ペットロス、悲しいのに泣けない、涙が出ない自分

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

今日もペットロスのご相談に乗りつつ、作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

糸を編んで作るオーダーニットクッション

お客様の多くは涙があふれて止まらないと言われます。

でも、中には泣けなかったという人もいらっしゃるのです。

「泣けなかった私は冷たい人間なんだろうか」

とおっしゃっていた人もいました。

その辺りの私が感じた事をお話ししたいと思います。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

泣けない自分は冷たい人間?

まずは私のお話しをします。

ペットを何度か見送った事がありますが、一度目の愛犬の時はとても悲しさや辛さに押しつぶされそうでしたが、「涙を流して泣いた」という記憶はありません。

今でこそ年齢も重ねて涙もろくなっていますが、当時はまだ若く、精神的にも強かったのかもしれません。

ある日、空港の展望台でこんな事がありました。

高齢の女性に話しかけられ、色々話し込み、

「ペットが亡くなった時、悲しすぎて涙も出なかった。
その後何年も引きずったの。
泣いた翌日に元気になる人いるでしょ、あれが信じられない。

私はこのように答えました。

「泣いたから早く元気になれたのだと思います。
泣けないのが一番辛い」

その女性は話が出来て良かったと言って、笑顔で搭乗口に向かいました。

詳細はこちら
ペットとの別れが辛い時は泣ける場所を作って、ちゃんと泣く

さて、話を戻しましょう。

この話のように、泣けない人は冷たい人でしょうか?

違いますよね。

辛すぎて泣けないという事もあるのです。

私もお葬式の時など、寂しさと同時に妙に冷静な自分がいる時があります。

若い頃、父方の祖父母を見送った時は妙に冷静で涙は出ませんでした。

40歳を過ぎて母方の祖母を見送った時、私は涙がぽろぽろと出てきました。

猫を見送った時は、涙はあふれるようにたくさん出てきました。

年齢も関係するのかもしれませんが、周りにどんな人がいたかとか、どういう状況で無くなったかなども完成しているかもしれません。

理由は分かりませんが、私も同じように泣けない時があるのです。

クッションが届き、初めて泣けたお客様

これは我が家のマロのクッションです。

いつも居たソファに置いています。

お客様へクッションお届け後に、このように言われる時があります。

お別れの時にはただ茫然として、涙も出なかった。
でもクッションが届き、うちの子の顔を見た瞬間に涙があふれて初めて泣きました。
普段涙を見た事が無い父が、クッションを見て初めて泣いていた。

そういうメールが届くのです。

私たちの作るのはニットクッションですが、本当にお届けしているのはペットとの絆だったり、思い出だったりすると思っています。

皆様のお気持ちに寄り添えるよう、これからも作成に励んでいきたいと思います。

記事一覧

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。