ペットロスから立ち直ったら亡くなったペットを忘れそうだし、ペットが一人ぼっちで寂しがってしまうのでは?

ペットロスから立ち直ったら、ペットの事を忘れてしまうのでしょうか?

私たちがペットを忘れることはないと思います。

元気になってくると、確かに亡くなったペットの事を思い出す時間は少なくなるかもしれません。

しかし、それはペットの存在を忘れたわけではありません。

おそらくお誕生日や命日には思い出すでしょうし、写真を見返すこともあるでしょう。何年たっても記憶は鮮明なままだと思います。

ただ、忘れるものもあります。

それは、悲しかった記憶です。

私も愛犬を亡くし、10年以上が過ぎました。

楽しかった記憶は鮮明に覚えていますが、亡くなった時のあんなに辛かった気持ちは今はありません。

確かにお別れは悲しい事でしたが、辛さがよみがえることは無いですね。。

始めの頃は悲しい気持ちになるかもしれませんが、それが年を重ねるたびに楽しい記憶の方が大きくなり、笑って思い出話を出来るようになると思います。

自分が悲しんでいると成仏できないという考え

自分が泣いていると、いつまでたってもペットは天国へ行くことが出来ないと聞いたことがあります。

確かにそういう考え方もあると思います。ペットは元気だった頃、飼い主さんが悲しんでいると様子を伺いに近くにやってきますよね。自分の体がなくなっても魂がそこにいるなら、私たちの近くにいてくれるかもしれません。

では、元気になったらいなくなるのでしょうか。

私はこう思います。

私たち自身が会いたいと思えばいつでも近くに来てくれる。

天国で元気に暮らしてね!と思えば、また天国へ行って楽しく暮らす。

ペット達はこれからもずっと私たちの心の中にいます。

それは私たちがいつまでも彼らの事を大切に思っているからです。

私は辛い時に愛犬のお墓参りに行くと、自分の近くに愛犬の存在を感じます。

愛犬の存在を感じないときは、天国で元気にしているんだなと考えるようにしています。

仮に私たちが泣いているとペット達が成仏できないとしても、これはダメな事ではありません。

泣いている私たちのそばにいてくれている、優しい子なのだと思います。

私たちが元気になるとペットは一人ぼっちになっちゃうのでしょうか?

一人ぼっちになるのではなく、安心して天国で楽しい時間を過ごせるようになるのだと思います。

ですから皆さん心配せず、ペットロスを克服し、元気になってまたペット達の思い出と一緒に生きていきましょう☆

ペット達が私たちの事を忘れるほど、天国は楽しい所

私は愛犬を亡くして10年以上経ちますが、今でもお墓参りに行きます。

数年前から、お墓参りに行っても愛犬の存在を感じなくなる時があります。

その時こう感じました。

天国はきっととても楽しい所なんだろう。

痛みもない(病気でした)し、美味しいご飯もたくさんあるし、友達もいっぱいいる。

だから私の所に帰ってこなかったときは、とても楽しい時間を過ごしているんだと思うようになりました。

ペットの事を忘れてしまったらあの子が独りになってしまう、と感じる人は、ちょっと考え方を変えてみて下さい。天国はとっても楽しい所で、ペットちゃんは楽しい時間を過ごせるんだと信じてあげましょう。

商品お届け後のご感想

商品をお届け後、多くの方にこう言って頂けます。

「うちの子が帰ってきてくれた」

私たちにとって、これほどうれしい事はありません。

何のためにクッションを作っているのか。

それはお客様の心に寄り添い、気持ちを救ってあげることが作品の役割だと思っているからです。

そしてこのように言われますこともあります。

「この素敵な商品を、ペットロスで苦しむ多くの方に届けてあげて下さい。」

この言葉に応えるべく、これからも頑張っていきます。

ペットロス克服のアドバイス一覧に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする