達の飼い主さまへのプレゼントにいかが?

商品の詳細はこちら

私の娘は今年10歳。

そろそろ誕生日プレゼントも難しくなってくる年頃です(笑)

子供の頃(小さい頃)はお人形さんやぬいぐるみ、または簡単なおもちゃでも喜んでいましたが、女の子は10歳にもなるとだいぶ大人びて来ますね。

今年のプレゼントは何にしようかと悩む一方、本人に聞くのが一番かな・・なんて思っています。

さて、本日は娘さんへのプレゼント探しのお話しです。

素敵なプレゼントは見つかるかな?

ファンデルワンのプレゼント物語り、ご覧下さい♪

プレゼント物語

妻と別れて3年が経った。

今では月に一度は子供たちに会えるようになり、子供たちもそのペースに慣れてきている。

最初は私も辛く、子達たちもどこか戸惑っていたようだが、こういう時は子供の方が順応性はあるようだ。

「おばあちゃ~ん!」

自宅に着くなり、二人の娘は大好きなおばあちゃんに駆け寄る。

学校でおきたこと、友達と遊んだ事、スイミングスクールで上位クラスに上がれた事などをふたりが畳み掛けるようにしゃべりだす。

ちょうど、さっき車で私に話していたように。。。

上の子が間もなく10歳の誕生日を迎える。

下の子の誕生日はその2ヵ月後だ。

毎年のことだが、お姉ちゃんだけプレゼントがあり、妹の自分にはない。

当たり前だがそれが悔しそうだ。

お姉ちゃんは妹にも自分のおもちゃで遊ばせる。

10歳にして既に大人だ。

「ゆうちゃん、誕生日プレゼント、何がいい?」

もう自分の好きなものを言える年頃だ。

普段会えないから好きなものを飼ってやろうと思って、

思い切って聞いてみた。

「ん~、分からん。お父さんがくれるなら何でもいい。」

気を使ってるのか?

それとも・・・

子供たちに会うことが良い事なのかどうなのか、今でも悩んでいる。

しかし、流れに任せていたらこうなった、そんな感じだ。

娘のプレゼントを決めた。

自分だけの缶バッチが作れるおもちゃだ。

おもちゃとは言え、割とまともなバッジが作れる。

普段はおもちゃや絵本は自宅には持って帰らない娘だが、今回だけはもって帰っても良いかと聞いて来た。

よほど気に入ってくれたようだ。

さて、妹には何を贈ろうか。。。

お姉ちゃんと同じようなものを欲しがるが、まだまだ幼い子だ。

今年もまたお人形さんかぬいぐるみ辺りがちょうどいいと思うのだが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このドラマはフィクションですが、娘さんへペットのオリジナルクッションを贈られるかたも少なくありません。

実際に飼っている方ももちろんですが、ペットを亡くされたご家族が想い出の品として娘さんやお母さまにプレゼントされるケースが増えています。

ご家族にとってたいせつな日に当店の作品が少しでも喜んで頂けると幸いです。

素敵なプレゼントが見つかると良いですね☆

皆様へ、Happy Birthday ~☆

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。