ペットロスで辛い時の過ごし方/とある教会でのお話し

2007年、愛犬との別れ。

2020年、愛猫との別れ。

ペットロスの経験が2回あります。

また、ペットメモリアルグッズを作る私のもとには、毎日ペットロスの相談が届きます。

そんな私ですから、お別れの辛さを少しでも和らげる方法を毎日考えています。

そのうちのひとつとして、今回はとある教会のお話しをさせて頂きます。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

毎週日曜日の礼拝

教会

コロナになる前、私は知人に誘われて毎週日曜日に教会の礼拝に参加していました。

クリスチャンでもない私が行っても良いのかと心配でしたが、一般の人(クリスチャン以外の人)も半数くらいいて、とても快く迎え入れてくれました。

そこでキリスト教の教えを少し教わりました。

大まかに言うと、

今の状況に感謝する事(特に衣食住に感謝)

そして、自分より弱い人たちに助けの手を差し伸べる

と言うのが私の感想です。

急に協会に行きましょうと言うとハードルが高いと思いますので難しいですが、私はその頃からYoutubeで讃美歌を聞くようになりました。

英語の歌が多いですが、日本語で歌われているものもあります。

それらの歌詞でも、やはり「感謝」が出てきます。

そして、「手を差し伸べる」ではなく、

「手を差しだしてあげます」

「私が守ってあげます」

と、こちらに訴えかけてくれる歌が沢山あります。

その言葉を聞く(受け取る)ことで、自分は守られていると感じる事が出来ました。

ペットが亡くなったという状況は変わりません。

寂しさももちろん残ります。

でも、讃美歌を聞くと、少しだけ、安心するのです。

短い時間でも、そんな時間をひとつずつ大切にしていき、少しでも心の休まる時間を作って頂けると良いと思います。

教会に行く前は、神社に良く行っていました。

特に宗教に拘りの持たない私ですが、信仰している宗教があれば頼ってみてはいかがでしょうか。

記事一覧

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天