ペットロスの辛さを理解してくれない人の心理

ペットが亡くなった時、職場や家族、友人などに報告しなければならない時もあります。

しかし、その時に辛い言葉をかけられる場合があります。

私も経験があり、また当店のお客様からも相談を受けたりもします。

その相手とこれからどう向き合っていけばいいのか不安にもなります。

そこで私はペットロスを理解してくれない人の心理について長い間考えていたのですが、少しその理由が分かってきました。

それは、

  • 悪気は全くない
  • 経験がないから分からない

この2点にたどり着いたのです。

詳しくお話いたしましょう。

この記事を読んだ後、皆さんの気持ちが少しでも救われたり、何か言ってきた相手に対して許せるようになれれば幸いです。

編み物で作るペットメモリアルグッズ
ストール
商品一覧

私の経験

私も経験があります。

私の場合は父親からの言葉で、愛犬の死後に冷たい言葉を言われました。

お客様からのお話しでも、ご家族から

「いつまでも泣くな」

と言われ、家に自分の居場所が無いと言われる方も少なくありません。

同じ思いをしている人が多いようです。

皆さんお一人で悩まないでください。

冷たい事を言ってくる人の心理

私たちが作品を展示会に出展した時のお話しをします。

ある女性が私たちのブースで足を止めました。

私達の作品(ペットメモリアルグッズ)を見て、女性はこう言いました。

「以前、私の友人が飼っていたペットが亡くなり、すごく落ち込んでいました。
私はペットを飼ったことが無く、その気持ちが理解できなかった。
どうしてそんなに泣くの?まるで家族が亡くなったみたいに…。
と思ったのを覚えています」

とても上品で、優しそうな方でした。

別の機会で、私は新聞社の取材を受けた時の事です。

私達がペットを亡くされた方の支えとなるよう作品作りをしているとお話しすると、記者さんはこう言いました。

「私はペットを飼ったことが無いのですが、ペットとの別れは辛いというのは聞いたことがあります。」

この方も優しそうな人でしたが、ペットロスの気持ちは分からないと言った感じでした。

つまり、この方たちに共通する事は、

経験がないから分からない

という事です。

私達はペットを家族として接していますが、飼っていない人にとっては家族という認識は無いのです。

ペットロスの経験もないし、ペットに興味がなく、家族同然という事が分からないのです。

二人とも全く悪気はないですが、もしかしたら軽い言葉を無意識に発しているかもしれません。

言われた私たちの気持ちの整理方法

相手の人は何も思っていない。

でも言われた私たちはとても傷ついています。

こんな時、気持ちを整理する一番の方法は、

「理解してくれる人に、話を聞いてもらう」

のが良いと思います。

頭では分かっていても気持ちが収まらない事って、他にもありますよね。

そんな時、誰かに相談したら気持ちが楽になることってありませんか?

その理由は、自分の悩みを口から外に出し、また自分の耳に入れる事によって客観的に整理しやすくなるのだそうです。

当店のお客様も、私とメールしているうちに楽になったと言われます。

相談相手がいない時は独り言でしゃべってみたり、文字に書いてみたりするのでも良いそうです。

何か言ってきた相手の人は悪くない。

私を悪く言っているのではない。

ペット(又は自分の大切な物)を亡くした経験がないだけだ。

これで全て解決できるほど簡単なものではありませんが、少しでも解決のヒントになれば幸いです。

関連記事

職場で辛い言葉を言われた時の対処法