プレゼント、センスの良い贈り物

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作成しています。

オリジナルプレゼント

商品の詳細はこちら

センスの良い贈り物っていったいなんだろう。

私はいつもセンスがないと言われる。

『気持ちはすっごく嬉しいよ、けど、これってパパの好みだよね?』

私の好み、妻の好み、その感覚が良く分からなかった。

私はネットやお店で商品を見つけ、

「これ良いね!」

と思ったものを贈ってきた。

ボーダーのマフラー。

自分でも欲しいと思うくらいだった。

写真立て。

太い黒縁でかっこよく、おしゃれだと思ったのに。。。

これに家族の写真は合わないらしい。

そんな贈り物が続き、とうとうプレゼント選びは一緒に行くということになった。

いわゆるサプライズプレゼントはもうやめて欲しいとの事。。。

ショックではあるが、それでもやっぱり彼女(妻)に何か贈ってあげたいという気持ちは続く。

そして、ある人に言われて気が付く。

『自分の好きなものじゃなく、彼女の好きなものを贈らなきゃ。』

「ん?どういうこと?」

最初は意味が分からなかった。

彼女の好きなもの??

「奥さんは何色が好き?」

「あぁ、花柄かなぁ。」

「じゃぁ、花柄を贈りましょうってことよ。」

「あ、そうなのか!?

花柄模様の物なんて今まで送った事無いよ。

でも、そんなもの、ウチの嫁さんはたくさん持ってるよ?」

「じゃぁなお更良いじゃない。

好きだからたくさん持ってるんでしょう。

もっと増えたらもっと喜ぶよ」

私は初めて花柄のブランケットを贈った。

「ちょっと、どうしたの!?これ、めっちゃかわいい。私好みだよ

初めてセンス良いって思っちゃった。」

そ、そういうことか。

プレゼント選びに、もしかしたら自分の趣味は関係ないのかもしれない。

何を贈るかによって自分のセンスを問われるから、ついつい一生懸命考えてたんだけど、自分の感覚で考えてたんだ。

相手の感覚で考えなきゃ。

サプライズプレゼント、来年もさせてくれるかなぁ。

それとも、やっぱり一緒に選びに行こうというのかなぁ。。。

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。