結婚して初めての誕生日

皆さんこんにちは、ペットのオリジナルグッズ、ファンデルワンの三浅です。

オリジナルプレゼント

当店ではペットのお写真からオリジナルのクッションやひざ掛けを作成し、主に誕生日などのプレゼントにご利用いただいております。

商品の詳細はこちら

そんな中、奥様へのプレゼントとしてご利用下さる方もたくさんいらっしゃいます。

結婚しても恋人どうに見たいな夫婦ってすてきですよね!この先何年経っても、何歳になってもすてきなカップルでいて下さい☆

本日は結婚1年目の奥様への誕生日プレゼントのお話。

すてきなプレゼントを贈ることは出来るでしょうか。

物語の始まりです。。。☆

プレゼント物語

結婚し、二人の生活が始まり、間もなく8ヶ月。

やっとそろそろ落ち着いてきた感じです。

結婚後は内祝いを贈ったり、式にご招待できなかった友達に報告したり、式や旅行の写真を整理したり・・・。

また生活はいやおう無しに始まり、生活雑貨の買い揃え、月々の家賃と光熱費の支払い。会社も以前と変わらない毎日が繰り返されています。

でもやっぱり家に帰ると妻がいて、二人でご飯を食べ、独身時代には無かった幸せがここにはあり、生活はがらりと変わりました。

結婚前は誕生日と言えば一年に一度の大イベント。

色々考えて計画を練ってプレゼントも吟味して頑張っていたものです。

さて、今年結婚して初めて迎える妻の誕生日。生活に追われる中、妻にバレないようにプレゼントを準備しなくてはいけません。

プレゼントはもう決めています。

実家の愛犬と離れて暮らす妻へ贈るプレゼントは、ファンデルワンのオリジナルクッション☆

作品紹介

お客様の作品もかわいいものばかりだ。

妻の実家の愛犬、マロンの写真を選び、配達先を職場にしてもらい、準備完了。

あとはどうやって渡そうか・・・。

今年は久しぶりにサプライズを考えてみようか。

誕生日当日の朝、起きた時に枕元に置いておこうか。

いや、彼女は早起きだからバレてしまう。

私は車にケータイを忘れたと言って部屋を出た。

車にはドライアイスをたくさん敷き詰めた保冷バッグが置いてある。

もちろんバッグの中は誕生日ケーキだ。

ケーキを持ち、プレゼントのクッションを持ち、音を立てずに部屋のドアを開ける。

私は玄関でケーキにロウソクを立てた。

部屋では妻がテレビを見ている。

今だ!

私は電気のブレーカーを落とした。

「え!停電!?
ねぇ~。タッちゃ~ん。そこにいる~?」

私は返事をせず、ロウソクに火をつける。

「ハッピバースデー トゥー ユー ♪」

ロウソクのフワッと揺れる炎の明かりを頼りにリビングで待つ妻のもとへ歩み寄る。

炎の向こうに妻の驚く顔が見える。

「お誕生日。おめでとう。」

驚いている妻に、ロウソクを吹き消すよう促すが、彼女はしばらくじっとしている。

「これ消すと、また暗くなる?」

「大丈夫、ほら。」

私はもう1つのキャンドルを出した。

ケーキのロウソクから火を譲り受け、テーブルに置く。

「さ、消しても良いよ。」

彼女は安心した顔でロウソクの炎を吹き消した。

ブレーカーを上げ、パチパチっと音を立てて部屋に電気が戻ってくる。

テレビがつく。

急に現実に戻される。

「ビックリしちゃった。」

「喜んでくれた?誕生日、おめでとう。」

「ありがと。まだ余韻が残ってるよ。」

「そうだ、これ、プレゼント。」

「ぅわ、これ、マロン?」

「そう、マロン。これでもう寂しくないよね?」

涙をこらえているのか、彼女はしばらくしゃべらなかった。

私たちは二人でケーキを食べ、残りは冷蔵庫にしまった。

二人で一緒にケーキの皿を洗った。

二人でテレビを見た。

「こういうのって、いいね。
一人じゃ絶対味わえない時間だね。」

一緒にいて、同じものを食べ、同じ時間を過ごす。

それだけで幸せだと彼女は言ってくれる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この物語りはフィクションですが、登場するペットオリジナルクッションは当店で作成しているクッションです♪

結婚後も、いや結婚して二人の生活が始まってからこそ、一緒にいる時間を大切にして日々の幸せを感じながら生きていきたいですね。

女性へのプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルクッション

商品の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする