母の日のプレゼント、猫グッズ

皆さんこんにちは、少し前に猫を飼い始めたファンデルワンの三浅です。

本日も皆さんのわんちゃん、猫ちゃんお写真に囲まれてお仕事しています♪

猫のクッション

ペットの写真で作るオリジナルクッション。

プレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

母の日が近づき、毎日たくさんのペットたちのお写真が寄せられています。

本日もお写真そっくりに編み物しているファンデルワンの工房です。

最近猫を飼い始めたのですが、これが犬みたいな猫でありまして、ずっと私についてきます。

猫ってもっと自由気ままに生きているものだと思っていました^^

私は猫を飼うのは初めてなのでビックリしているのですが、皆さんのおうちではいかがですか?

さて、本日は猫ちゃん大好き家族のお母さまへ、母の日のプレゼントを贈ろうというご家族を舞台にして物語り形式で商品のご利用シーンをご紹介させて頂きます。

それではご覧下さい、ファンデルワンのプレゼント物語り、始まり始まり。。。♪

line

3度の飯より猫がすき・・・ではないけれど、本当、ウチの親は猫がすき。

元々は野良猫だったんだけど、構っているうちにおやつをあげるようになり、そのうちご飯を上げるようになり、気付いたら我が家に住み着いていた。

我が家の台所は昔ながらの作りで土間になっている。

都会ではいまどきこんな古い家も珍しいのだろうが、ウチの集落にはまだ何件か残っているので、家を出るまではこれが当たり前だと思っていました。

でも、猫を飼うにはこういう作りの方が飼い易いのではと思う。

母の日なんて、以前はさして気にしていなかったな。。。

何か贈ったとか、感謝したみたいな記憶はほとんどない。

あ、そうそう、茶碗を洗ったりとか、肩たたきをしてあげたり、そんな記憶はあるような。。。

まぁ、小遣いももらってなかったし何かを買ってあげるなんて事はありえなかっただろう。

こんな集落だから店もないしな(笑)

でも、実家を離れると母の日の存在が急に大きくなった。

バイト先ではパートのおばさんに話題にされ、姉貴は毎年花を贈っているらしい。

大学生になった自分も何かしなくては、というよりは、こういう機会があると感謝の気持ちも伝えやすくて少し助かる。

何もきっかけがないと、なかなか言い出せないからね。。。

今は便利な世の中ですね。

母の日に何かを贈ろうと思えばネットですぐに調べられる。

花屋さんが多く目に付くけれど、花は姉貴に任せて・・・と。

俺は、そうだな、うちの猫がらみのグッズを贈ろう。

猫の顔を花で作った寄せ植えもあったけれど、姉貴とかぶっても面白くないので、今回はこれにした。

オリジナル猫グッズ

写真で作る、にゃんこのオリジナルクッションだ。

母さん、きっとビックリするぞ。

これは姉貴とかぶる事もないだろう。

て言うか、俺も欲しいかも(笑)

詳細はこちら

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。