保護犬、保護猫との別れ

本日は保護犬を継続的に受け入れていると言うご夫婦のお話しです。

犬との暮らしを楽しみたいという目的と、もうひとつ保護活動という目的もあり、1匹が亡くなれば次の子保護犬を受け入れると言う生活を送ってこられたそうです。Oさまのエピソードをご紹介します。

保護犬の里親として

私たち夫婦には子供ができず、また2人とも犬が好きだったこともありまして動物保護施設から犬を受け入れています。

1頭が亡くなってはまた次の子を受け入れると言った具合に。

いつも2~3頭の犬が家にはいます。

引き取り手の無い成犬や老犬を受け入れるようにしています。

この子達にとって少しでも癒しのある余生を送ってもらえると嬉しいです。

その為、別れの場面もそれなりに多くなります。

大型犬もいれば小型犬もいます。

雑種もいれば、血統書が付いていたであろう、綺麗な犬もいます。

彼らは皆同じ命でした。

受け入れ後、1年と経たずに亡くなる老犬もいました。

我が家に馴染めず、このまま施設にいたほうが幸せだったのでは無いか、施設の先生に懐いていたのでは無いかと自分を責めてしまうこともありました。

その都度落ち込んでいてはキリが無いと思って無理に考えないように努めていた時期もありましたが、それは返って辛さを増すだけでした。

やはり何度経験しても同じ辛さがやってきます。

でもその度に支えてくれたのは残っている子達です。

私たちも60才を過ぎ、いつまでこの暮らしを続けられるか分かりませんが、彼らの存在が私たちの生き甲斐でもあります。

元気なうちはこの生活を続けたいと思っています。

これからも色々な別れと出会いがある事でしょう。

今いる子たちとの残された時間をたいせつにしたいと思います。

(Oさまのエピソード)

動物の保護活動について

当店のお客様でも動物の保護活動をされている方がいらっしゃいます。

保護施設から受け入れをされていて、亡くなるたびに思い出のグッズを作成されます。

また、施設を通じて知り合ったご友人へのプレゼントにも使われています。

私が今飼っている2匹の猫も、保護施設から受け入れた猫たちです。

1匹は元野良猫で、もう一匹は飼い主が保健所へ連れてきた子だそうです。(現在は保健所では受け入れを拒否していると思います)。

私たちにも色々な人生があるように、動物達にも色々な過去があり、今に至っています。

動物保護施設の猫

猫は過去の事を忘れるそうですが、今までどんな生活をしてきたのかあまり関係なく、今の生活を楽しんでいるように見えます。

飼い主である私がそう思ってあげることが、この子達にとっても幸せなのかもしれません。

ペットの別れを何度も経験する事

私たちは以前犬を飼っていました。

その犬は2007年に癌で亡くなり、皆さんと同様にとても辛く悲しい経験をしました。

猫を飼っている現在、その犬との別れの事を思い出すときがあります。

そして、この猫たちともいつか別れのときが来る事をふと思い出します。

それまでの間、今の時間を大切にして一緒に遊び、撫でてやり、世話をしています。

部屋を汚されてムカつく事もありますし、夜中に起こされる事も多々ありますが、数秒もすればなぜか怒りは収まりまたかわいい眼差しに癒されます。

ペットとは不思議なものです。

またいつか別れを経験すると思うと怖いですが、今は変えがたい幸せを貰っているので、残された時間を大切にしたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする