ペットロス真っ最中でハロウィンなんて

ファンデルワンではペットロスのご相談をお聞きしながら、編み物でペットのメモリアルグッズを作っています。

ひざ掛けスクエア

こちらはニットブランケット。

左の猫は亡くなったので、ハロウィンの日だけでも復活して来てほしいと思うこの頃。

さて、本日はお客様から良くいただくご相談内容を紹介します。

只今9月。ちょうどハロウィン前の時期ですが、家族や友人からハロウィンのお誘いを頂いているとの事。

しかし、ご自身はペットを亡くされたばかりでなかなか気持ちが乗らず、行っても良いのかどうかというご相談です。

これは難しい決断を迫られます。

行くことで元気になったり、気分転換が出来るメリットはあります。

しかし、周りが楽しんでいるのについて行けないと感じたり、ストレスを感じたり、急に寂しくなったりしてしまう可能性もあると思います。

ですので、もし参加されるならペットを亡くした心境であることを理解してくれている人と一緒に参加するのが良いのかなと思います。

あと、イベントの最中に疲れた時に休める体制を取っておいてください。

楽しい時はそのまま楽しめば良いと思いますが、「ちょっと休みたい」と思った時に休めないのは心や体に負担がかかると思います。

くれぐれも無理はされませんように。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ファンデルワンでもハロウィン企画

今年(2023年)は当店でもハロウィンサービスをします。

ハロウィンラッピング

ラッピングに無料でハロウィンモチーフを付ける事が出来ます。

クリップになっていますので、ご利用後も何かの時(仮想の時など)に使えそうです。

ハロウィンクリップ

帽子等に付けるとカワイイかもしれないですね。

希望者はご注文時にご連絡下さい。

数に限りがあります。

無くなり次第対応できなくなるのでご了承下さい。

記事一覧

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天