帰省できない今年、ペットの墓参りとお供え

抱きしめるクッション

思い出を抱きしめて・ペットのお供えに・・・☆

糸で編むクッション

ペットの墓参り

愛犬のお墓

ここは我が家の近くにある、ペット合同畜魂碑。

ここには愛犬ムックと今年亡くなった猫マロが眠っています。

幸い我が家から近い事もあり、私たちは頻繁にお参りに行くことが出来ます。

誕生日や命日はもちろん、近くを通った時などに立ち寄ってペット達と会話を楽しんでいます。

お墓にたくさんのペット達が眠っていて、お花やお供えが絶えることがありません。

いつ行ってもお線香から煙が出ていて、ついさっきまで誰かがいたことが分かります。

お盆には毎年たくさんの人が並ぶのですが、今年はどうなるでしょうか。。。

帰省できないお盆

しかし2020年夏、新型コロナウイルスの影響でお盆に帰省しない人も多いと思います。

ご先祖様の墓参りはもちろんですが、ペットのお墓参りに行くことが出来ず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

おじいちゃんおばあちゃんにも会いたいでしょう。

親戚が集まる夏を迎えられないのは寂しいものです。

そこで気持ちだけでも伝えたいと、お中元やお供えをご実家に贈ると思うのですが、今年はちょっと変化が起きています。

それは、ペット用のお供えについてです。

お盆のペットのお供え

ご先祖様同様、ペットも葬式を出し、法要を執り行う人が増えています。

法要まではしなくても、祭壇を設けてお供えをしている人は多いでしょう。

ペットのお供えと言えばペットフードやおやつ、おもちゃ。

そして思い出の写真を飾ったりお花をアレンジしたりされると思います。

帰省が出来なくなった今年のお盆、皆さんはどのように過ごされるのでしょう。

当店では毎年夏には注文は少なくなります。

帰省する人、旅行に行く人が増え、その為ネット利用者が少し減るためだと思われます。

しかし今年2020年は注文が減りません。

ご実家への贈り物としてこのクッションをご利用頂いているのです。

ペットオリジナルクッション

クッションの注文はこちら

その理由は、帰省できないためお供えの代わりにおじいちゃんおばあちゃんへプレゼントされるのです。

ペットのお盆の供養

毎年お盆には兄弟が集まって、天国のペットの思い出話で盛り上がる。

お母さんもペットロスを克服したかもしれません。

最後まで面倒を見ていた妹さんは今年嫁いだかもしれません。

ペットが亡くなり、月日が経てば家族の生活も変わっていきます。

しかしペットへの思いは皆同じ。

それを共有できるのがお盆の里帰り。

そして家族でお墓参りに行き、写真に手を合わせ、

「また来年帰ってくるからね。」

と約束をします。

そんな光景が今年は見られないと思うと寂しくて仕方がない。

せめてお供えとして何か特別な物を贈りたい。

祭壇に飾れるもの。

実家のお父さん、お母さんへのプレゼントになる物。

家族みんなが喜んでくれる物。

そんなお供えを探している皆さんからのご依頼をお待ちしています。

猫のオリジナルクッション

思い出・ぬくもり・抱きしめて

糸を編んだクッションはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする